幹細胞医学医学・医科学専攻

教授 井上 治久

分子生物学的研究等により、筋萎縮性側索硬化症(ALS)やアルツハイマー病など難治性神経変性疾患の分子機構の理解は深まりつつあります。しかしながら、 未だ根本的な予防・治療法は確立されていません。 本研究室では、iPS細胞の発見によって作り出すことが可能になった、これまでは手にいれることが全く不可能であった患者さん由来の細胞を用いることに よって、分子機構のさらなる理解に基づく、ALSなど難治性神経疾患の制圧を目指しています。
 幹細胞技術を利用し、難治性神経疾患に対する創薬基盤開発・移植治療開発・高精度医療開発を目的とした研究を進め、ヒトの脳神経系の理解、病態の解明、そして最終的には臨床への還元を目指します。すなわち”From bedside to dish” and “from dish to bedside”が研究テーマです。

研究室Webサイト

研究・教育について

世界初のiPS細胞に特化した先駆的な中核研究機関としての役割を果たしているiPS細胞研究所において、iPS細胞技術のあらゆる可能性を追求・適用することによって、高齢化社会で増加の一途をたどる未だ根治療法の無い神経難病の予防・治療法開発を目指す。
学内外・国内外機関と密接に連携しながら共同研究をすすめるとともに、次世代の担い手・牽引者となる精鋭若手研究者の育成に努める。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者さんからのiPS細胞

井上研図2 筋萎縮性側索硬化症(ALS)運動ニューロン内の封入体
(写真提供:和歌山県立医科大学 神経内科学教室 伊東秀文博士)

研究業績

  1. Imamura K, Izumi Y, Nagai M, Nishiyama K, Watanabe Y, Hanajima R, Egawa N, Ayaki T, Oki R, Fujita K, Uozumi R, Morinaga A, Hirohashi T, Fujii Y, Yamamoto T, Tatebe H, Tokuda T, Takahashi N, Morita S, Takahashi R, Inoue H.
    Safety and tolerability of bosutinib in patients with amyotrophic lateral sclerosis (iDReAM study): A multicentre, open-label, dose-escalation phase 1 trial.
    eClinical Medicine: 53,101707, 2022
  2. Kondo T, Banno H, Okunomiya T, Amino Y, Endo K, Nakakura A, Uozumi R, Kinoshita A, Tada H, Morita S, Ishikawa H, Shindo A, Yasuda K, Taruno Y, Maki T, Suehiro T, Mori K, Ikeda M, Fujita K, Izumi Y, Kanemaru K, Ishii K, Shigenobu K, Kutoku Y, Sunada Y, Kawakatsu S, Shiota S, Watanabe T, Uchikawa O, Takahashi R, Tomimoto H, Inoue H.
    Repurposing bromocriptine for Aβ metabolism in Alzheimer’s disease (REBRAnD) study: randomised placebo-controlled double-blind comparative trial and open-label extension trial to investigate the safety and efficacy of bromocriptine in Alzheimer’s disease with presenilin 1 (PSEN1) mutations.
    BMJ Open 11(6): e051343, 2021
  3. Takeuchi H, Imamura K, Ji B, Tsukita K, Enami T, Takao K, Miyakawa T, Hasegawa M, Sahara N, Iwata N, Inoue M, Tabira T, Hara H, Ono M, Trojanowski J, Lee V, Takahashi R, Suhara T, Higuchi M, Inoue H.
    Nasal vaccine delivery attenuates brain pathology and cognitive impairment in tauopathy model mice.
    NPJ Vaccines, 5(1):28,2020
  4. Inoue H, Tsukita K, Iwasato T, Suzuki Y, Tomioka M, Tateno M, Nagao M, Kawata A, Saido TC, Miura M, Misawa H, Itohara S, Takahashi R.
    The crucial role of caspase-9 in the disease progression of transgenic ALS mouse model.
    EMBO J 22(24): 6665-6674, 2003
  5. Chui DH, Tanahashi H, Ozawa K, Ikeda S, Checler F, Ueda O, Suzuki H, Araki W, Inoue H, Shirotani K, Takahashi K, Gallyas F, Tabira T.Transgenic mice with Alzheimer presenilin 1 mutations show accelerated neurodegeneration without amyloid plaque formation.
    Nature Medicine 5: 560-564, 1999

研究室

教授: 井上 治久
CiRA特定拠点講師: 今村 恵子
CiRA特定拠点講師: 近藤 孝之
iACT准教授: 坂野 晴彦
iACT 助教: 奥宮 太郎

TEL: 075-366-7036
FAX: 075-366-7094
e-mail: inoue-g@cira.kyoto-u.ac.jp
URL: http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/research/inoue_summary.html

  1. ホーム
  2. 研究
  3. 研究分野一覧