組織再編のお知らせ

京都大学医学部人間健康科学科は、2017年度から生まれ変わります!

京都大学の人間健康科学科では、世界トップレベルの先端医療技術の研究・開発と、臨床フィールドにおける実践において、世界を牽引しグローバルに活躍でき る人材の育成を使命としております。一方、近年の医療技術の進歩、少子高齢化による社会構造の変化等に伴い、医学に求められるニーズも刻一刻と変遷してお ります。このため、これまでの既存の専門職の養成のみでは、本学科の使命を十分に果せない状況にあることから、社会ニーズに応じたより普遍的な医療の研究 領域の拡充と人材育成を目指した再編を行う必要があると判断し、2017年度から以下に示すような組織改革を行うことといたしました。

総合医療科学コースの新設

医学・医療の知識をベースに持ちながら、周辺科学領域に係る高い専門性を身につけ、先端医療技術の開発や近未来社会の医療ニーズに応える世界レベルの研究を牽引する研究者、および先端医療を支える高度医療専門職の育成を目指します。

高度医療専門職コースの組織再編

先端看護科学コース、先端リハビリテーション科学コースにおいては、学部・大学院の接続を強化した教育により、高い研究能力と専門性を有した将来リーダーとなりうる高度医療専門職を育成します。

大学院教育の充実

世界レベルの研究を牽引する研究者・教育者を養成するには、大学院の充実が不可欠です。このため、各コースの専門性を重視した大学院教育の一層の充実とともに、京都大学医学部附属病院、iPS細胞研究所などとの横断的な連携により、ビックデータ医科学、iPS細胞再生医学などの新分野での研究教育を推進します。

学科一括入試と進学振り分けの導入

学部の入試方式を、従来の各専攻ごとの入試から、一括入試に変え、入学後1年半は、共通の医学・医療に関する基礎教育を受け、2回生後期から、各自の希望に応じて3つのコース(総合医療科学コース、先端看護科学コース、先端リハビリテーション科学コース)の何れかに進むことになります。これにより、ベースとなる医学・医療教育の拡充と、各専門性を見極めた選択が可能になります。
この一般入試の他に、先端看護科学コース、先端リハビリテーション科学コースにおいては、入学時にコース毎に分かれて受験を行う、特色入試の制度が設けられています。

印刷用PDF(104KB)