専門科目の特色

看護学専攻

検査技術科学専攻

理学療法学専攻

作業療法学専攻


看護学専攻

  1. 専門教育

    看護学専攻では,第Ⅰセメスターから全学共通科目・専門基礎科目と並行して,看護学の基礎となる「基礎看護学」,人との関係を形成する上で基本となるコミュニケーションに主眼を置いた「看護カウンセリング論Ⅰ」を学習します。これらの科目は,看護学において基本的な概念となる人,環境,生活,健康に対する理解を深めると共に,看護に対する興味を新たにしたり,各自の看護観を形成したりするための基盤となるものです。第Ⅱセメスターでは,援助方法の基礎となる「基礎看護学技術論」「基礎看護学技術演習Ⅰ・Ⅱ」で,より具体的な方法論を学習します。
    2年次以降は成人,老年,母性,小児,精神,地域の各臨床領域の専門科目が本格的に始まります。ここでは人体の構造や機能,病理などの専門基礎科目や基礎看護学の学習を踏まえ,各領域の特性や捉え方,疾患をもつ人や状況のアセスメント,必要な援助方法などを学習します。一部の演習では複数領域が共同し,事例を用いたより具体的かつ実践的な援助方法についても学習します。
  2. 臨地実習と研究

    看護学専攻では,1年次から4年次まで段階を追って実習を行います。第一段階として,人の生活や環境と健康との関わりを探求する「基礎看護学実習」を行い,看護学の視野を広げていきます。また,入院生活の意味やその人にどのような援助が必要かを考え,基礎的な技術を通して援助を実践する「臨床基礎看護学実習」を行います。
    第二段階では,成人看護学,母性看護学,小児看護学,精神看護学の実習を通し,各領域の捉え方や実際の援助方法を学習し,看護学の特性についての理解を深めます。また,これらの実習を通して,他職種との連携や協調についても学習することで,Multidisciplinaryな見方を身につけます。実習施設は京都大学医学部附属病院のほか,京都府下の病院,保育所など,多岐にわたっています。
    第三段階では,在宅看護論実習,地域看護学実習(保健師選択課程を履修する者)を通して在宅や地域における実際の支援方法を学習し,第二段階までの実習を統合して,看護の対象や看護が展開される場についての理解を深めます。また,それまで学習した領域の中から各自のテーマに沿って一領域を選択し,実践を踏まえて研究としてより深く探求していきます。研究はテーマに沿って内外の文献講読を行い,研究計画,データ収集を経て,教員の指導のもとに卒業論文として完成させます。このプロセスを通して,各自の看護観を深めると共に,専門職として臨床,教育,研究の各領域で活躍できる基盤を形成します。
  3. 保健師選択課程

    「保健師選択課程」は,保健師の国家試験受験資格をとるための選択課程です。この課程の科目は,3・4年次に開講されます。保健師選択課程には人数制限があるため,履修志願者の選抜試験が第Ⅲセメスター終了時に実施される予定です。志願者は第Ⅲセメスターまでに配置されている必修科目の全ての単位を取得していなければなりません。また第Ⅳセメスター終了時までに、全学共通科目および専門基礎科目の卒業に必要な単位、および第Ⅳセメスターまでに配置されている専門科目の単位を全て取得していることが必要です。条件を満たさない場合は保健師選択課程を履修することはできません。
    「保健師選択課程」を選択した場合,第Ⅶセメスターで臨地実習を行い,卒業論文を作成します。
    学部での助産選択課程は平成22年度入学者で終了し,平成23年度から修士課程に移行しました。

検査技術科学専攻

  1. 専門教育

    本専攻では1年次において,全学共通科目と並行して専門基礎科目の一部(解剖学,生理学,生体防御学など),後期には専門科目の医用イメージング概論を取り入れています。
    2年次からは生体のしくみと働き,疾患のおきるメカニズムなどを専門分野ごとに学習を始めます。すなわち,専門基礎(病理学概論や生化学概論,医療情報学など)・臨床基礎の科目に加えて,生化学,細胞生物学,血液学,微生物学などについて学習します。これら講義に対応した実習も始まります。また,情報理工医学系科目として,医用電子工学とその実習,情報解析学基礎などを並行して進めます。
    3年次では,専門基礎科目に引き続き病理学とそれに関連して細胞組織検査学実習,移植に関わる感染制御学,生体応答解析学と実習,臨床に則した血液検査学と実習,また生体成分の分析学である臨床化学と実習,情報解析学,非侵襲画像検査学,画像情報システム学とそれらに関係する実習および種々の生理機能を解析する臨床生理・超音波診断学とその実習などについて具体的に学びます。また,先端医療技術セミナーにおいて,検査技術科学に関わる最新の医療技術のアウトラインを把握します。このことにより,4年次での卒業研究課題や各自の進路について考えるヒントを得ることもできます。
    4年次ではこれまでの学習を基礎とし,第Ⅶセメスターの病院実習と第Ⅷセメスターの科目(臨床検査病態学と臨床病態情報解析学演習)を通してそれまでに学んできたことをより強固に身につけるとともに検査技術科学の広がりを学びます。
  2. 臨地(臨床)実習と卒業研究

    本専攻では,第Ⅶセメスターに学生を2グループに分けて病院実習を行います。病院実習は京都大学医学部附属病院検査部などで専門分野ごとに行う臨地実習です。京都大学医学部附属病院診療科の外来と病棟で,臨床検査のデータが臨床の場でどのように利用され役立っているかを体験し,他の医療職の人々との協調関係も体験します。これは,いままで修得した知識と技術を検査の現場でさらに生きたものにするものです。
    また,第Ⅶセメスターで臨地実習に参加しない時間と第Ⅷセメスターにおいて卒業研究を行います。卒業研究では現場から浮かび上がった課題を研究室でどのように解決するかを具体的に実践します。なお,卒業研究においては指導教員のもと,一定のテーマで研究を行います。その領域に関連する文献を自らの力で読み,実験を行い,成果をまとめます。これによって,将来の専門職,技術者,研究者,教育者としての基盤が形成されます。

理学療法学専攻

  1. 専門教育

    第Ⅰセメスターから「理学療法総論」や「リハビリテーション概論」を学び,「理学療法見学実習」で実際の理学療法の現場を見学・体験することによって理学療法への興味を深めるだけでなく,理学療法の基礎となる人体構造学などを学んでいきます。第Ⅱセメスターでは,さらに基礎医学を深めるため運動機能解剖学などを学びます。
    そして第Ⅲセメスターでは専門基礎科目を中心にその後の専門科目を学ぶ上での基礎づくりを行い,また専門科目である理学療法評価学を学びます。そして第Ⅳセメスターから第Ⅴセメスターにかけては運動機能評価学実習,各疾患別理学療法学などの専門科目が始まり,それまでに学習してきた基礎医学と臨床医学を結びつけるような講義および実習を行います。
    第Ⅵセメスターから第Ⅶセメスターにかけては臨床実習を行い,臨床現場における理学療法の実際を経験します。第Ⅷセメスターは卒業研究と各種セミナー等の演習科目により,さらに理学療法学を深めていきます。
  2. 臨床実習と卒業研究

    3年次の後半より臨床実習が行われます。臨床実習では京都大学医学部附属病院だけでなく,本専攻と提携している近隣府県のさまざまな病院で,これまで修得してきた知識および技術が実際の臨床現場でどのように活かされるのかを確認し,理学療法の一連の流れを経験します。また患者さんや他の医療職種と接することで,人と人との協調関係も学びます。
    卒業研究は,第Ⅷセメスターに行うもので,各指導教員のもと,一定のテーマで研究を行います。研究計画,文献収集から始まり,さまざまな機器を使用したデータ収集,統計解析,論理的考察から論文作成までを自らが主体となって経験し,研究論文を完成させます。それによって将来の研究者,教育者,そして臨床家としての基盤を作ります。

作業療法学専攻

  1. 専門教育

    1年次では,全学共通科目と専門基礎科目と併せて,作業療法適応学原理,作業学や臨床実習Ⅰ(早期臨床体験)により,作業療法への興味を深めます。2年次には作業分析学,作業学演習Ⅰ,作業療法評価学総論,運動機能評価学実習,日常生活援助法Ⅰ,作業療法治療学の各領域(身体障害,精神障害,発達障害)についての総論と高齢期作業治療学を学びます。3年次には,さらにそれらの応用,各論として,作業療法管理運営論,生活機能評価学実習,発達評価法実習,心理社会機能評価学,日常生活援助法Ⅱ,研究方法論,作業療法治療学の各領域それぞれの各論,高次神経障害作業治療学,地域作業治療学を学びます。4年次には,より高度な臨床応用力をつけるために,作業療法演習を学びます。
  2. 臨床実習と卒業研究

    第Ⅰセメスターより,早期臨床体験として臨床実習Ⅰを行い,早期より作業療法の理解を深め,2年次では,専門基礎科目と専門科目より学習した内容を確認し統合させるため臨床実習Ⅱ(臨床見学)を行います。3年次では,身体障害,精神障害,発達障害の各領域で臨床実習Ⅲ(評価実習)があり,実習期間に,1名以上の患者を担当し評価実施,作業療法プログラム立案までを行います。4年次では,臨床実習Ⅳとして,各領域から2施設選択し,18週間(1施設9週間)にわたって病院,施設で患者を対象に,評価と治療実施,再評価を行います。実習施設は,京都大学医学部附属病院をはじめ,総合病院,福祉施設,保健施設を使用します。
    卒業研究では,3年次に学んだ研究方法論を下に,4年次の1年間を通じて行います。指導教員のもと,各自が選んだ自由なテーマで研究を行います。自らの力で文献を読み,研究し,論文をまとめ,成果を発表し将来の臨床研究,作業療法技術者としての基盤を育みます。