健康情報学(専門職学位課程/博士後期 課程)

教授 中山 健夫
Takeo Nakayama, M.D., Ph.D., Professor btn

情報とは「(意思決定において)不確実さを減ずるもの」(シャノン)と定義されています。本分野は、健康・医療に関する問題解決を支援する情報のあり方を追求し、情報を「つくる・つたえる・つかう」の視点で捉え、より望ましい環境の整備を推進する研究と実践に取り組むものです。従来の公衆衛生や臨床の枠組みにこだわらず、健康・医療に関わる情報を横断的に扱い、Evidence-based Healthcare(診療ガイドライン、決断分析など)、情報リテラシー、eヘルス、ヘルス・コミュニケーション、情報倫理、ナラティブ情報の活用などの教育・研究を進めています。

研究・教育について

教育
1. 疫学Ⅰ(疫学入門)…疫学の原理と方法論、倫理的配慮の講義
2. 文献検索法…代表的な医学文献データベースを活用した検索技術の習得
3. 文献評価法…疫学・EBMの知識を活用し代表的な研究デザインの論文を吟味し利用する方法の習得
4. 健康情報学I…健康・医療情報、データや知識の収集、蓄積、伝達、検索、評価法の講義
5. 健康情報学II…ICTを活用した健康・医療情報の利活用に関する講義
6. EBM診療ガイドライン特論…EBMや診療ガイドラインを巡る国内外の動向や方法論の講義
7. ヘルスサイエンス研究の進め方…ヘルスサイエンス研究を進めるにあたって必要なコミュニケーション知識の習得
8.健康デザイン論…健康アウトカム最大化を果たすための「ヘルスコミュニケーション」の在り方について「インサイト」「理解 / 行動促進」「共創・協働」等の概念とアプローチ方法の理解を図る

研究
情報・エビデンスを「つくる・つたえる・つかう」の視点から様々な研究に取り組んでいます。
つくる…疫学研究(ゲノム・アプローチ含む)、インフォームド・コンセントや個人情報保護などの情報倫理、学術情報評価
つたえる…系統的レビュー、診療ガイドライン、データベース構築、意思決定支援ツールの開発、ヘルス・コミュニケーション
つかう…健康・医療情報リテラシー、shared decision makingの研究

2019年度同門会(G棟セミナー室Aにて)

第30回日本疫学会学術総会(百周年時計台記念館 にて)


研究業績

  1. Takahashi N, Takahashi Y, Tabara Y, Matsumoto T, Kawaguchi T, Kuriyama A, Ueshima K, Matsuda F, Chin K, Nakayama T; Nagahama Study Group. Correlates of autonomic nervous system function in a general population with special reference to HbA1c: The Nagahama study. Diabetes Res Clin Pract. 2020 Mar 31;163:108126.
  2. Takeya A, Adachi E, Takahashi Y, Kondoh E, Mandai M, Nakayama T. Trial of labor after cesarean delivery (TOLAC) in Japan: rates and complications. Arch Gynecol Obstet. 2020 Apr;301(4):995-1001.
  3. Sasaki S, Imura H, Sakai K, Goto Y, Kitazawa K, Neff Y, Fujimoto S, Kaneyama J, Okumura A, Takahashi Y, Nakayama T. Updates to and quality of clinical practice guidelines for high-priority diseases in Japan. Int J Qual Health Care. 2019 Dec 31;31(10):G139-G145.
  4. Toyama M, Okuma Y, Yamamoto M, Kashihara K, Yoshida K, Saiki H, Maeda T, Tsuboi Y, Takahashi Y, Nakayama T. Non-motor symptoms depending on motor severity in Japanese patients with Parkinson’s disease: A multicenter cross-sectional study. J Neurol Sci. 2020 May 15;412:116641.
  5. Ikeda-Sakai Y, Saito Y, Obara T, Goto M, Sengoku T, Takahashi Y, Hamada H, Nakayama T, Murashima A. Inadequate Folic Acid Intake Among Women Taking Antiepileptic Drugs During Pregnancy in Japan: A Cross-Sectional Study. Sci Rep. 2019 Sep 18;9(1):13497.

研究室

教授   : 中山 健夫
特任教授 : 高橋 裕子
准教授  : 高橋 由光
特任准教授: 佐藤 恵子
特定講師 : 岡田 浩
助教   : 西川 佳孝
助教   : 當山 まゆみ
TEL : 075-753-9477 (秘書室)
FAX : 075-753-9478 (秘書室)
e-mail : nakayama.takeo.4a@kyoto-u.ac.jp