臨床バイオメカニクス研究室

図5
市橋則明
NORIAKI ICHIHASHI
PhD

臨床バイオメカニクス研究室では、ヒト(若年者、高齢者、患者、スポーツ選手)の動きを光学式・磁気式モーションキャプチャシステムや床反力計、筋電図、超音波診断装置など様々な計測機器を使用し、非侵襲的に測定・分析することで、リハビリテーションや理学療法の発展に寄与することを目的に研究しています。理学療法にとって最も重要な筋、関節に及ぼす力学的特性を明らかにすることや筋特性・運動機能と動作能力との関連について解析することによって、効果的な治療法や予防法の開発を目指しています。

研究・教育について

理学療法学の学問体系を確立し、その成果を臨床の現場に還元することを目的に教育、研究、臨床を行っています。患者を治療できる臨床能力とその効果を検討するための研究能力を備えた理学療法士を育てたいと考えています。運動器系の理学療法に興味のある理学療法士や学生と共に楽しく議論しながら理学療法学を発展させたいと思います。具体的には下記の研究テーマに関して大学院生と共に研究を進めています。
  1. ストレッチングの効果に関する研究
  2. 運動器疾患(変形性股・膝関節症など)の効果的な理学療法介入の開発
  3. 変形性股関節症患者、THA術後患者の歩行分析および神経筋機能の解析
  4. 筋機能評価指標および筋機能トレーニング法の開発
  5. 変形性股・膝関節症患者における動作特性と関節症進行との関連性の縦断研究
  6. 選択的筋力トレーニングの筋電図学的分析
  7. 超音波エラストグラフィーを使った筋硬度に関する研究
  8. 超音波画像解析による筋の形態学的研究
  9. 肩・股・膝関節の運動学的研究
  10. 運動機能・筋特性の加齢変化についての解析
  11. 高齢者の運動機能評価法およびトレーニング法の開発
  12. 高齢者の介護予防および転倒予防に関する研究
図1図2図3図4-2

研究業績

  1. Ichihashi N, Ikezoe T, Sato S, Ibuki S. Gait asymmetry assessment for older adults by measuring circular gait speed. Geriatr Gerontol Int. 2019 Aug;19(8):736-739. doi: 10.1111/ggi.13691.
  2. Tateuchi H, Akiyama H, Goto K, So K, Kuroda Y, Ichihashi N. Clinical phenotypes based on clinical prognostic factors in patients with secondary hip osteoarthritis: preliminary findings from a prospective cohort study. Clin Rheumatol. 2020 Jul;39(7):2207-2217. doi: 10.1007/s10067-020-04988-7.
  3. Pataky TC, Challis JH. Using directional statistics to test hypotheses regarding rigid body attitude: Comparison to univariate and multivariate Cardan angle tests. J Biomech. 2020 Oct 9;111:109976. doi: 10.1016/j.jbiomech.2020.
  4. Ota M, Tateuchi H, Hashiguchi T, Kato T, Ogino Y, Yamagata M, Ichihashi N. Verification of reliability and validity of motion analysis systems during bilateral squat using human pose tracking algorithm. Gait Posture. 2020 Jul;80:62-67. doi: 10.1016/j.gaitpost.2020.05.027.
  5. Taniguchi M, Ikezoe T, Masaki M, Kamitani T, Tsuboyama T, Ito H, Matsuda S, Tabara Y, Matsuda F, Ichihashi N, Nagahama Study Group. Coexistence of low back pain and lumbar kyphosis is associated with increased functional disability in knee osteoarthritis: the Nagahama Study. Arthritis Care Res (Hoboken). 2021 Feb 19. doi: 10.1002/acr.24580.

研究室

教授:市橋則明     ichihashi.noriaki.5z@kyoto-u.ac.jp
准教授: 建内宏重   tateuchi.hiroshige.8x@kyoto-u.ac.jp
准教授:パタキ トッド pataky.todd.2m@kyoto-u.ac.jp
助教:谷口匡史     taniguchi.masashi.7a@kyoto-u.ac.jp

特定准教授:太田 恵 (予防理学療法学講座) ota.megumi.7e@kyoto-u.ac.jp
特定助教 :八木優英 (予防理学療法学講座) yagi.masahide.5s@kyoto-u.ac.jp

連絡先:
TEL 075-751-3951(市橋)3967(建内)4175(パタキ)3964(谷口)3948(太田・八木)
FAX 075-751-3951(市橋)

研究室HP http://clin-biomech.hs.med.kyoto-u.ac.jp/