イノベーティブ リハビリテーション科学研究室



青山朋樹
(AOYAMA TOMOKI)
PhD MD

運動は、食事、睡眠、こころ、生活リズムなどと共に、健康を司る重要な因子です。それらの因子同士も密接に関係しており、ひとつの因子の悪化に伴い、他に対しても悪い影響をもたらします。このことは運動器の障害に対するアプローチが、ダイレクトなアプローチだけでなく、様々な方向からのアプローチが有効であり、逆に運動がその他の因子の改善に用いられるという事を示しております。このような視点に立ち、健康におけるさまざまな問題を、様々な手段から最適な手段を用いて解決することを探索しております。

研究・教育について

健康に対する問題を巨視的に、ときには微視的に最適な手段を用いて検証、そして問題解決しております。そのためには、他の大学、学部や研究所との共同連携、他国との国際研究、企業との産学連携を通じて学際的にアプローチしていきます。各テーマについては各教員が独立して指導を行っております。
〈青山朋樹〉
・再生リハビリテーション
・がんのリハビリテーション
・スポーツヘルス
・ウィメンズヘルス
・医療デバイス開発
〈大畑光司〉
・脳卒中、脳性麻痺を対象とした神経理学療法の研究
・PCAやNNMFを用いた歩行中のInter segmental controlや筋シナジーについての研究
・新規装具、リハビリテーションロボットの開発と臨床研究
〈谷間桃子〉
・断裂後のACL再生に適した環境の研究
・膝関節形成過程と下肢ダイナミクスとの関係性の解明
・関節拘縮や免荷にともなう軟骨変性を予防するリハビリテーション介入

問題解決型志向のもとに、問題点の整理と抽出、分析手法あるいは介入手法の検討、測定と分析、結果の検証の一連の工程を学士課程、修士課程、博士課程において段階的に実施することで、企画力、行動力、洞察力、そして臨床力、総合力を持つ学生を教育しております。

 

 
イノベーティブリハビリテーション研究室メンバー
左より大畑光司講師、青山朋樹教授、谷間桃子助教
左上:末梢神経再生プロジェクト 右上:膝関節形成過程と下肢ダイナミクス左下:疼痛制御メカニズム 右下:リハビリテーションロボットの開発
 

研究業績

  1. Odake Y, Fukutani N, Shimoura K, Morino T, Matsumura N, Qian N, Shinohara Y, Mukaiyama K, Tanima M, Aoyama T. Factors for reducing monetary loss due to presenteeism by using a tailored healthcare web-application among office workers with chronic neck pain: a single-arm pre-post comparison study. Environmental and Occupational Health Practice. 2021. In Press.
  2. Morino T, Shinohara Y, Niu Q, Shimoura K, Tabata A, Hanai A, Ogawa M, Kato T, Tanimukai H, Tsuboyama T, Matsuoka M, Adachi S, Aoyama T. Perception gap in health-related quality of life between young adult survivors of childhood cancer and their family. J Adolesc Young Adult Oncol. 2021 Mar 10. doi: 10.1089/jayao.2020.0232
  3. Kawasaki S, Ohata K, Yoshida T, Yokoyama A, Yamada S. Gait improvements by assisting hip movements with the robot in children with cerebral palsy: a pilot randomized controlled trial. J Neuroeng Rehabil. 2020 Jul 3;17(1):87. doi: 10.1186/s12984-020-00712-3. PMID: 32620131; PMCID: PMC7333257.
  4. Wakida M, Ohata K, Hashiguchi Y, Mori K, Hase K, Yamada S. Immediate Effect on Ground Reaction Forces Induced by Step Training Based on Discrete Skill during Gait in Poststroke Individuals: A Pilot Study. Rehabil Res Pract. 2020 May 19;2020:2397374. doi: 10.1155/2020/2397374. PMID: 32509351; PMCID: PMC7254076.
  5. Nagai‐Tanima M, Hong S, Hu P, Carrington B, Sood R, Roessler E, Muenke M. Rare hypomorphic human variation in the heptahelical domain of SMO contributes to holoprosencephaly phenotypes. Hum Mutat. 2020 Dec;41(12):2105-2118. doi: 10.1002/humu.24103.

研究室

教授:青山朋樹  aoyama.tomoki.4e@kyoto-u.ac.jp  TEL 075-751-3952
教授:大畑光司  ohata.koji.7n@kyoto-u.ac.jp  TEL 075-751-3918
助教:谷間桃子  tanima.momoko.8s@kyoto-u.ac.jp  TEL 075-751-3964

【研究室ホームページへのURL】
http://www.humanalysis-square.com/
http://regenerative-rehabilitation.com/jp/
https://ohata-lab.hs.med.kyoto-u.ac.jp
http://humanalysis-square.com/cococalabo/