発達精神医学研究室

十一元三 教授
Motomi Toichi, MD, Ph.D.
発達症、特に自閉スペクトラム症を主な対象とし、1.児童青年精神医学,2.認知神経科学研究,3.児童司法精神医学の観点から臨床を行っています。

研究・教育について

発達症の精神生理を解明することは、正しい理解、合理的な支援を確立するための基盤となります。しかしながら、それを行うための正しい学術的な知見はまだ十分には集積されていません。当研究室では、発達症の支援を考える上で重要な手がかりとなる研究を行い,実践に還元することを目指しています。大学院では医療職のほか心理学、心理療法、工学など様々なバックグラウンドの人が集まっており、学部生も、卒業論文の段階でいろいろな研究方法論に触れて身に着けることができるようにしています。

研究業績

  1. 1. Kasuya-Ueba Y, Zhao S, Toichi M. The effect of music intervention on attention in children: experimental evidence. Frontiers in Neuroscience 14, 757, 2020
  2. Kawakami S, Uono S, Otsuka S, Yoshimura S, Zhao S, Toichi M. Atypical Multisensory integration and the temporal binding window in autism spectrum disorder. Journal of Autism and Developmental Disorders 50, 1561-1571, 2020.
  3. Sato W, Kochiyama T, Uono S, Sawada R, Kubota Y, Yoshimura S, Toichi M. Widespread and lateralized social brain activity for processing dynamic facial expressions. Human Brain Mapping 40, 3753-3786, 2019.
  4. Zhao S, Uono S, Yoshimura S, Toichi M. A functional but atypical self: Influence of self-relevant processing on the gaze cueing effect in autism spectrum disorder. 11, 1522-1531, 2018.
  5. Yoshimura S, Sato W, Kochiyama T, Uono S, Sawada R, Kubota Y, Toichi M. Gray matter volumes of early sensory regions are associated with individual differences in sensory processing. Human Brain Mapping 38, 6206-6217, 2017.

研究室

教授:十一元三 Motomi Toichi MD, Ph.D.
特定講師:義村さや香 Sayaka Yoshimura MD, Ph.D.

 

文部科学省課題解決型高度医療人材養成プログラム
「発達症への介入による国民的健康課題の解決」
https://asdproject.jp/

発達障害支援医学講座(寄附講座)
http://ndphr.hs.med.kyoto-u.ac.jp/

特定非営利活動法人
神経発達症研究推進機構
https://opndr.jp/