生理学研究室

photo_mitani1
教授 林 悠
Yu Hayashi, Ph.D

 

生理学 (睡眠医科学・神経科学)
Physiology (Sleep Medicine and Neuroscience)
睡眠は身近な現象ですが「なぜ寝る必要があるのか?」や「夢をなぜ見るのか?」などの素朴な疑問に対する科学的な答えはありません。また、哺乳類の睡眠は複雑に進化した睡眠構築(レム睡眠とノンレム睡眠から成るサイクル)を有しますが、その意義やメカニズムも大きな謎です。私たちの研究室では、動物の睡眠構築を自在に操作できる独自の技術を活用して、睡眠の作用やメカニズムの解明を目指します。さらに、認知症や精神疾患など根本的な治療法がない疾患や障害に対して、睡眠に注目した新規な予防治療法の開発を目指します。

研究・教育について

睡眠構築の役割
私たちはマウスにおいて、レム睡眠とノンレム睡眠の切り替えを担う神経細胞を同定し、レム睡眠やノンレム睡眠を操作できるマウスや、まるで夢を演じるかのようにレム睡眠中に動き出すマウスを作ることに成功しました。こうしたマウスを活用し、睡眠構築の一時的あるいは長期的な操作が全身に及ぼす影響を解明します。また、睡眠構築を制御する神経細胞の動物種間の比較により、進化の観点からも睡眠の役割に関するヒントを得ることを目指します。
疾患や障害の改善へ向けて
認知症やパーキンソン病、うつ病や自閉症スペクトラム障害など、様々な疾患や障害、さらには加齢によっても睡眠障害が生じます。睡眠障害は、QOLの低下のみならず、疾患や障害そのものの進行を速めている可能性があります。私たちはこうした睡眠障害の原因や影響を解明し、根本的な改善方法の開発を目指します。さらに、睡眠の改善により、疾患や障害そのものの治療や改善を目指します。
研究者の育成・教育
医学・生理学・神経科学・分子生物学・遺伝学など多様な視点で研究に取り組むことができる研究者の育成を目指しています。実験のみならず、プレゼンテーションや申請書の作成など、研究者として必要な様々な能力を育むことを目指します。

研究業績

1. Maezono SEB, Kanuka M, Tatsuzawa C, Morita M, Kawano T, Kashiwagi M, Nondhalee P, Sakaguchi M, Saito T, Saido TC, Hayashi Y. (2020) Progressive changes in sleep and its relations to amyloid-β distribution and learning in single App knock-in mice. eNeuro 7(2):ENEURO.0093-20.2020.
2. Kashiwagi M, Kanuka M, Tatsuzawa C, Suzuki H, Morita M, Tanaka K, Kawano T, Shin JW, Suzuki H, Itohara S, Yanagisawa M, Hayashi Y. (2020) Widely distributed neurotensinergic neurons in the brainstem regulate NREM sleep in mice. Current Biology 30(6):1002-1010.
3. Yasugaki S, Liu CY, Kashiwagi M, Kanuka M, Honda T, Miyata S, Yanagisawa M, Hayashi Y. (2019) Effects of 3 Weeks of Water Immersion and Restraint Stress on Sleep in Mice. Frontiers in Neuroscience 13:1072.
4. Hayashi Y, Kashiwagi M, Yasuda K, Ando R, Kanuka M, Sakai K, Itohara S. (2015) Cells of a common developmental origin regulate REM/non-REM sleep and wakefulness in mice. Science 350(6263):957-61.
5. Hayashi Y, Hirotsu T, Iwata R, Kage-Nakadai E, Kunitomo H, Ishihara T, Iino Y, Kubo T. (2009) A trophic role for Wnt-Ror kinase signaling during developmental pruning in Caenorhabditis elegans. Nature Neuroscience 12(8):981-987.

研究室

教授:林 悠
TEL:075-751-3913
e-mail:hayashi.yu.4n atmark kyoto-u.ac.jp(メール送信時はatmarkを@に変えて下さい)