クリティカルケア看護学

クリティカルケア看護とは、生命の危機的状態(クリティカル期)にある重症患者に対して行われるケアを行うことを指します。生命の危機的な状態は病院の中で起こるわけではなく、例えば交通事故や突然の心停止のように、私たちの生活の場でいつでも、どこでも、誰にでも起こる可能性があります。当分野は、病院でのケア(インホスピタル)の充実のみならず、プレホスピタルケア(病院の中以外の生活の場)の充実に貢献できる研究に取り組んでいます。

研究・教育について

1)学部教育
手術や外傷などにより、急激な健康破綻をきたした人の病態や治療について学びます。また、そのような患者さんの身体的・心理的・社会的問題の把握し、どのような看護を行ったらいいかを習得します。
2)大学院教育
修士・博士後期課程では、看護ケアの効果の評価や疾患とその原因の因果関係を明らかにする研究手法である「疫学」の基本的な知識を身につけ、質の高い研究を行える研究者の育成を行っています。「看護研究法」の講義を担当し、研究デザイン、研究データの測定、研究プロコールの書き方、データマネージメントなどを指導しています。
3)高度実践研究者養成プログラム専門看護師課程(大学院)
高度で専門的なケアを提供し、チーム医療を促進し患者アウトカムの向上をめざします。また質の高い臨床研究を行い発信していく人材を育成しています。
4)研究活動
疫学研究の手法を用いて、救急医療・蘇生科学、クリティカル領域の発展に貢献することを目標に、臨床に即したresearch questionをたてそれを解決する研究を行っています。疫学研究で証明されたエビデンスを現場に還元し、その効果を実社会の中で検証しています。

研究業績

  1. Nishiyama C, Kiyohara K, Matsuyama T, et al. Characteristics and outcomes of out-of-hospital cardiac arrest in educational institutions in Japan: All-Japan Utstein Registry. Circ J. 2020;84:577-583.
  2. Mizuno A, Miyashita M, Utsunomiya. et al. Quality indicator of palliative care for acute cardiovascular disease. Journal of Cardiology. 2020; 76; 177-83.
  3. Nishiyama C, Sato R, Baba M, et al. Actual resuscitation actions after the training of chest compression-only CPR and AED use among new university students. Resuscitation. 2019;141: 63-68.
  4. Sato R, Handa T, Matsumoto H, et al. Clinical significance of self-reported cough intensity and frequency in patients with interstitial lung disease: a cross-sectional study. BMC Pulm Med. 2019;19:247.
  5. Sato R, Nishiyama C, Kiyohara K, et al. Short-Interval Self-Learning to Improve Retention of Resuscitation Skills: A Randomized Controlled Trial. International Journal of First Aid Education. 2019;2:12-20.

研究室

准教授:宇都宮 明美、西山 知佳
助教:佐藤 隆平
連絡先:cnishi at mark kuhp.kyoto-u.ac.jp(西山知佳)
(メール送信時はat markを@に変えて下さい)

研究室ホームページ:http://criticalcare.link/
高度実践研究者養成プログラムホームページ:http://www.nursing.hs.med.kyoto-u.ac.jp/education/certified-nurse-specialist/

なお、高度実践研究者コース(CNSコース)受験希望者はu_akemi@kuhp.kyoto-u.ac.jpにご連絡ください