医学物理学

kao 教授 中村 光宏,
Mitsuhiro Nakamura, Ph.D.

医学物理学とは,物理工学の知識・成果を医学に利活用し,人間の健康に寄与する学術分野である.当分野では主に放射線医学物理学に関連した研究と教育を推進している.研究面では,放射線医学の発展に資する研究開発を手掛けている.一方,教育面においては,臨床現場における職務を全うするために必要な物理工学及び放射線医学の知識を習得し,かつ,課題に対して自ら問題解決を行える遂行能力を備えた医学物理士を養成している.

研究・教育について

放射線医学物理学的な観点から,放射線医学において以下の能力を兼ね備えた研究者・専門家を養成する.①革新的な放射線医療機器を開発できる能力,②放射線治療分野において,放射線治療装置導入から放射線治療計画,品質管理までを含めた一連の業務を独立して遂行する臨床能力,③次世代の医学物理士を養成するための教育能力.
研究面では放射線医学の発展に必要な新技術の発案,開発までを行い,研究成果を学会活動や論文執筆を通して世界に向けて発信する.教育面においては,放射線治療装置導入,治療計画,精度管理を遂行できる医学物理士を養成する.また,他職種との臨床カンファレンス等において医学物理学的な知見に基づいて議論し,チーム医療の一翼を担うための能力も養う.これらの活動を通して,研究面でも臨床面でもリーダーシップをとれる医学物理士を養成する.
実投与線量分布の把握
非侵襲動体追尾照射システムの開発

研究業績

・Development of AI-driven prediction models to realize real-time tumor tracking during radiotherapy. Zhou D, Nakamura M, Mukumoto N, Tanabe H, Iizuka Y, Yoshimura M, Kokubo M, Matsuo Y, Mizowaki T. Radiat. Oncol., 17, 42, 2022

・Development of a Deep Learning-based Patient-specific Target Contour Prediction Model for Markerless Tumor Positioning. Zhou D, Nakamura M, Mukumoto N, Yoshimura M, Mizowaki T. Med. Phys., 49, 1382~1390, 2022

・Geometric and dosimetric impact of 3D generative adversarial network-based metal artifact reduction algorithm on VMAT and IMPT for the head and neck region. Nakamura M, Nakao M, Imanishi K, Hirashima H, Tsuruta Y. Radiat. Oncol., 16, 96, 2021

・Multi-institutional dose-segmented dosiomic analysis for predicting radiation pneumonitis after lung stereotactic body radiation therapy. Adachi T, Nakamura M, Shintani T, Mitsuyoshi T, Kakino R, Ogata T, Ono T, Tanabe H, Kokubo M, Sakamoto T, Matsuo Y, Mizowaki T. Med. Phys., 48, 1781~1791, 2021

・Statistical shape model-based planning organ-at-risk volume: application to pancreatic cancer patients. Nakamura M, Nakao M, Mukumoto N, Ashida R, Hirashima H, Yoshimura M, Mizowaki T. Phys. Med. Biol., 66, 014001, 2021

研究室

教授:中村 光宏

研究室HP:http://medicalphysics.hs.med.kyoto-u.ac.jp/