血液・生体防御学研究室

MT_Ketsueki_1 教授 足立 壯一
Prof. Souichi Adachi M.D., Ph.D.

血液・生体防御研究室は難治性血液疾患と闘病を続ける患者さんの新しい治療法や検査法の開発を目指す研究を行っている。難治性血液疾患は造血細胞移植や新規治療法の開発によって、治癒率の向上が見られているが、未だに治癒できない疾患も多い。また、病気が治癒していても後遺症や合併症に苦しみ、健康な毎日を送れない患者さんが数多くおられるため、このような患者さんの治癒率の向上や合併症、後遺症の軽減に役立つ地道な研究が求められている。当研究室のすべてのプロジェクトは臨床の現場に還元できる重要な研究である。

研究・教育について

これまでに当研究室では、日本小児がん研究グループ(JCCG、理事長:足立壯一)の臨床試験余剰検体を用いて、主に急性骨髄性白血病(AML)を対象に研究を進めてきた。最近では、AMLの新規遺伝子変異の同定やそれをターゲットとした治療法開発(業績1)、レーザーマイクロダイセクションを用いた白血病細胞純化法の開発(業績2)、遺伝子変異や遺伝子発現量をもとにしたAML患者の治療層別化研究 (業績3,4)、造血幹細胞移植後の免疫抑制患者における多剤耐性菌感染症の治療法開発(業績5)を行ってきた。京大病院検査部、小児科、血液内科、病理診断科やiPS細胞研究所などとの共同研究を活発に行っており、幅広い知識や技術を身につけることが可能である。

現在の研究室の研究テーマは
  • 網羅的遺伝子解析による白血病の新規遺伝子異常の同定と治療法開発
  • 血液塗抹標本からの白血病細胞のシングルセルシークエンス技術の確立
  • イメージングフローサイトメトリー技術を用いた白血病の新規検査法開発
  • 抗癌剤や分子標的療法薬による新規細胞死誘導機序の解析
  • 難治性白血病の新規予後因子の解析と新規治療法の開発
である。

急性骨髄性白血病の網羅的遺伝子解析結果

研究室旅行(小豆島)

研究業績

  1. Matsuo H, Yoshida K, Fukumura K, Nakatani K, Noguchi Y, Takasaki S, Noura M, Shiozawa Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Okada A, Nannya Y, Takeda J, Ueno H, Shiba N, Yamato G, Handa H, Ono Y, Hiramoto N, Ishikawa T, Usuki K, Ishiyama K, Miyawaki S, Itonaga H, Miyazaki Y, Kawamura M, Yamaguchi H, Kiyokawa N, Tomizawa D, Taga T, Tawa A, Hayashi Y, Mano H, Miyano S, Kamikubo Y, Ogawa S, Adachi S. Recurrent CCND3 Mutations in MLL-rearranged Acute Myeloid Leukemia. Blood Adv. 2018 Nov 13;2(21):2879-2889.
  2. Matsuo H, Shiga S, Imai T, Kamikubo Y, Toki T, Terui K, Ito E, Adachi S. Purification of leukemic blast cells from blood smears using laser microdissection. Int J Hematol. 2017 Jul;106(1):55-59.
  3. Matsuo H, Nakamura N, Tomizawa D, Saito AM, Kiyokawa N, Horibe K, Nishinaka-Arai Y, Tokumasu M, Itoh H, Kamikubo Y, Nakayama H, Kinoshita A, Taga T, Tawa A, Taki T, Tanaka S, Adachi S. CXCR4 Overexpression is a Poor Prognostic Factor in Pediatric Acute Myeloid Leukemia With Low Risk: A Report From the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. Pediatr Blood Cancer. 2016 Aug;63(8):1394-1399.
  4. Matsuo H, Kajihara M, Tomizawa D, Watanabe T, Saito AM, Fujimoto J, Horibe K, Kodama K, Tokumasu M, Itoh H, Nakayama H, Kinoshita A, Taga T, Tawa A, Taki T, Shiba N, Ohki K, Hayashi Y, Yamashita Y, Shimada A, Tanaka S, Adachi S. EVI1 overexpression is a poor prognostic factor in pediatric patients with mixed lineage leukemia-AF9 rearranged acute myeloid leukemia. Haematologica. 2014 Nov;99(11):e225-227.
  5. Matsuo H, Itoh H, Kitamura N, Kamikubo Y, Higuchi T, Shiga S, Ichiyama S, Kondo T, Takaori-Kondo A, Adachi S. Intravenous immunoglobulin enhances the killing activity and autophagy of neutrophils isolated from immunocompromised patients against multidrug-resistant bacteria. Biochem Biophys Res Commun. 2015 Aug 14;464(1):94-99.

研究室

教授:足立 壯一
助教:松尾 英将

TEL;075-751-3949
FAX;075-751-3949
E-mail:adachiso@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL:https://adachilab-kyotouniv.amebaownd.com