運動器機能再建学

shfuji藤林 俊介
Shunsuke Fujibayashi, MD, PhD. Program-Specific Professor

われわれは整形外科分野における運動器の機能再建を目指した治療と研究を行っております。運動器の機能が失われることで患者さんのQOLは著しく低下します。また高齢者においては運動器の機能再建に時間を要すると廃用性症候群、他臓器疾患の併発などのリスクがあり、人工関節、金属製インプラント、人工骨などを用いた即時的な機能再建が望まれます。次世代医療への試みとして、患者さんならびに個々の病態に適合した医療機器を開発し、臨床応用を目指します。

研究・教育について

人工関節:人工股関節インプラントの独自開発を行っております。高強度で生体との親和性の高い金属を用いた人工股関節の開発、骨盤の再建に用いる生体吸収性スクリューの開発、骨と直接結合できる骨セメントの開発を行っています。人工膝関節はコンピュータ・シミュレーションなどを用いて、膝関節の動態や関節内の接触圧などを解析することにより、長期にわたる耐用性と患者満足度の向上を目指しています。
脊椎固定:生体活性チタン多孔体を用いた脊椎固定用のケージを開発し、臨床応用しています。
生体材料:生体との親和性の高い人工骨の開発を行っています。チタン金属やポリマーの表面に特殊な処理を行うことで、骨形成や抗菌性などの機能を有する新しい人工骨や人工関節を開発しています。また3Dプリンターを用いた造形技術によりヒトの骨に類似した構造や患者さんの疾病部位の形状に適合したデバイスの開発を行っています。

図1. 人工膝関節のシミュレーション
図2. われわれが開発した生体活性チタン多孔体ケージを用いた脊椎固定術

 

図1

図2


研究業績

  1. Fujibayashi S, Takemoto M, Nakamura T, Matsushita T, Kokubo T, Sasaki K, Mori S, Matsuda S. Stand-Alone Anterior Cervical Discectomy and Fusion Using an Additive Manufactured Individualized Bioactive Porous Titanium Implant without Bone Graft: Results of a Prospective Clinical Trial. Asian Spine J 2021;15(3):1-8
  2. Masamoto K,Fujibayashi S, Yamaguchi S, Otsuki B, Okuzu Y, Kawata T, Goto K, Shimizu T, Shimizu Y, Kawai T, Hayashi M, Morizane K, Imamura M, Ikeda N, Takaoka Y, Matsuda S. Bioactivity and antibacterial activity of strontium and silver ion releasing titanium. J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2020 Aug 6. doi: 10.1002/jbm.b.34695. Online ahead of print.PMID: 32767436
  3. Shimizu Y,Fujibayashi S, Yamaguchi S, Mori S, Kitagaki H, Shimizu T, Okuzu Y, Masamoto K, Goto K, Otsuki B, Kawai T, Morizane K, Kawata T, Matsuda S. Bioactive effects of strontium loading on micro/nano surface Ti6Al4V components fabricated by selective laser melting. Mater Sci Eng C Mater Biol Appl. 2020 Apr;109:110519. doi: 10.1016/j.msec.2019.110519. Epub 2019 Dec 5.
  4. Nishitani K, Kuriyama S, Nakamura S, Umatani N, Ito H, Matsuda S. Excessive flexed position of the femoral component was associated with poor new Knee Society Score after total knee arthroplasty with the Bi-Surface knee prosthesis. Bone Joint J. 2020 Jun;102-B(6_Supple_A):36-42. doi: 10.1302/0301-620X.102B6.BJJ-2019-1531.R1. PMID: 32475263
  5. Nakamura S, Shima K, Kuriyama S, Nishitani K, Ito H, Matsuda S. Tibial Tubercle-Trochlear Groove Distance Influences Patellar Tilt After Total Knee Arthroplasty. The Journal of Arthroplasty 34 (2019) 3080-3087

研究室

特定教授:藤林俊介
特定助教:中村伸一郎・西谷江平