分子バイオサイエンス

教授
Shohab Youssefian, Ph.D.Professor

多くのヒト疾患はゲノムやエピゲノムの異常に起因し、これらの異常は時に環境要因と相まって、生体恒常性を担う制御蛋白質の機能を変化させて疾患を引き起こします。疾患の発症機構を理解し、新たな予防・治療法を作るには、当該制御蛋白質の機能や他因子との相互作用の解明が必要です。私たちは、ヒトiPS細胞、疾患モデルマウスなどを駆使し、種々の疾患遺伝子の機能解明を進めています。私たちはお互いに支え合って、個々の研究に挑戦し、創造的で意欲的な学生にとって理想的な(バイリンガルの)教育・研究環境を作り上げています。

研究と教育

私達の主要な研究プロジェクトは、もやもや病や脳梗塞、肺高血圧症、冠状動脈性心臓病といった多様な血管疾患への関与が示唆されているRNF213の機能解明です。RNF213はユビキチンリガーゼ活性とATPase活性を持つユニークな巨大蛋白質です。私達は、RNF213遺伝子の変異が血管疾患のリスク因子となる分子機構を解明するために、RNF213の活性を制御する環境シグナルやRNF213の相互作用分子・標的基質・細胞内シグナル経路を解析し、RNF213変異がこれらにどう影響するかを調べています。これらの研究は本学の医学部附属病院・脳外科教室やiPS細胞研究所との共同で行っています。また、私達は、新規疾患(小児四肢疼痛発作症)に関わる電位性ナトリウムチャネルNav1.9について、新しい疾患モデルマウスを使い、当該遺伝子の変異が疼痛や無痛症を引き起こす機構の解明や痛みを制御可能な天然物・化合物の評価を進めています。これらの研究は私達が2019年度に設立した本研究科・疼痛疾患創薬科学講座(産学協同講座)と共同で行っています。所属の大学院生は個々に、種々の先端的な技術を使って、異なる観点からこれらの課題に取り組んでいます。

研究室メンバーの集合写真


最近の研究業績

  1. Takeda M, Tezuka T, Kim M, Choi J, Oichi Y, Kobayashi H, Harada KH, Mizushima T, Taketani S, Koizumi A, Youssefian S (2020). Moyamoya disease patient mutations in the RING domain of RNF213 reduce its ubiquitin ligase activity and enhance NFκB activation and apoptosis in an AAA+ domain-dependent manner. Biochem Biophys Res Commun. 7;525(3):668-674.
  2. Matsubara Y, Okuda H, Harada KH, Youssefian S, Koizumi A. (2020). Mechanical allodynia triggered by cold exposure in mice with the Scn11a p.R222S mutation: a novel model of drug therapy for neuropathic pain related to NaV1.9. Naunyn Schmiedebergs Arch Pharmacol. Sep 24. doi: 10.1007/s00210-020-01978-z.
  3. Kabata R, Okuda H, Noguchi A, Kondo D, Fujiwara M, Hata K, Kato Y, Ishikawa K, Tanaka M, Sekine Y, Hishikawa N, Mizukami T, Ito J, Akasaka M, Sakurai K, Yoshida T, Minoura H, Hayashi T, Inoshita K, Matsuyama M, Kinjo N, Cao Y, Inoue S, Kobayashi H, Harada KH, Youssefian S, Takahashi T, Koizumi A. (2018). Familial episodic limb pain in kindreds with novel Nav1.9 mutations. PLoS One. 17;13(12):e0208516.
  4. Kobayashi H, Kabata R, Kinoshita H, Morimoto T, Ono K, Takeda M, Choi J, Okuda H, Liu W, Harada KH, Kimura T, Youssefian S, Koizumi A (2018). Rare variants in RNF213, a susceptibility gene for moyamoya disease, are found in patients with pulmonary hypertension and aggravate hypoxia-induced pulmonary hypertension in mice. Pulm Circ. 8(3):2045894018778155.
  5. Morimoto T, Enmi JI, Hattori Y, Iguchi S, Saito S, Harada KH, Okuda H, Mineharu Y, Takagi Y, Youssefian S, Iida H, Miyamoto S, Ihara M, Kobayashi H, Koizumi A. (2018). Dysregulation of RNF213 promotes cerebral hypoperfusion. Sci Rep. 26;8(1):3607. doi: 10.1038/s41598-018-22064-8.

分子バイオサイエンス研究室

教授: Shohab Youssefian
特定講師: 手塚 徹

電話: +81-75-753-4476
FAX: +81-75-753-9281
e-mail: youssefian.shohab.3x@kyoto-u.ac.jp