IFOM-KU国際共同ラボ

客員准教授 林 眞理 (Makoto T. Hayashi) Ph.D

生命情報を司る染色体の異常は、短期的には細胞死や細胞の異常に直結し、長期的に俯瞰すると生命進化にも貢献しています。我々は特に、染色体末端・テロメアの機能に着目し、最新のゲノム編集技術を取り入れた種々の分子遺伝学的手法や、イメージング手法を用いて、染色体異常の観点から細胞のがん化やがん細胞の悪性化を理解することを目指しています。本研究室は、京都大学大学院医学研究科とイタリア分子腫瘍研究所(IFOM: The FIRC Institute Molecular Oncology)との共同設置であり、実際の研究活動は医学研究科構内で遂行しています。

研究・教育について

染色体の末端はテロメアというDNA-タンパク質の複合体によって傷として認識されることを免れています。しかしながらテロメアの保護機能が破綻すると、染色体が融合してしまうことがあります(図1)。染色体融合は、細胞の種類や環境によって細胞死や染色体不安定化・がん化を引き起こすことが知られていますが、どのような条件が染色体融合後の細胞運命を決定しているのかはよく分かっていません。そこで我々のグループでは、染色体融合を持つ細胞を可視化する全く新しい細胞系(Fusion Visualization system: FuVis)を構築し(図2)、染色体融合のもたらす様々な表現型の分子機構の理解を目指して日々研究を続けています。
修士・博士課程の学生が在籍し、それぞれが独立したテーマで研究に取り組んでいます。留学生も在籍しており、セミナーなどは基本的に英語で行っています。また、On-site Laboratory(インバウンド型)の認定を受け、国際的な共同研究拠点として研究交流を活発に行っています。基礎研究に興味のある、やる気のある学生を歓迎しますので、研究内容の詳細については気軽にメールしてください。


研究業績

  1. Katsushi Kagaya, Naoto Noma-Takayasu, Io Yamamoto, Sanki Tashiro, Fuyuki Ishikawa, and Makoto T. Hayashi: Chromosome Instability Induced by a Single Defined Sister Chromatid Fusion. Life Science Allience, 2020, Oct 26; 3(20), DOI:10.26508/lsa.202000911
  2. V. Pragathi Masamsetti, Ronnie Ren Jie Low, Ka Sin Mak, Aisling O’Connor, Chris D. Riffkin, Noa Lamm, Laure Crabbe, Jan Karlseder, David C.S. Huang, Makoto T. Hayashi and Anthony J. Cesare: Replication stress induces mitotic death through parallel pathways regulated by WAPL and telomere deprotection. Nature Communications, 2019, September 17; 10(1): 4224
  3. Makoto T. Hayashi: Telomere biology in aging and cancer: early history and perspectives. Genes & Genetic Systems, 2017 Oct 6; 92, 107-118 doi: 10.1266
  4. Makoto T. Hayashi, Anthony J. Cesare, Teresa Rivera and Jan Karlseder: Cell Death During Crisis Is Mediated by Mitotic Telomere Deprotection. Nature, 2015, June 25; 522: 492-496
  5. Makoto T. Hayashi, Anthony J. Cesare, James A. J. Fitzpatrick, Eros Lazzerini-Denchi and Jan Karlseder: A Telomere Dependent DNA Damage Checkpoint Induced by Prolonged Mitotic Arrest. Nature Structural & Molecular Biology, 2012 Mar 11; 19(4): 387-394

研究室

IFOM-KU国際共同ラボ
客員准教授:林 眞理 (Makoto T. Hayashi) Ph.D

TEL:
075-753-9510 (オフィス)
075-753-9511 (研究室)
E-mail:hayashi.makoto.8a@kyoto-u.jp
URL:
●Laboratory Homepage
https://www.mthayashilab.com/
●On-site Laboratory
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/operation/designation/onsitelab