リウマチ性疾患先進医療学

特定教授 伊藤 宣
Hiromu Ito, M.D., Ph.D. Professor

関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis: RA)は、多発性の滑膜炎を特徴とし、関節破壊による機能障害を引き起こします。リウマチ性疾患先進医療学講座は、RAを中心として、関節痛や関節炎をおこすリウマチ性疾患に関する診療・研究・教育を推進するために設立され、内科と整形外科のリウマチ専門医が共同して患者コホートや試料バンクを設立し、臨床および基礎研究を行っています。本講座はリウマチセンター外来を有しており、最先端の診療とともに、コメディカルや患者さんへの情報提供と教育にも努めています。

研究・教育について

関節リウマチ(RA)を中心とするリウマチ性疾患の制御を目指しています。京大病院リウマチセンターを中心に関連診療科を受診される患者さんから得られた臨床データおよび血液などの臨床検体を活かしながら、RAのコホートシステムおよび臨床サンプルセンターを中心に研究を進めています。臨床研究としては、1)RAの早期診断と治療の効果予測をもたらす因子の研究、2)リウマチ性疾患の発症に関わる環境因子の研究、3)疾患活動性・機能予後に対する手術の効果の研究、4)RA患者における生物学的製剤/JAK阻害薬を含む抗リウマチ薬による自己免疫修飾の研究、5)抗リウマチ薬による関節破壊の抑制の研究、6)RAにおける間質性肺炎の研究、7)RAにおける自己抗体の研究、8)RAの労働生産性について、9)幹細胞を用いたRA治療・再生医療の開発、10)体内での骨軟骨再生のメカニズム解明などを行っています。また、関節超音波検査を用いて、疾患活動性の評価や治療の効果判定を行っています。さらにリウマチ性疾患について理解を深めていただくため、リウマチ教室などを通じて学生・医療関係者や患者さんの教育を行っています。


リウマチ性疾患先進医療学講座では、内科と整形外科の医師が連携して、診療・研究を行っています。

 

 

 


関節リウマチの診断、疾患活動性の評価に重要な関節超音波検査

研究業績

  1. Nakabo S, Tsuji Y, Inagaki M, Tsuji H, Nakajima T, Murakami K, Terao C, Hashimoto M, Furu M, Tanaka M, Ito H, Mimori T, Fujii Y. Severe joint deformity and patient global assessment of disease are associated with discrepancies between sonographic and clinical remission: A cross-sectional study of rheumatoid arthritis patients. Mod Rheumatol. 2020 May 5:1-9.
  2. Minamino H, Katsushima M, Yoshida T, Hashimoto M, Fujita Y, Shirakashi M, Yamamoto W, Murakami K, Murata K, Nishitani K, Tanaka M, Ito H, Inagaki N, Matsuda S. Increased circulating adiponectin is an independent disease activity marker in patients with rheumatoid arthritis: A cross-sectional study using the KURAMA database. PLoS One. 2020 Mar 3;15(3):e0229998.
  3. Doi K, Ito H, Tomizawa T, Murata K, Hashimoto M, Tanaka M, Murakami K, Nishitani K, Azukizawa M, Okahata A, Saito M, Mimori T, Matsuda S. Oral steroid decreases the progression of joint destruction of large joints in the lower extremities in rheumatoid arthritis. Medicine. 2019;98(47):e17968.
  4. Ishikawa Y, Hashimoto M, Ito H, Tanaka M, Yukawa N, Fujii T, Yamamoto W, Mimori T, Terao C. Anti-nuclear antibody development is associated with poor treatment response to biological disease-modifying anti-rheumatic drugs in patients with rheumatoid arthritis. Seminars in arthritis and rheumatism. 2019;49(2):204-10.
  5. Ishikawa Y, Ikari K, Hashimoto M, Ohmura K, Tanaka M, Ito H, Taniguchi A, Yamanaka H, Mimori T, Terao C. Shared epitope defines distinct associations of cigarette smoking with levels of anticitrullinated protein antibody and rheumatoid factor. Annals of the rheumatic diseases. 2019;78(11):1480-7.

研究室

特定教授  伊藤 宣
特定准教授 田中 真生
特定講師  橋本 求
特定助教  村田 浩一・渡部 龍
研究員:山本 奈つき
TEL:075-751-3877
FAX:075-751-3885
URL:http://www.racenter.kuhp.kyoto-u.ac.jp/