呼吸管理睡眠制御学

呼吸管理睡眠制御学講座は生体の生存に重要な血液ガスを覚醒・睡眠を問わず24時間、至適に制御することを目指しています。低酸素をキーワードとし、研究範囲は難治性急性呼吸不全から慢性呼吸不全、そして脳神経・心血管障害を中心としたNon-Communicable Diseases(NCDs)全般と大きく関わる睡眠時無呼吸など睡眠呼吸障害の病態まで多方面に及びます。
難治性呼吸不全病態を呼吸器疾患、非呼吸器疾患の多面的な視点から解析し、病態の制御と共に、新たな評価法、新治療法の開発も目指しています。

研究・教育について

ガス交換、換気力学、呼吸調節などの肺生理学的理論を基盤として、全身臓器にとって問題となる低酸素血症・高二酸化炭素血症などの血液ガス異常の病態生理的解析と制御を目指し、既存の治療法の最大限の利用と新たな評価法・治療法の研究、開発を行っています。
様々な病態で生じる呼吸困難、睡眠障害により生じる日中の過度の眠気などの臨床症状、呼吸のモニタリングなどを肺生理学的パラメーター、遺伝子学的手法などを介して解析を行い、臨床症状と病態生理を結びつけ、新治療法の開発を目指しています。
具体的には、
1)睡眠医療の実践と教育を実施する。
2)酸素、マスク、挿管人工呼吸の呼吸管理法の相互利用の有効性確立と教育を行い、全身病態の呼吸管理に卓越した人材の育成を目指す。
3)低酸素血症および間歇的低酸素の影響の検討を通じて、睡眠障害がNCDs全般に与える影響の解析を目指す。関連部署の協力を頂きながら、病態生理学的パラメーターと臨床病態の解析を行い、呼吸監視の新手法や難治性肺疾患の新治療法の開発を目指す。

研究業績

  1. Murase K, Tanizawa K, Minami T, Matsumoto T, Tachikawa R, Takahashi N, Tsuda T, Toyama Y, Ohi M, Akahoshi T, Tomita Y, Narui K, Nakamura H, Ohdaira T, Yoshimine H, Tsuboi T, Yamashiro Y, Ando S, Kasai T, Kita H, Tatsumi K, Burioka N, Tomii K, Kondoh Y, Takeyama H, Handa T, Hamada S, Oga T, Nakayama T, et al. A Randomized Controlled Trial of Telemedicine for Long-Term Sleep Apnea Continuous Positive Airway Pressure Management. Ann Am Thorac Soc 2020;17:329–337.
  2. Sunadome H, Matsumoto H, Izuhara Y, Nagasaki T, Kanemitsu Y, Ishiyama Y, Morimoto C, Oguma T, Ito I, Murase K, Muro S, Kawaguchi T, Tabara Y, Chin K, Matsuda F, Hirai T. Correlation between eosinophil count, its genetic background and body mass index: The Nagahama Study. Allergol Int 2020;69:46–52.
  3. Matsumoto T, Murase K, Tabara Y, Minami T, Kanai O, Takeyama H, Takahashi N, Hamada S, Tanizawa K, Wakamura T, Komenami N, Setoh K, Kawaguchi T, Tsutsumi T, Morita S, Takahashi Y, Nakayama T, Hirai T, Matsuda F, Chin K. Sleep disordered breathing and metabolic comorbidities across sex and menopausal status in East Asians: the Nagahama Study. Eur Respir J 2020;56:1902251.
  4. Takahashi N, Takahashi Y, Tabara Y, Matsumoto T, Kawaguchi T, Kuriyama A, Ueshima K, Matsuda F, Chin K, Nakayama T, Nagahama Study Group. Correlates of autonomic nervous system function in a general population with special reference to HbA1c: The Nagahama study. Diabetes Res Clin Pract 2020;163:108126.
  5. Uemasu K, Sato S, Muro S, Sato A, Tanabe N, Hasegawa K, Hamakawa Y, Mizutani T, Fuseya Y, Tanimura K, Takahashi T, Hirai T. Annual decline in arterial blood oxygen predicts development of chronic respiratory failure in COPD with mild hypoxaemia: A 6-year follow-up study. Respirology 2019;24:262–269.

研究室

特定准教授:佐藤 晋
特定助教 :長崎忠雄、砂留広伸、十川純平
特定研究員:高橋順美
TEL :075-751-3852
FAX :075-751-3854
e-mail :kokyusui@kuhp.kyoto-u.ac.jp