脳機能総合研究センター


センター長(併任)・ 伊佐 正
Tadashi Isa, M.D., Ph.D. btn

非侵襲的に脳を計測する画像研究および非侵襲的に脳を刺激する機器を用いた機能回復研究を実施しています。画像研究では、世界で100台弱、日本で5台設置されているヒト用7テスラMRI装置やMEG装置にて、臨床への応用を視野に、ヒトにおける脳の構造と機能、脳内神経物質の解明を進めています。またヒトとマカクザルを対比可能な撮像技術の研究開発を進めています。機能回復研究では、脳損傷・脊髄損傷など中枢神経疾患において、脳刺激法とリハビリテーション課題併用による脳可塑性誘導、機能回復の効率化に取り組んでいます。

研究・教育について

現在の医科学は、さまざまな階層に分かれています。遺伝子から細胞、組織レベルで行われる研究は長足の進歩を遂げています。しかし、現状においてそれらの知見が必ずしも診療に直結するわけではなく、局所構造の解析に加えて、脳を全体的なシステムとして捉えることも重要な研究課題です。脳の種差は大きく、ことに大脳はヒトでもっとも発達したシステムであるため、脳科学はヒトを対象として研究することは、必要不可欠な分野です。
本センターは、ヒトを対象として非侵襲的な「外から脳を観察する」研究にてヒト脳の機能解明、疾患における病態生理を解明するとともに、「脳機能を増強・回復させる」研究にて、脳刺激と運動・認知課題の併用による新たなハイブリッドリハビリテーションを開発し、臨床診断・治療に応用することを目指しています。脳科学の基礎的な生理研究・イメージング研究、機能回復を目指すニューロリハビリテーション研究により、脳疾患・病態・治療に関係する診療各科・部門及び学内ならびに学外の研究機関と積極的に連携して、大学院教育を実施しています。

臨床脳生理学分野、脳イメージング分野: 最新7T-MRI画像などを活用して、基礎から臨床に広がる脳研究を実施しています。

機能回復・再生医学分野: 非侵襲的脳刺激併用ハイブリッドリハビリテーション研究を主に、治療応用をめざした脳機能再生研究を実施しています。


研究業績

  1. Okada T, Nanga RPR, Reddy R, Fujimoto K, Akasaka T, Thuy DHD, Kuribayashi H, Urushibata Y, Isa T (in submission) Hippocampal concentration of glutamate: A comparative study of glutamate CEST imaging and 1HMRS measurements at 7T.
  2. Okada T, Kuribayashi H, Kaiser LG, Urushibata Y, Salibi N, Seethamraju RT, Ahn S, Thuy DHD, Fujimoto K, Isa T (2020) Repeatability of proton magnetic resonance spectroscopy of the brain at 7 T: effect of scan time on semi-localized by adiabatic selective refocusing and short-echo time stimulated echo acquisition mode scans and their comparison. Quant Imaging Med Surg. Doi:10.21037/qims-20-517.
  3. Yokota Y, Okada T, Fushimi Y, Yamamoto A, Nakajima S, Fujimoto K, Oshima S, Koerzdoerfer G, Nittka M, Pfeuffer J, Togashi K (2020) Acceleration of 2D-MR fingerprinting by reducing the number of echoes with increased in-plane resolution: a volunteer study. MAGMA. Doi: 10.1007/s10334-020-00842-8.
  4. Koganemaru S, Mikami Y, Matsuhashi M, Truong DQ, Bikson M, Kansaku K, Mima T. (2020) Cerebellar transcranial alternating current stimulation modulates human gait rhythm. Neurosci Res. 156:265-270. doi: 10.1016/j.neures.2019.12.003.
  5. Koganemaru S, Kitatani R, Fukushima-Maeda A, Mikami Y, Okita Y, Matsuhashi M, Ohata K, Kansaku K, Mima T. (2019) Gait-Synchronized Rhythmic Brain Stimulation Improves Poststroke Gait Disturbance: A Pilot Study. Stroke. 50(11):3205-3212. doi: 0.1161/STROKEAHA.119.025354.

研究室

センター長:伊佐 正(併任)
特定教授: 尾上 浩隆
准教授:  岡田 知久
特定准教授:小金丸 聡子
特定助教: 赤坂 太
特定助教: 島 淳
研究員:  Dinh Ha Duy Thuy
研究員:  廖 彦朋
特定研究員:浦山 慎一
TEL : 075-751-3695
FAX : 075-751-3202
e-mail : admin@bpp2.kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL : http://hbrc.kuhp.kyoto-u.ac.jp/