探索医療開発学

新しい医療を開発・創成し、治療が困難な疾患の予後および予防の向上を目指すことは、京都大学医学研究科および医学部附属病院に与えられた大きな使命の一つです。医療開発部は、基礎研究の結果や診療での知識に基づき、新規の医薬品・医療機器・再生医療・診断薬の開発を目指す研究者を対象に、専門のスタッフが学内外の各機関(『医学領域』産学連携推進機構、URA、TLO、産業支援機関など)と連携し、製品の特色化・差別化、特許取得、企業連携、薬事などの実用化を見据えた開発戦略立案に関する包括的な支援を行っています。

研究・教育について

  1. ファンド運営と研究相談
    AMED橋渡し研究戦略的推進プロクラムの研究支援課題の募集や、iACT流動プロジェクトの募集を行い、本機構で設置した委員会で審査を行っています。基礎研究から臨床応用に至る研究に関して、開発・申請の研究相談を承っています。
  2. 研究開発支援
    研究課題に対して、プロジェクトマネジャーを設定し、開発戦略やロードマップ等の立案、知財相談及び発明届作成支援、企業導出支援、薬事・非臨床にかかるコンサルテーション、PMDAとの相談への協力や相談に用いる資料の作成など、多岐にわたる専門的な支援を実施しています。
  3. 教育
    大学院教育コース「臨床研究」において、薬事や非臨床開発、バイオマーカー等に関する講義を行っています。大学院医学研究科 社会健康医学系専攻メディカル分野技術経営学概論、知的財産経営学コース メディカル分野技術経営学概論の講義を担当しています。また、セミナーや各種交流会等、医療開発に関連する交流会を多数開催し、医療応用に関する最新の情報を研究者、学生に提供しています。
  4. 研究
    医薬品・医療機器・再生医療等製品に関するレギュラトリ-サイエンス研究。

研究業績

    1. Pascal Baltzer, Ritse M Mann, Mami Iima, Eric E Sigmund, Paola Clauser, Fiona J Gilbert, Laura Martincich, Savannah C Partridge, Andrew Patterson, Katja Pinker, Fabienne Thibault, Julia Camps-Herrero, Denis Le Bihan
      Diffusion-weighted imaging of the breast-a consensus and mission statement from the EUSOBI International Breast Diffusion-Weighted Imaging working group. European radiology, 30, 3, 1436-1450, 2020
    2. Eriko Sumi, Ryuta Asada, Ying Lu, Toshiko Ito-Ihara, Kevin V Grimes
      A qualitative study on the differences between trial populations and the approved therapeutic indications of antineoplastic agents by 3 regulatory agencies from 2010 to 2018  Clinical Therapeutics, Feb;42(2):305-320.e0. 2020
    3. Hanako Ohashi Ikeda, Yuki Muraoka, Masayuki Hata, Eriko Sumi, Takafumi Ikeda, Takayuki Nakagawa, Hiroyasu Abe, Harue Tada, Satoshi Morita, Akira Kakizuka, Nagahisa Yoshimura, Akitaka Tsujikawa
      Safety and effectiveness of a novel neuroprotectant, KUS121, in patients with non-arteritic central retinal artery occlusion: An open-label, non-randomized, first-in-humans, phase 1/2 trial.  PloS one, 15, 2, e0229068, 2020
    4. Sumi E, Nomura T, Asada R, Uozumi R, Tada H, Amino Y, Sawada T, Yonezawa A, Hagiwara M, Kabashima K
      Safety and Plasma Concentrations of a Cyclin-dependent Kinase 9 (CDK9) Inhibitor, FIT039, Administered by a Single Adhesive Skin Patch Applied on Normal Skin and Cutaneous Warts. Clinical drug investigation, 39, 1, 55-61, 2018
    5. Ito T, Tallents G, McKervey L, Davies R, Brooke A, Bisset J, Harley J, Whitman B
      A case study comparing research integrity, governance and ethics frameworks to facilitate collaboration between Bristol and Kyoto University Clinical Ethics, 12(4) : 205–216, 2017

研究室

京都大学医学部附属病院
先端医療研究開発機構 医療開発部
特任教授:大菊 鋼
特定准教授:角 栄里子
講師:伊藤 達也
特定講師:池田 隆文、服部 華代
助教:原 恵理、飯間 麻美
TEL : 075-751-4749
FAX : 075-751-4731
E-mail : techintl@kuhp.kyoto-u.ac.jp, et.iact@kuhp.kyoto-u.ac.jp