医療情報学

黒田先生顔写真教授 黒田知宏
Tomohiro Kuroda, Ph.D. Professor  btn

医療情報学は、医学と医療の有効性と効率性を支える情報学的知識の獲得と情報技術の開発を目指すとともに、人の社会的活動である医療を情報の生成・伝達・変換・蓄積・利用という切り口から紐解くことを目指す学問領域です。
情報革命の嵐の只中で、現実的な問題意識を持ち、興味のアンテナを高く掲げて、情報化時代の新たな医療・医学の姿をともに紡ぎ出すことを目指す方々を待っています。

研究・教育について

本教室では、実際の臨床現場を舞台に、情報基盤を創り、活きた臨床情報を解析し、獲得知識を用いた実用的な情報支援を実現し、これらの活動を通して得られた知見に基づいて社会・制度の将来像を検討することで、情報化時代の新たな医療の姿を紡ぎ出すことを目指しています。この目標の下、ユビキタス病院情報システム、IoTを利用した遠隔医療情報システム、臨床疫学支援情報システム等のシステム開発、病院経営分析、臨床疫学情報分析、AIによる患者状態予測や医用画像処理などのデータ分析、病院経営シミュレーション、VR技術の医学教育適用、診療・手術支援などの情報支援など、情報と医療が接する全ての領域で幅広く最先端の研究を実施しています。
本教室は、医学部情報教育に責任を持つとともに、医学研究科および情報学研究科の外国人留学生を含む多くの大学院生を受け入れています。また、関西一円を中心に、世界各国の医学・医療系、情報系、工学系の多くの大学・研究機関との継続的な共同研究、病院や地域医療現場等を対象とした社会的応用研究等を通じて、常に異分野・異文化の人々と向き合いながら研究に取り組む環境を提供し、これからの医療情報技術を支えるのに必要な、盤石の基礎力、柔軟な応用力、高い対話力を持った人材の育成を進めています。

ユビキタス外来患者案内システム

2020年OB会


研究業績

  1. Kensuke Morris, Osamu Sugiyama, Goshiro Yamamoto, Manabu Shimoto, Genta Kato, Shigeru Ohtsuru, Masayuki Nambu, Tomohiro Kuroda: Towards a Medical Oriented Social Network Service: Analysis of Instant Messaging Communication among Emergency Physicians. Advanced Biomedical Engineering, vol.9, pp.35-42 (2020) DOI: 10.14326/abe.9.35
  2. Shusuke Hiragi, Rei Goto, Yukari Tanaka, Yoko Matsuyama, Atsuo Sawada, Kaoru Sakai, Hitomi Miyata, Hiroshi Tamura, Motoko Yanagita, Tomohiro
    Kuroda, Osamu Ogawa, Takashi Kobayashi: Estimating the Net Utility Gains among Donors and Recipients of Adult Living Donor Kidney Transplantation. Transplantation Processings (2019) DOI: 10.1016/j.transproceed.2019.01.049
  3. Samar El Helou, Victoria Abou-Khalil, Goshiro Yamamoto, Hiroshi Tamura, Shusuke Hiragi, Kazuya Okamoto, Masayuki Nambu, Tomohiro Kuroda: Understanding the Situated Roles of Electronic Medical Record Systems to Enable Redesign: Mixed Methods Study. Journal of Medical Internet Research
    Human Factors, vol.6, no.3, e13812 (2019) doi:10.2196/13812
  4. Kana Eguchi, Masayuki Nambu, Takahiro Kamikawa, Kazuo Ueshima, Tomohiro Kuroda: Smart Textile Device with Embedded Fabric Electrodes Targeting
    Periodic Limb Movements Monitoring at Home: A Case Report. Journal of Fiber Science and Technology, vol.75, no.11, pp.164-180 (2019) DOI: 10.2115/fiberst.2019-0020
  5. Tomohide Iwao, Genta Kato, Shigeru Ohtsuru, Eiji Kondo, Takeo Nakayama, Tomohiro Kuroda: An Optimum Data Warehouse for Epidemiological nalysis
    using the National Database of Health Insurance Claims of Japan. European Journal for Biomedical Informatics, vol.15, no.3, pp.31-42 (2019)

研究室

教授: 黒田 知宏
特定教授: 南部 雅幸(先制医療・生活習慣病センター)、田村 寛(データ科学イノベーション教育研究センター)
准教授: 岡本 和也、山本 豪志朗、加藤 源太(診療報酬センター)、杉山 治(医学研究科 リアルワールドデータ研究開発講座)、佐々木 博史(先端医療研究開発機構 – iACT)、粂 直人(医学研究科 EHR共同研究講座)
特定講師: 森 由希子、大坪 徹也(国立大学病院データベースセンター)、八上 全弘(先制医療・生活習慣病センター)
助教: 平木 秀輔、Luciano Santos、植嶋 大晃
研究員: Kensuke Morris、劉 暢
TEL : 075-366-7701
FAX : 075-366-7704
e-mail : medinfoq@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL : http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~mi/mi/?language=ja