脳神経外科学

kao 教 授 宮本 享
Susumu Miyamoto, M.D., Ph.D. Professor  btn

脳神経外科学は、脳・脊髄・末梢神経の血管系・神経系疾患の診断・治療を中心とした神経科学の一分野として発展してきました。本教室の特徴は、臨床における問題に根差した基礎研究の実践、サイエンスを基盤とする革新的治療法の開発、臨床試験の計画・実施による新たなエビデンスの確立など、臨床と科学の理想的なバランスの追及を重視している点であります。脳血管障害・脳腫瘍・神経再生・機能的脳神経外科等の分野で、常に科学的にアプローチする姿勢とともに、先進的な知識・技量を兼ね備えた脳神経外科医の育成を目指しています。

研究・教育について

臨床研究では、脳血管障害や脳腫瘍の分野において、多数の全国規模多施設共同研究の中心的役割を担い、世界レベルのエビデンスを発信しています。脳機能分野では、高磁場MRI、MEG(脳磁計)を用いた脳機能イメージング法の開発、術中脳機能モニタリングの開発・応用とともに、脳内ネットワークを中心とした機能解明にも取り組んでいます。
基礎研究では、もやもや病・脳動脈瘤・動脈硬化・神経膠腫・小児脳腫瘍・下垂体腫瘍の各分野において、分子機序に注目した病態解明、がん免疫療法、生体吸収ステント等の新規生体材料の開発、iPS研究所との共同研究による再生治療の開発など、多方面で活動しています。
人材教育においては、本教室と関連施設で研修プログラムを作成し、広い視野を持った脳外科医を育成します。効率的に豊富な臨床経験を積むことで、顕微鏡手術や脳血管内治療に必要となる技術を早期に習得できます。大学院では、各専門領域で先端的な研究に従事しながら、臨床経験も継続できる体制を整えています。国内留学、海外留学も盛んで、国内外の脳神経外科医が研修在籍することも多く、幅広い人的交流が可能です。

 

r-060-1① (臨床研究) A:もやもや病 B:AIによる脳梗塞予後予測(基礎研究) C:脳機能解析
D:ヒトES細胞による神経分化・再生 E:ヒトiPS細胞を用いた脳腫瘍モデル
F:脳動脈瘤モデル G:放射線誘発性動脈硬化マウスモデル

 

②2020年教室メンバー集合写真


研究業績

  1. Terada Y, Jo N, Arakawa Y, Sakakura M, Yamada Y, Ukai T, Kabata M, Mitsunaga K, Mineharu Y, Ohta S, Nakagawa M, Miyamoto S, Yamamoto T, Yamada Y. Human Pluripotent Stem Cell-Derived Tumor Model Uncovers the Embryonic Stem Cell Signature as a Key Driver in Atypical Teratoid/Rhabdoid Tumor. Cell Rep. 2019 Mar 5;26(10):2608-2621.
  2. Nishi H, Oishi N, Ishii A, Ono I, Ogura T, Sunohara T, Chihara H, Fukumitsu R, Okawa M, Yamana N, Imamura H, Sadamasa N, Hatano T, Nakahara I, Sakai N, Miyamoto S. Predicting Clinical Outcomes of Large Vessel Occlusion Before Mechanical Thrombectomy Using Machine Learning. Stroke. 2019 Sep;50(9):2379-2388.
  3. Nakae T, Matsumoto R, Kunieda T, Arakawa Y, Kobayashi K, Shimotake A, Yamao Y, Kikuchi T, Aso T, Matsuhashi M, Yoshida K, Ikeda A, Takahashi R, Lambon Ralph MA, Miyamoto S. Connectivity Gradient in the Human Left Inferior Frontal Gyrus: Intraoperative Cortico-Cortical Evoked Potential Study. Cereb Cortex. 2020 Jun 30;30(8):4633-4650.
  4. Miyata T, Minami M, Kataoka H, Hayashi K, Ikedo T, Yang T, Yamamoto Y, Yokode M, Miyamoto S. Osteoprotegerin Prevents Intracranial Aneurysm Progression by Promoting Collagen Biosynthesis and Vascular Smooth Muscle Cell Proliferation. J Am Heart Assoc. 2020 Sep;9(17):e015731.
  5. Nagata M, Minami M, Yoshida K, Yang T, Yamamoto Y, Takayama N, Ikedo T, Hayashi K, Miyata T, Yokode M, Miyamoto S. Calcium-Binding Protein S100A4 Is Upregulated in Carotid Atherosclerotic Plaques and Contributes to Expansive Remodeling. J Am Heart Assoc. 2020 Sep 15;9(18):e016128.

研究室

教 授 : 宮本 享
准教授 : 吉田 和道
特定准教授:石井 暁
特定講師 : 舟木 健史
講 師 : 荒川 芳輝・菊池 隆幸
助 教 :峰晴 陽平・大川 将和・丹治 正大・山尾 幸広
特定助教 :安部倉 友・寺田 行範・大石正博
TEL : 075-751-3459
FAX : 075-752-9501
e-mail : miy@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL : http://neurosur.kuhp.kyoto-u.ac.jp/