臨床神経学

kao
教 授 髙橋 良輔
Ryosuke Takahashi, M.D. Ph.D.Professor  btn

⾼齢社会の到来と共に認知症・神経難病,脳血管障害をはじめとする脳神経疾患が増加し,重い社会的負担となっています.我々脳神経内科医はこれらに⽴ち向かう使命を担っています.当教室が⽬指すのは1) 脳神経内科疾患の患者さんに最良の医療を提供すること,2) アルツハイマー病などの認知症,脳血管障害,パーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患,難治てんかん,神経免疫疾患などに対して,神経科学的⼿法であらゆる角度から病態を解明し,新たな治療法・予防法を開発すること,3)医学部臨床実習,卒後臨床研修,研究指導などそれぞれのレベルでの教育を通して次世代の指導的脳神経内科医を養成することです.

研究・教育について

当教室には3つの主な研究室があります.各研究室がそれぞれ得意とするアプローチを用いながら,研究室の垣根を越えて協力しつつ研究を行っています.
第1,2研究室(神経病理学部⾨):剖検脳のブレインカッティングやCPC(臨床-病理検討会)を実施し,ヒト疾患脳の免疫組織化学・⽣化学的検討を⾏っています.また,神経変性疾患や認知症,脳血管障害,神経免疫疾患を対象として,遺伝⼦操作動物や疾患モデル動物を⽤いた研究,ヒトの機能・解剖画像を応⽤した研究を進めています.
第3,5研究室(神経生理学部門):脳波や神経伝導検査などの神経⽣理学的⼿法・機能イメージングにより,難治てんかん,運動異常症,言語などの高次脳機能の解明を推進しています.システム神経科学の考え方も援用し,中枢神経系の病態とそれに関わる正常脳機能を明らかにすることを目指しています.
第4,6研究室(分⼦⽣物学・神経化学部⾨):分子・遺伝子から細胞レベルに及ぶ解析や,疾患モデルの作製によって,神経変性疾患の病態解明と治療法創成を⽬指しています.異常なタンパク質の蓄積や細胞間伝播が,神経変性疾患に共通する病因メカニズムであるとの観点から,アルツハイマー病,パーキンソン病関連疾患,多系統萎縮症を主なターゲットとして予防・治療法開発にも取り組んでいます.

教育⾯では,神経内科専門医でかつ神経科学に精通した多くのスタッフが,医学部の卒後臨床研修教育,ならびに医学研究科学⽣の実地研修を指導しています.

脳神経内科病棟メンバー2019

パーキンソン病の前駆症状として重要なレム睡眠行動障害を世界で初めて再現(業績4)

 

研究業績

  1. Endothelial Progenitor Cell Secretome and Oligovascular Repair in a Mouse Model of Prolonged Cerebral Hypoperfusion. Maki T, Morancho A, Martinez-San Segundo P, Hayakawa K, Takase H, Liang AC, Gabriel-Salazar M, Medina-Gutierrez E, Washida K, Montaner J, Lok J, Lo EH, Arai K, Rosell A. Stroke. 2018;49(4):1003-1010.
  2. NLRP3 Inflammasome-Related Proteins Are Upregulated in the Putamen of Patients With Multiple System Atrophy. Li F, Ayaki T, Maki T, Sawamoto N, Takahashi R. J Neuropathol Exp Neurol. 2018;77(11):1055-1065.
  3. Low-dose perampanel improves refractory cortical myoclonus by the dispersed and suppressed paroxysmal depolarization shifts in the sensorimotor cortex. Oi K, Neshige S, Hitomi T, Kobayashi K, Tojima M, Matsuhashi M, Shimotake A, Fujii D, Matsumoto R, Kasama S, Kanda M, Wada Y, Maruyama H, Takahashi R, Ikeda A. Clin Neurophysiol. 2019;130(10):1804-1812.
  4. α-Synuclein BAC transgenic mice exhibit RBD-like behaviour and hyposmia: a prodromal Parkinson’s disease model. Taguchi T, Ikuno M, Hondo M, Parajuli LK, Taguchi K, Ueda J, Sawamura M, Okuda S, Nakanishi E, Hara J, Uemura N, Hatanaka Y, Ayaki T, Matsuzawa S, Tanaka M, El-Agnaf OMA, Koike M, Yanagisawa M, Uemura MT, Yamakado H, Takahashi R. Brain. 2020;143(1):249-265.
  5. Synaptic Vesicle Protein 2B Negatively Regulates the Amyloidogenic Processing of AβPP as a Novel Interaction Partner of BACE1. Miyamoto M, Kuzuya A, Noda Y, Ueda S, Asada-Utsugi M, Ito S, Fukusumi Y, Kawachi H, Takahashi R, Kinoshita A. J Alzheimers Dis. 2020;75(1):173-185.

研究室

教 授︓ 髙橋 良輔
准教授︓ 葛⾕ 聡
講 師︓ 眞⽊ 崇州,江川 ⻫宏
助 教︓ 下竹 昭寛,綾⽊ 孝,⼩林 勝哉,樽野 陽亮,中西 悦郎
TEL 075-751-4397
FAX 075-761-9780
e-mail neuroofc@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL  http://neurology.kuhp.kyoto-u.ac.jp/index.html