婦人科学・産科学

教 授 万代 昌紀
Masaki Mandai, M.D., Ph.D. Professor btn

産婦人科は周産期医学・婦人科腫瘍学・生殖医学・女性医学の4分野からなり、思春期・性成熟期・更年期といった女性のライフサイクル全般の問題を扱う幅広い診療科です。女性医学は女性特有の生理的・精神的特長と関連する疾患全般を対象とするプライマリケアであり、全ての医師が習得・精通すべき領域として教育をおこなっています。一方、より専門的な分野として、周産期医学は妊娠中の母児の健康をサポートする領域、婦人科腫瘍は女性の良性・悪性腫瘍を扱う領域、生殖医学は不妊症や生殖内分泌を扱う領域で、教室ではそれぞれに対応する多様な研究をおこなっています。

研究・教育について

【婦人科腫瘍部門】
診療:子宮頸癌・体癌・卵巣癌を対象に治験、集学的治療、低侵襲手術に力を入れています。研究:がんゲノム解析、がんと宿主免疫多様性の解明と治療開発、がん代謝、がんヘルスケア、新規タンパク修飾機構の観点から研究を行っています。
【周産期部門】
診療:高リスクの妊娠・分娩を数多く管理し、100件超/年の重症妊産褥婦を搬入しています。研究:胎盤機能再生医療の開発、卵膜修復機構の解明、産科危機的出血・前期破水の治療開発、早産・陣痛誘発成功の予測キット開発に取り組んでいます。
【生殖医学部門】
診療:一般的不妊治療に加え、難治性着床不全に対して自己末梢血リンパ球による免疫療法や着床前スクリーニングを行い、更にがん患者の妊孕能温存にも力をいれています。研究面:胚着床メカニズム、未熟卵子培養の解析を行っています。
【女性医学/ヘルスケア部門】
診療:月経異常や更年期障害、がんサバイバーの病態を対象に内分泌療法と漢方療法を組み合わせた心身のトータルケアを行っています。研究:月経前症候群をテーマに診断とセルフケアに役立つスマホアプリ開発やfMRIを用いた脳科学研究を行っています。

研究業績

  1. Mana Taki, Kaoru Abiko, Masayo Ukita, Ryusuke Murakami, Koji Yamanoi, Ken Yamaguchi, Junzo Hamanishi, Tsukasa Baba, Noriomi Matsumura and Masaki Mandai. Tumor Immune Microenvironment during Epithelial-Mesenchymal Transition. Clin Can Res. In press.
  2. Yamanoi K, Baba T, Abiko K, Hamanishi J, Yamaguchi K, Murakami R, Taki M, Hosoe Y, Murphy SK, Konishi I, Mandai M, Matsumura N. Acquisition of a side population fraction augments malignant phenotype in ovarian cancer. Sci Rep. 2019 Oct 2;9(1):14215.
  3. Io S, Kabata M, Iemura Y, Semi K, Morone N, Minagawa A, Wang B, Okamoto I, Nakamura T, Kojima Y, Iwatani C, Tsuchiya H, Kaswandy B, Kondoh E, Kaneko S, Woltjen K, Saitou M, Yamamoto T, Mandai2¥ M, Takashima Y. Capturing Human Trophoblast Development with Naïve Pluripotent Stem Cells In Vitro. Cell Stem Cell. In press.
  4. Kondoh E, Chigusa Y, Ueda A, Mogami H, Yamaguchi K, Mandai M.  CT scan assessment of intrauterine balloon tamponade failure for the treatment of atonic postpartum hemorrhage: implications for treatment. BJOG. In press.
  5. Ueda M, Sato Y, Horie A, Tani H, Miyazaki Y, Okunomiya A, Matsumoto H, Hamanishi J, Kondoh E, Mandai M. Endovascular trophoblast expresses CD59 to evade complement-dependent cytotoxicity. Mol Cell Endocrinol. 2019 Jun 15;490:57-67.
    .

研究室

教 授 :万代 昌紀
准教授 :近藤 英治
講 師 :濱西 潤三・堀江 昭史・山口 建
助 教 :最上 晴太・千草 義継・江川 美保・山ノ井 康二・滝 真奈
病院助教:関山 健太郎・ 山口 綾香・砂田 真澄・浮田 真沙世・奥宮 明日香・寒河江 悠介・川村 洋介
TEL : 075-751-3269
FAX : 075-761-3967
e-mail : kuobgyn@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL : http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~obgy/