肝胆膵・移植外科学

MT_SensinKiki_1 教授 波多野 悦朗
Etsuro Hatano,Professor
btn

肝臓、胆道、膵臓疾患を対象として、手術と癌の集学的治療を行っています。他院で切除不能と診断された進行癌に対しても高度な技術による最善の治療を提供します。標準的な手術においては腹腔鏡手術を積極的に導入し、低侵襲治療を行っています。肝移植の分野では国内トップ施設として末期肝疾患や肝臓癌に対する肝移植を数多く手がけ、胆管癌に対する最後の砦としての肝移植を提供しています。臨床へのフィードバックを念頭においた研究と手術修練により、明日をリードする外科医を育成することを目指しています。

研究・教育について

肝胆膵領域のoncologyと再生・移植医療の分野において幅広い研究を行っています。
肝胆道領域:胆管空腸吻合に代わる新たな胆道再建法を目指す人工素材を用いた人工胆管の開発、異種動物の肝臓を脱細胞後に肝細胞をhumanのものに置換することで移植可能なキメラ肝臓を開発する研究1に力を入れています。その為の細胞源としてES細胞、iPS細胞、肝幹細胞、肝前駆細胞の分化誘導や細胞移植研究を推進しています。化学療法性肝障害の機序と対策、肝線維化、肝再生、癌における線維芽細胞の起源と機能に関する研究を行っています。
膵臓領域:膵液瘻の重症化機序に関する研究2や、膵島移植の為の膵島分離、保存および移植法の開発を行っています。
肝移植領域:免疫寛容機序解明、補体活性化制御によるグラフト傷害軽減3、水素や灌流保存法を用いた新たなグラフト保存法の開発、異種動物内で「小さなグラフトを大きくする」ことで過小グラフト症候群を克服するための研究4などを行っています。
臨床研究にも積極的に取り組んでおり、リアルタイムに蛍光ナビゲーション手術を可能にする医療機器(MIPS)を開発しました5

(図の説明) MIPSによるリアルタイム蛍光ナビゲーション手術
肝臓の前上区域の門脈枝を穿刺し、インドシアニングリーンを注入した。MIPSで蛍光領域を術野に投影することにより、リアルタイム蛍光ナビゲーション手術が可能となる。


研究業績

  1. Kojima H, Yasuchika K, Fukumitsu K, Ishii T, Ogiso S, Miyauchi Y, Yamaoka R, Kawai T, Katayama H, Yoshitoshi-Uebayashi EY, Kita S, Yasuda K, Sasaki N, Komori J, Uemoto S. Establishment of practical recellularized liver graft for blood perfusion using primary rat hepatocytes and liver sinusoidal endothelial cells. Am J Transplant 18:6:1351-1359:2018.
  2. Uchida Y, Masui T, Nakano K, Yogo A, Sato A, Nagai K, Anazawa T, Takaori K, Tabata Y, Uemoto S. Clinical and experimental studies of intraperitoneal lipolysis and the development of clinically relevant pancreatic fistula after pancreatic surgery. Br J Surg 106:5:616-625:2019.
  3. Kusakabe J, Hata K, Tamaki I, Tajima T, Miyauchi H, Wang Y, Nigmet Y, Okamura Y, Kubota T, Tanaka H, Tsuruyama T, Uemoto S. Complement 5 Inhibition Ameliorates Hepatic Ischemia/reperfusion Injury in Mice, Dominantly via the C5a-mediated Cascade. Transplantation 104:10:2065-2077:2020.
  4. Masano Y, Yagi S, Miyachi Y, Okumura S, Kaido T, Haga H, Kobayashi E, Uemoto S. Auxiliary xenotransplantation as an in vivo bioreactor-Development of a transplantable liver graft from a tiny partial liver. Xenotransplantation 26:6:e12545:2019.
  5. Nishino H, Hatano E, Seo S, Nitta T, Saito T, Nakamura M, Hattori K, Takatani M, Fuji H, Taura K, Uemoto S. Real-time Navigation for Liver Surgery Using Projection Mapping With Indocyanine Green Fluorescence: Development of the Novel Medical Imaging Projection System. Ann Surg 267:6:1134-1140:2018.

研究室

教 授 : 波多野 悦朗
准教授 : 田浦 康二朗・増井 俊彦・秦 浩一郎
講 師 : 瀬尾 智・福光 剣
助 教 : 加茂 直子・石井 隆道・伊藤 孝司・内田 洋一朗・長井 和之・小川 絵里・岡本 竜弥・穴澤 貴行・小木曽 聡・小山 幸法・影山 詔一
TEL :075-751-3651
FAX :075-751-3106