臨床病態検査学


教授 長尾 美紀
Miki Nagao, M.D., Ph.D., Professor btn

新興・再興感染症や薬剤耐性菌感染症の拡大によって、日本のみならず世界的に感染症に対する関心が高まっています。どの医療現場においても、感染症を引き起こした病原体を正確に診断し、適切に治療することは極めて重要であり、私たちはより精度の高い臨床検査診断技術の開発と、有効な治療法のエビデンスの構築を目指しています。臨床病態検査学教室では、国際的に通用する臨床微生物学研究の推進と、次世代の担い手となる“臨床がわかる”若手研究者の育成を最大の使命と考えています。

研究・教育について

感染症は細菌、真菌、ウイルスなど多様な病原微生物によって引き起こされる疾患です。一方、感染症を起こす宿主も本来健常である患者から高度の免疫低下患者まで様々です。感染症に苦しむ患者さんを救うために、検査診断学の領域では塗抹鏡検や培養にはじまり遺伝子の検出などさまざまな手法を駆使して原因微生物を特定しますが、それでも充分であるとは言えません。我々は京都大学医学部附属病院検査部および多くの企業と連携して、新たな検査法の開発とその臨床応用への研究を進めています。
京都大学医学部附属病院では、院内のすべての重症感染症患者に対して、感染制御部に所属する我々感染症専門医のチームがその診断と治療方針決定に関与し、治療成績の向上に努め成果を上げています。卒前卒後教育では、徹底したエビデンスに基づく感染症診療の在り方を教授し、スタッフとのマンツーマンの診療を実践しています。
感染症検査診断技術の開発、病院内感染症の制御、そして、そのための科学的な感染症診療の実践、これらが我々の教室の追求するテーマです。

全ゲノム解析による多剤耐性大腸菌ST131クローンの分岐年代推定

SARS-CoV-2検査試薬の検査精度比較


研究業績

  1. Nakano S, Fujisawa T, Ito Y, Chang B, Matsumura Y, Yamamoto M, Suga S, Ohnishi M, Nagao M. Nationwide surveillance of paediatric invasive and non-invasive pneumococcal disease in Japan after the introduction of the 13-valent conjugated vaccine, 2015–2017. Vaccine. 2020;38:1818-1824.
  2. Matsumura, Y., Tsuchido, Y., Yamamoto, M., Nakano, S., Nagao, M. Development of a fully automated PCR assay for the detection of Pneumocystis jirovecii using the GENECUBE system. Medical mycology. 2019;57:841-847.
  3. Noguchi, T., Matsumura, Y., Kanahashi, T., Tanaka, M., Tsuchido, Y., Matsumura, T., Nakano, S., Yamamoto, M., Nagao, M., Ichiyama, S. Role of TEM-1 -Lactamase in the Predominance of Ampicillin-Sulbactam-Nonsusceptible Escherichia coli in Japan. Antimicrobial Agents and Chemotherapy. 2019;63:e02366-18.
  4. Yamamoto, M., Matsumura, Y., Gomi, R., Matsuda, T., Nakano, S., Nagao, M., Tanaka, M., Ichiyama, S. Molecular analysis of a blaIMP-1-Harboring class 3 integron in multidrug-resistant Pseudomonas fulva. Antimicrobial Agents and Chemotherapy. 2018;62:e00701-18.
  5. Nagao, M., Yamamoto, M., Matsumura, Y., Yokota, I., Takakura, S., Teramukai, S., Ichiyama, S. Complete adherence to evidence-based quality-of-care indicators for Staphylococcus aureus bacteremia resulted in better prognosis. Infection. 2017;45;83-91.

研究室

教 授: 長尾 美紀
准教授: 松村 康史
講 師: 人見 健文・山本 正樹
助 教: 新井 康之・加藤 恵理・野口 太郎・城 友泰・土戸 康弘・湯川 理己
TEL: 075-751-3502
FAX: 075-751-3233
e-mail:kensa@med.kyoto-u.ac.jp
研究室ホームページへのURL
https://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~ict/clm/