実験動物学

浅野写真(顔写真) 教授 浅野 雅秀
Masahide Asano, Ph.D., Professor btn

動物実験は医学生物学の研究に必須の手法です。私たちはマウスやラットを用いて遺伝子改変の技術を駆使して,個体レベルの遺伝子機能の解析や疾患モデル動物の開発を行っています。特に,糖鎖生物学やエピジェネティクス,脳神経疾患などを中心に解析を進めています。また,デグロンシステムを用いた新規がん治療法の開発や初期胚のリプログラミングの研究も始めています。遺伝子改変マウス・ラット作出や世界最大規模のラットリソースの運営も行っており,おもしろい系統を多数保有していますので,やる気のある大学院生を歓迎します。

研究・教育について

マウスは遺伝子改変技術が早くから発展し,小さく世代サイクルが短いので,最も多用されている実験動物です。一方,ラットは適度なサイズやヒトとの生理学的な類似性などにより大変有用な実験動物です。私たちはこの2つの実験動物を用いて,遺伝子改変技術による逆遺伝学なアプローチとラットリソースを用いた順遺伝学的なアプローチを駆使して,医学生物学に貢献する実験動物学を推進しています。脳神経系や発生過程の複雑な制御には遺伝子の情報だけでは決定されない細胞の制御機構が重要です。遺伝子改変マウスを用いて,細胞間の相互作用に重要な糖鎖や,細胞が獲得した情報を次世代に伝達するエピジェネティック制御が生命現象にどう関わるかについて研究を進めています。また,タンパク質の分解を人為的に制御できるデグロンシステムを用いた新規がん治療法の開発やラット胚におけるリプログラミングの研究も始めています。さらに,CRISPR/Cas9に代表されるゲノム編集技術を駆使して,新たなモデルマウス・ラットの開発を行っています。動物実験施設はNBRPラットの代表機関を担っており,世界最大規模のラットリソースを研究に活用することも可能です。

研究室メンバー


研究業績

  1. Naruse C, Abe K, Yoshihara T, Kato T, Nishiuchi T, Asano M. Heterochromatin protein 1γ deficiency decreases histone H3K27 methylation in mouse neurosphere neuronal genes. FASEB Journal 34: 2956-3968, 2020.
  2. Honda A, Tachibana R, Hamada K, Morita K, Mizuno N, Morita K, Asano M. Efficient derivation of knock-out and knock-in rats using embryos obtained by in vitro fertilization. Scientific Reports 9: 11571, 2019.
  3. Takagaki S, Yamashita R,Hashimoto N, Sugihara K, Kanari K, Tabata K, Nishie T, Oka S, Miyanishi M, Naruse C, Asano M. Galactosyl carbohydrate residues on hematopoietic stem/progenitor cells are essential for homing and engraftment to the bone marrow. Scientific Reports 9: 7133, 2019.
  4. Yoshihara T, Satake H, Nishie T, Okino N, Hatta T, Otani H, Naruse C, Suzuki H, Sugihara K, Kamimura E, Tokuda N, Furukawa K, Furukawa K, Ito M, Asano M. Lactosylceramide synthases encoded by B4galt5 and 6 genes are pivotal for neuronal generation and myelin formation in mice. PLOS Genetics 14: e1007545, 2018.
  5. Naruse C, Shibata S, Tamura M, Kawaguchi T, Abe K, Sugihara K, Kato T, Nishiuchi T, Wakana S, Ikawa M, Asano M. New insights on the role of Jmjd3 and Utx in axial skeletal formation in mice. FASEB J. 31: 2252-2266, 2017.

研究室

教授:浅野 雅秀
准教授:成瀬 智恵
特定講師:吉原 亨
特定助教:守田 昂太郎
e-mail: asano@anim.med.kyoto-u.ac.jp
URL: http://www.anim.med.kyoto-u.ac.jp/research.htm