産学共同講座一覧

EHR共同研究講座 先端医療基盤共同研究講座
呼吸器疾患創薬講座 予防理学療法学講座
免疫老化学講座 呼吸不全先進医療講座
クリニカルバイオリソース研究開発講座 次世代腫瘍分子創薬講座
てんかん・運動異常生理学講座 高度医用画像学講座
認知症制御学講座 リアルワールドデータ研究開発講座
疼痛疾患創薬科学講座 免疫ゲノム医学講座
デジタルヘルス学講座 ゲノム医療学講座
がん組織応答 共同研究講座

EHR共同研究講座

―地域医療連携と臨床研究支援―
近年の情報技術は集積した膨大なデータを解析することで新たな知見を得る時代に突入しています。診療や臨床研究の可能性を広げるためには、病気と健康の界 面を超えて医療情報を扱う情報基盤をどのように構築していくかが課題となります。
EHR共同研究講座では、情報機器、ITサービス基盤、製薬、介護といった様々な分野の企業との共同研究により、個人を中心とした生涯医療記録 (Electronic Health Record; EHR)を軸とした医療健康情報の利活用基盤に関する研究を行います。EHRの研究は、医療情報の標準化から、永続的なストレージの設計、地域包括ケアなどの地域医療連携サービス設計、臨床研究等の二次利用、医療・個人情報保護等関連法まで多岐に渡ります。
そのため、各分野をリードする関連企業との共同研究を軸に複数のテーマを実施し、収集したデータからの臨床研究、健康情報サービス等を実現する方法論を探っています。最終的に研究成果をもとにEHRの社会実装を行うためにNPO法人等との連携体制をとりながら研究をすすめており、自立的にEHRを運用可能な医療情報循環モデルのデザインを行っています。
近年、各国でも国家主導のEHR実装が進んでいるところであり、本邦における国家規模の医療情報基盤の構築が待望されています。具体的には、レバノンやグレナダといった国々の留学生とも共同研究を行っており、前提となる医療サービスの異なる国々に対しても適用可能な国際的連携を前提としたEHRの実現を目指しています。
スタッフ:
特定准教授: 粂 直人
研究員: 吉原 博幸(京都大学名誉教授)
共同研究企業:
グラクソ・スミスクライン株式会社
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
株式会社エス・アール・エル
ラジエンスウエア株式会社
H.U.グループホールディングス株式会社
・EHR共同研究講座ホームページ:https://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~ehr/

先端医療基盤共同研究講座(アライアンス・ステーション)
-アステラス製薬との創薬研究産学連携基盤―

我が国の製薬企業では、2000年頃まで、自前で創薬研究を遂行し、臨床開発へ進めることが一般的でした。21世紀に入り、医学・生命科学が急速に進歩し、研究領域の融合がどんどんと進む中、製薬会社が自社のみで最先端の生命科学や技術を網羅的にカバーして創薬研究を実施することは困難になって来ました。このような創薬環境変化に対する解決策の一つとしてオープンイノーベンション活動を取り入れ、多様な研究機関と協働しながら創薬研究を進めることが一般的となりつつあります。京都大学とアステラス製薬は、いち早く上記変化に対応して、2007~2017年にオープンイノベーションの拠点である次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点(AKプロジェクト*)を設置し、ここでの協働を通じて臨床/基礎/創薬の研究における連携体制を構築するとともに、多くの成果を創出してきました。そして2017年、我々はこのAKプロジェクトの活動で培われた共同研究体制、ネットワークおよび相互信頼を基盤に、京都大学とアステラスとの連携を更に進化させる形でアライアンス・ステーション(Aステーション)を開設しました。Aステーションは先端医療基盤共同研究講座を実施基盤として、すでに10年を超える京都大学とアステラス製薬との強固な連携体制を活かし、アステラス製薬における創薬研究ノウハウと京都大学における最先端のサイエンスおよび多彩な技術を融合させることで、種々の疾患領域を対象とした複数の共同研究プログラムの遂行を目指しています。我々は、Aステーションを軸とした京都大学とアステラス製薬との産学連携をさらに進化させ、「患者さんの価値となる新薬」の創出を一日も早く成し遂げたいと考えています。
大学で行われている病態と標的分子の関連性の解明は、まさに創薬研究の起点となる研究です。特に、診断や治療が日々行われている大学病院との機動的かつ柔軟な連携により「ヒトの疾患や病態の探求」や「新規薬剤の有効性予測の向上」など、製薬企業単独では実施が難しい研究を推進したいと思っています。私たちは、また、新たな治療手段(新規モダリティ)あるいは創薬研究に必要となる基盤構築にも大学等の研究機関における成果を活用したいと考えています。Aステーションは世界トップレベルの研究を行う京都大学の研究者の皆様の参加をお待ちしています。
執行責任者:成宮 周 (医学研究科 特任教授)
特定教授:早乙女 周子
特定助教:城 憲秀
協働機関:アステラス製薬株式会社
協働機関責任者:増田 典之(Aステーション担当部長、医学研究科 特任教授(協働))
実施期間:令和2年度から3年間
https://www.a-station.med.kyoto-u.ac.jp/ (学内限定)
 
*AKプロジェクト:2007年7月から2017年3月末まで、文部科学省 先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラムとして、「次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点」で実施されていた京都大学とアステラス製薬の共同研究。

呼吸器疾患創薬講座(杏林製薬株式会社との共同研究講座)

呼吸器系疾患は高齢化社会を迎え、国民の健康寿命にとって大きな負担をもたらすようになりました。肺線維症、肺がん、COPD、喘息、呼吸器感染症など、多岐にわたる疾患があり、今や年間2兆円以上もの国民医療費が呼吸器系疾患のために費やされています。しかしながら、医療の需要が膨大化する一方で、呼吸器の分野における治療薬の開発はまだ十分とはいえません。その理由の1つは肺の構造が複雑なことが挙げられます。肺は多数の枝分かれをした気道とその奥には3億個に及ぶ肺胞があり、さらにその裏側には、微細な血管網が張り巡らされた構造をしており多種類の細胞で構成されています。この複雑な構造には体中の酸素・二酸化炭素のガスを交換する機能と、病原体の進入経路ともなりやすい肺の免疫システムが備わっており、生命維持に欠かせないものとなっています。ただ、その複雑さのため、細胞レベルでの理解が難しく、分子レベルで病態を解明する科学技術が進んだ今日でも呼吸器の分野には未だ未解明の問題が多く残されてきました。
呼吸器疾患創薬講座ではこれらの未解決の呼吸器疾患に対して、創薬開発を通じたイノベーションをもたらすことを目指します。近年、iPS細胞等を用いた再生医学の技術の発展は目覚しく、呼吸器の創薬研究においても応用が可能になりつつありますが、これらの技術はまだ基礎研究の域を出ていません。また、新しい薬を早く実用化するためには製薬企業との共同研究が欠かせません。本講座は実用化の技術をもった杏林製薬株式会社と大学の研究者、そして臨床医たちが集まって、本学の自由な校風のもと築き上げられてきた研究環境の中で、積極的に新薬の開発に取り組む目的で設立されました。
スタッフ:
特定准教授 : 後藤 慎平
特定助教 : 豊本 雅靖、山本 佑樹

予防理学療法学講座

 従来、運動機能を客観的に詳細に評価するためには、高価で特殊な機器が使用されています。しかし、それらを使用した測定や解析には高度な技術・知識と時間が必要であり、使用できるのは限定的で大学の研究室や一部の病院などです。そのため、多くの臨床現場では、理学療法士の観察によって運動機能を評価し、問題点を抽出していますが、観察による評価は評価者の能力に依存するため、客観的とは言えません。
そこで予防理学療法学講座では、ミクシィグループの株式会社スマートヘルスとの共同研究により、デジタルデバイスを利用して安価で簡便に客観的に運動機能を評価することを可能にしたいと考えています。現在は、市販のデジタルカメラで撮影した画像を処理し、動いているときの関節の角度や身体の動揺を数値化して、その精度を検証している段階です。今後は精度の向上や臨床現場での活用を目指しています。
スタッフ
特定准教授:太田 恵
特定助教:八木 優英
共同研究企業:
株式会社スマートヘルス

免疫老化学(小野薬品工業株式会社との共同研究講座)

糖尿病、高脂血症、慢性腎不全、関節性リウマチなどの多様な慢性疾患、および大半の腫瘍(がん)は,各々の直接病因は異なるものの、個体の加齢に伴い同様に発生頻度が高まることから、近年では加齢関連疾患と総称されています。この背景には、個体の老化,特に免疫老化が大きな役割を果たしていると考えられてきています。免疫老化は、獲得免疫機能の低下による感染抵抗性の減弱、炎症素因の増大、自己寛容の破綻と自己免疫疾患のリスクの増加等によって特徴づけられますが、そのメカニズムはまだ明らかになっていません。本講座では、私たちが新たに発見した老化関連T細胞(Senescence-associated T cells、SA-T細胞)の解析を中心に、免疫老化現象のメカニズムを細胞と分子のレベルで解明するための研究を進めています。これによって免疫老化の制御の方途を開発し、高齢化社会の進行でますます重要な医学的課題となっている慢性炎症性疾患やがんなどの加齢関連病態の治療や予防に向けてのこれまでにない全く新しいアプローチを確立することを目指しています。
スタッフ:
特定教授 : 服部 雅一
特定助教 : 福島 祐二

呼吸不全先進医療講座

呼吸不全は、肺障害に起因したガス交換機能の障害、呼吸筋の機能不全、呼吸の調節異常などにより生じます。その原因疾患は多岐にわたりますが、健康寿命に影響する重要な病態です。慢性呼吸不全の治療には、薬物治療や呼吸リハビリテーション、肺移植を含む外科的治療に加えて、酸素療法や非侵襲的換気療法(noninvasive ventilation: NIV)などがあります。慢性期の治療は在宅医療が中心となりますが、その中でも在宅酸素療法(Home Oxygen Therapy:HOT)の利用者数は、年々増加しており、2014年時点で約16万人に達し、かつ利用者の平均年齢は70歳以上と高齢者がその多くを占めております。現在日本は超高齢社会に突入しており、今後もその利用者数が増加していくことが予想されます。近年の情報通信機器の飛躍的な発展、普及に伴い、オンライン診療を含めた遠隔診療の普及が推進されつつあり、2018年度の診療報酬では遠隔診療における「遠隔モニタリング加算」が新設されました。このように、呼吸不全に対する在宅医療、HOT管理の重要性が増している一方で、臨床に有用な生体情報モニタリングシステムは未完成であり、その構築が切望されています。本講座は、京都大学医学部附属病院と帝人ファーマ株式会社との連携により、呼吸不全の在宅モニタリングシステム構築などを通じて呼吸不全診療の向上を図る事を目的としています。
スタッフ:
特定准教授 半田知宏
特定助教 濱田哲
共同研究企業:
帝人ファーマ株式会社

クリニカルバイオリソース研究開発講座

医学研究および医薬品等の研究開発において、早い段階からヒト生体試料を用いて有効性と安全性を直接的に検証する効果的なプロセスが求められるようになってきました。またゲノム解析による精密化医療を先駆けとして、患者集団にとどまらず、患者さん個人に最適化した治療が求められる時代に入りました。今やヒト生体試料は研究開発の必要不可欠な要素です。京都大学は、医学部附属病院クリニカルバイオリソースセンターにおいて収集する患者さん、または健常者由来のヒト試料について、高度な倫理性と採取・搬送・保存等のトレーサビリティーを監督・管理する研究基盤体制として、株式会社KBBMをそのコア技術を有する複数の民間企業と共同で構築しました。このことによって、京都大学においてヒト検体が、迅速かつ効果的に研究開発に利用されるようになることが期待されます。
クリニカルバイオリソース研究開発講座では、患者さんからいただいた残余組織からのがん細胞や正常細胞の培養技術の開発を行ってきました。今後、多数の異なる患者さんの検体に由来する培養物パネルを構築し、さらに臨床データ、OMICSデータなどの解析データを感受性試験データとインテグレーションさせることによって、新たな標的に対する新規薬剤等治療法の開発や、既存の治療法を含めてバイオマーカーを探索します。また、個別化医療に向けて、微量な生検検体からがん細胞や正常細胞を調製・培養する方法の開発や感受性試験の最適化を行います。
スタッフ:
特定教授 :井上 正宏
特定助教 :近藤 純平

次世代腫瘍分子創薬講座

編集中

てんかん・運動異常生理学講座

本講座は、本学臨床神経学講座(髙橋良輔教授)より支援講座としてのご支援のもと、2013年8月1日に寄附講座として設立され、2018年6月に産学共同講座となりました。1)てんかん・運動異常症の病態解明と新しい治療法の開発、ニューロン/グリアによる脳病態機構の解明と治療戦略、各種脳機能診断方法の向上、基礎研究分野との共同研究の推進、遺伝子多型、wide-band EEGよる個別化治療等を総合的、効率的、包括的に進めます。2)本分野の専門医と臨床研究者の養成と教育機会を国内外に広く提供します。
具体的には以下の研究・教育活動を行います。
1)新たな5年間の契約で、「ヒトのてんかん焦点のPDS(突発性脱分極変位)の特徴と抗てんかん薬の作用機構の個別化の臨床研究」を共同研究(エーザイ株式会社)として開始しました。ヒトてんかん焦点のPDSは、持続時間、K+などの液性因子やシナプス後膜受容体で多様な特徴を示します。AMPA受容体拮抗薬などのPDSへの直接・間接抑制機構を有する薬剤の作用機構の個別化と臨床効果の検討を臨床の立場から発信します。同時にニューロンと密接に関与するグリアを含めた2者による脳病態機構の解明と治療戦略、個別化治療を継続検討します。
以下2)、3)は従前の「寄附支援」(大塚製薬株式会社、日本光電工業株式会社、ユーシービージャパン株式会社)の継続活動です。
2)臨床と教育=集学的立場から、「てんかん・運動異常」の病態解明と治療・高度先進医療の推進、実践医療としての確立と普及を目指し、同時に将来の本分野の担い手となる専門医と臨床研究者の養成と教育機会を国内外に広く提供します。
3)研究=臨床てんかん学の病態と治療と常に表裏一体関係である臨床神経生理学の研究と臨床応用の発展を、医学研究科の講座の立場から推進します。
「てんかん発作時のactive DC shiftとpassive DC shiftの仮説」
慢性てんかんにおいてはアストロサイトの機能不全により、DC shift(direct current shift)が発作時高周波活動(high frequency oscillation: HFO)より先行してみられ(=active DC shift)、他方、急性症候性発作では慢性てんかんとは異なり、異常な神経細胞の活動の結果としてDC shiftがみられる(=passive DC shift)、という仮説を提唱した。(Ikeda A, et al. Neurosci Res. 2020;156:95-101. より引用)
スタッフ:
特定教授:池田昭夫
特定准教授:松橋眞生
特定助教:宇佐美清英
電話:075-751-3662
Email:epilepsy@kuhp.kyoto-u.ac.jp
てんかん・運動異常生理学講座HP:http://epilepsy.med.kyoto-u.ac.jp/

高度医用画像学講座

近年の画像診断機器、画像処理・解析技術の進歩はめざましいものがあり、深層学習を初めとする人工知能(AI)技術の導入により、画像の高精度化、画像解析の高度化が進んでいます。このような中で、得られる画像データから、臨床に貢献する画像情報を抽出・解析し、適正な画像診断を依頼医に提供することが重要です。本産学共同講座は、画像診断医と企業がタッグを組むことにより、医用画像の高度化に向けた研究を実施することを目標として設立されました。新たに導入された3テスラ磁気共鳴画像(MRI)装置と画像解析装置を基盤となる研究プラットホームとして活用し、画像処理技術の改良やAIの活用による画質の向上、画像評価・解析法の高精度化など、MRIを中心とした医用画像の高度化の達成を目指して研究を進めています。
スタッフ:
特定教授 佐賀恒夫
特定助教 三宅可奈江
特定研究員 沼元 瞳
共同研究企業:
キヤノンメディカルシステムズ株式会社

認知症制御学講座
日本人創業アメリカバイオベンチャー(Cyn-K LLCとVLP Therapeutics LLC)と本学脳神経内科とのアライアンス

超高齢化社会に突入した我が国では、認知症患者が増加の一途を辿っており、その対策は国を挙げての喫緊の課題です。特にアルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患に伴う認知症患者が加齢依存性に増加していますが、依然これらの認知症に対する根本的治療法はありません。
本講座では、企業側共同研究者が米国で設立したVLP Therapeutics社のプラットフォームテクノロジーを使って、作製された認知症病因タンパク質を標的とするワクチンの認知症に対する効果を調べるとともに、脳の変性と老化のメカニズムを解明します。
認知症の治療には、ワクチンが適していると考えます。経済的効果のみならず、抗体価と言う客観的指標で効果の判定ができ、高齢者認知症患者さんの、飲み忘れ、飲み過ぎの心配もありません。毎日服用が必要な薬剤や、高価な抗体医療に対して、圧倒的なメリットがあります。病気の進行具合にあわせた三種類のワクチンの開発を目指します。
運営メンバー:
上野隆司(特任教授)
高橋良輔(脳神経内科教授)
赤畑渉(特任准教授)
葛谷聡(脳神経内科准教授)
田邉康人(特定准教授)
後藤和也(特定助教)

リアルワールドデータ研究開発講座

リアルワールドデータ研究開発講座ホームページ:http://www.rwd.kuhp.kyoto-u.ac.jp/

疼痛疾患創薬科学講座

近年、侵害受容器に発現する電位依存性Naチャネルの遺伝子変異が、神経細胞の興奮を引き起こし、痛みに関連した疾患の原因になることが明らかになってきました。そのような中、電位依存性Naチャネルが関与する疼痛発生のメカニズムは、鎮痛薬開発の対象として注目を集めています。
我々は、小児期の慢性的な四肢疼痛の一部が電位依存性NaチャネルのNav1.9をコードする遺伝子の変異(SCN11A p.R222H,あるいはp.R222S)が原因であることを発見し、これを新規疾患として「小児四肢疼痛発作症」と命名しました(Okudaら, PLOS One 2016)。そして、この病態をさらに詳しく解明し、治療に貢献することを目的に、本講座を開設しました。
主な研究活動
1)小児四肢疼痛発作症の病態の解明、治療薬候補の効果と機序の解明
①開発したSCN11A変異(p.R222S, F814C, F1146S)を持つ疼痛モデルマウスから単離した後根神経節(DRG)を用いて、変異を持つNav1.9のチャネル特性を検討する。
②疼痛モデルマウスを用いて、AlphaNavi Pharma株式会社が開発した疼痛治療薬候補の効果および作用機序解明を目指す。
2)小児四肢疼痛発作症疑い家系の疫学調査
①小児四肢疼痛発作症が疑われる家系の疼痛関連遺伝子解析を行う。
②全国を対象に、小児四肢疼痛発作症が疑われる家系を集積、臨床像を明らかにし、さらに本疾患の分布状況を把握する。
研究室
教授:Shohab Youssefian
特定准教授:奥田 裕子
特定助教:手塚 徹
運営委員・プロジェクト研究員:小泉 昭夫
運営委員・プロジェクト研究員:小山田 義博
TEL: 075-753-9295
e-mail: pain_pharmacogenetics@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

ゲノム医療学講座

ゲノム医療学講座は、2021年3月に、コニカミノルタ株式会社による産学共同講座として開設された新しい講座です。ゲノム医療とは、Precision Medicine (精密化医療、あるいは、個別化医療と訳されます)に繋がる、私たちが持つ遺伝情報(ゲノム)を医療に活用していくものですが、遺伝情報は遺伝性疾患を持つ患者やご家族のためだけのものではありません。お互いの多様性を認め、尊重するためにも、私たち一人ひとりがヒト遺伝を正しく理解して社会を目指して、取り組んでいきます。
ゲノム医療学講座は、医学研究科 社会健康医学系専攻 医療倫理学・遺伝医療学分野(遺伝カウンセラーコース)(小杉眞司教授)と連携し、遺伝カウンセラーコース修士課程大学院生の教育に関わりながら、以下のテーマについて取り組んでいきます。
1.ゲノム医療を適切に広げていくための基盤となる、一般市民の遺伝リテラシー向上に向けての取り組み。
2.遺伝カウンセラーを中心とする、ゲノム医療に必要な専門的人材養成に必要なプログラムや教材の開発。
3.個別化がん検診サービス「Ambry CARE Program™」の実践と臨床研究
4.コロナ禍におけるオンライン遺伝カウンセリングのあり方に関する臨床研究
5.小児期発症の遺伝性疾患の診断告知に関する臨床研究
6.エーラース・ダンロス症候群のより良い医療を提供するための臨床研究
7.先天異常合併の極低出生体重児の予後に関する研究
8.脳クレアチン欠乏症候群に対する臨床研究
9.ATR-X症候群に対する基礎および臨床研究と,5−アミノレブリン酸による治験への取り組み。

教授 和田敬仁
特定助教 川崎秀徳
特定助教 鳥嶋雅子
特定助教 吉田晶子