分野別14コース

発生・細胞生物学・システム生物学コース

免疫・アレルギー・感染コース

腫瘍学コース

ゲノム・オミックス統計解析コース

神経科学コース

生活習慣病・老化・代謝医学コース

再生医療・臓器再建医学コース

病理形態・病態医学コース

臨床研究コース

社会健康医学コース

医工情報学連携コース

リハビリテーション医学コース

メディカルAIコース

ケアリング科学コース

リハビリテーション医学コース (Rehabilitation Medicine)

  1. 授業の概要・目的
近年のリハビリテーション医学の対象は運動器、循環器、呼吸器、精神・神経系だけでなく、泌尿器、生殖器、内分泌器、消化器系の幅広い器官領域に及ぶ。このように対象が多様化するのに伴い、その目的や手法も変容しつつあるが、リハビリテーション医学の基本的な構成要素は問題点の抽出である評価及び成果判定評価、そして治療介入である。本コースにおいては次世代の評価方法、治療介入を習熟し、広い視点と新たな研究領域を展開する人材の養成を行う事を目的とする。
  1. 授業計画と内容
コースミーティングにおけるレクチャーと研究発表会(年2回)から構成される。

(1) コースミーティング

通年 月1回 最終火曜日 16時30分~18時

第1回 リハビリテーション医学総論Ⅰ(Rehabilitation Research)                 青山 朋樹

第2回 リハビリテーション医学総論Ⅱ(Regenerative Rehabilitation)               池口 良輔

第3回 理学療法学Ⅰ(Musculoskeletal Rehabilitation )                     建内 宏重

第4回 理学療法学Ⅱ(Development of Rehabilitation and assist Robot)

大畑 光司

第5回 理学療法学Ⅲ(Assessing Rehabilitation Effects)                     Todd Pataky

第6回 作業療法学Ⅰ(Rehabilitation for Mental Health and Cognitive Enhancement)                                                                                                     稲富 宏之

第7回 作業療法Ⅱ(Motor and Cognitive Rehabilitation)                    梁 楠

第8回 作業療法Ⅲ(Rehabilitation and Sleeping)                             林 悠

第9回 情報リハビリテーション(Rehabilitation Informatics)                      黒田知宏

(2) 研究発表会

日時:未定 年2日
  1. 到達目標
    • 評価方法の抽出、妥当性、目的の理解
    • 介入方法の選択、目的の理解
    • 医療情報評価法の理解
    • 生理学評価の原則、目的、解釈の理解
    • 画像評価の原則、目的、読影の理解
    • 動物実験の目的、方法、解釈の理解
 評価

①コースミーティングへの参加

②研究発表会への参加及び研究計画作成

 指導教員構成

◎オーガナイザー 青山朋樹 〇サブオーガナイザー 池口良輔

医学部附属病院

整形外科               松田秀一

リハビリテーション科     〇池口良輔 小笹寧子 田辺直也 末廣篤

精神科神経科         村井俊哉

医療情報企画部      黒田知宏

人間健康科学系専攻

先端リハビリテーション科学コース

運動機能開発学       市橋則明 建内宏重 Pataky Todd Colin 谷口匡史

運動機能解析学      ◎青山朋樹 黒木裕士 大畑光司 前田祐子 伊藤明良 谷間桃子

生体構造学             山田重人

臨床認知神経科学    十一元三 梁楠 岡橋さやか 入江啓輔

脳機能リハビリテーション学 稲富宏之 加藤寿宏 谷向仁 山田純栄

生体機能学             林悠

近未来融合ユニット

近未来システム・技術創造部門 澤本伸克