分野別14コース

 

発生・細胞生物学・システム生物学コース

免疫・アレルギー・感染コース

腫瘍学コース

ゲノム・オミックス統計解析コース

神経科学コース

生活習慣病・老化・代謝医学コース

再生医療・臓器再建医学コース

病理形態・病態医学コース

臨床研究コース

社会健康医学コース

医工情報学連携コース

リハビリテーション医学コース

メディカルAIコース

ケアリング科学コース

発生・細胞生物学・システム生物学コース

概要

発生・細胞生物学およびシステム生物学の幅広い分野について、専門分野を超えた横断的な討論と技術修得の機会を提供する。これらの分野で活躍する内外のエキスパートとの交流を通じて、広い視野と知識、疾患への理解、共同研究を遂行する能力、語学力や情報発信能力、社会的責任感や倫理的な視野等を涵養し、様々な生理現象のメカニズム解明、病因の解明、優れた診断・予防・治療法の開発などに貢献できる、有能な生命科学者、あるいはまた、医学・生物学領域の幅広い問題に対応できる数理・情報科学研究者の育成を目指す。なお、本大学院コースは生命科学研究科生命動態研究センター、高等研究院ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi)との共催である。

構成

分野名等 教授 准教授・講師 助教
形態形成機構学 萩原正敏 小林亜希子、木村亮、豊本雅靖
機能微細形態学 斎藤通紀 大田 浩 中村友紀
細胞機能制御学 岩井一宏 藤田宏明、伏屋康寛
病態生物医学 〇松田道行 寺井健太 廣田圭昭
分子細胞情報学 岩田 想 野村紀通
神経細胞薬理学 渡邊直樹 木内 泰 通山 潔
分子遺伝学 篠原隆司 篠原美都、宮嵜岳大、城本悠助
分子腫瘍学 藤田 恭之
腫瘍内科 菊池 理
(化研) ケミカルバイオロジー 上杉志成 佐藤慎一

Amelie Perron
竹本 靖
(ウ再)幹細胞遺伝学 遊佐宏介
(ウ再)バイオメカニクス 安達泰治  
(生命)脳機能発達再生制御学 今吉 格
(生命)高次生体統御学 今村博臣
(生命)細胞認識学 上村 匡 近藤武史
(生命)分子動態生理学 渡邊直樹 山城佐和子
(生命)生体制御学 松田道行 平塚徹、幸長弘子、渡部哲也
(生命)多元生命科学 谷口雄一
(生命)白眉研究者 平島剛志
(ASHBi)発生生物 斎藤通紀  
(ASHBi)応用数学 平岡裕章
(ASHBi)発生生物 Cantas ALEV
(ASHBi)幹細胞 山本玲
(ASHBi)システム生物学 村川泰裕
 (CiRA) 細胞制御システム工学 齊藤博英
(○):オーガナイザー

内容

1. 演習:4単位(通年)

若手研究者の研究発表(30分)、招待講演者による講演(1時間)とそれに基づく討議を下記のスケジュールにより、月1回(金曜日を原則とするが、変更することもある)17:00より行う。1月に合宿を開催し、本コースに所属する大学院生の研究発表と討議を行う。なお、すべて英語にて実施する。詳細はホームページ参照のこと(https://www.kudlc.com/)
担当教員 若手講演者 招待講演者
第1回 4月30日(金曜) 松田道行 平塚 徹 青木一洋(基生研)
第2回 5月28日(金曜) 雨森賢一 TBA 小坂田文隆(名大)
第3回 6月x日(金曜) 渡邊直樹 TBA TBA
第4回 7月30日(金曜) 安達泰治 TBA Taeyoon Kim

(Purdue Univ)
第5回 9月x日(金曜) 村川泰裕 TBA TBA
第6回 10月x日(金曜) 岩田 想 TBA TBA
第7回 11月x日(金曜) 谷口雄一 TBA TBA
第8回 12月x日(金曜) 未定(ASHBi) TBA TBA
第9回 1月x日(金曜) 岩井一宏 TBA TBA
合宿 1月22, 23日

(土、日曜)
なお、発表は英語とする。

2. 実習:2単位

 本コース所属学生は、所属する各研究室において、下記より希望する技術の修得を行う。

1.遺伝子操作: 組換えDNA実験、細胞培養、遺伝子導入、光学顕微鏡観察、光遺伝学

2.生物学構造: 組換え体タンパク質の発現、結晶化、構造解析

3.形態学の基礎技術: 組織標本作製、免疫組織化学、in situ hybridization、画像解析

4.発生学・生殖医学の基礎技術: 初期胚培養、胚移植、動物取扱

5.さまざまな生命現象のシミュレーションモデル構築と解析

6.多光子顕微鏡等を用いた蛍光生体イメージング技術

 

 取得目標

(考え方)

・細胞の構造、機能、動態とそれらの分子基盤の理解

・生理現象や病態を、分子・細胞レベルでの問題に還元できる洞察力

・細胞をシステムとして捉える視点

・新たな知識、技術、概念を理解し細胞生物学・細胞生理学研究に役立てる能力

(技術)

・細胞内に発現している特定のRNAやタンパク質を検出・測定する技術

・遺伝子改変マウスを作成、維持し、免疫組織化学やISHなどで解析する技術

・イメージングおよび画像解析(光学顕微鏡、蛍光顕微鏡、共焦点顕微鏡)

・数理モデルの構築およびシミュレーション技術

・「実験系生物学者のための数理・統計・計算生物学入門コsース」も受講することを推奨する。

コースアシスタントAC 病態生物医学 林 抒豪                                   機能微細形態学 王瀚博

 

Developmental Biology/Cell Biology/Systems Biology Course

This course provides an opportunity to engage in cross-cutting discussion, beyond specialized fields, in the broad fields of Developmental Biology/Cell Biology/Systems Biology, and acquire the relevant techniques. Through interaction with experts active within and outside of these fields, this course aims to foster a broad perspective and knowledge, an understanding of disorders, the ability to accomplish joint research, language and communication skills, a sense of social responsibility, and ethical perspectives. By doing so, it will cultivate (1) capable practitioners of medical and life sciences who can explain the mechanism underlying various physiological phenomena, explain the causes of diseases, and contribute to the development of excellent methods of diagnosis, prevention, and treatment; and (2) researchers in mathematics and informatics who can take on a broad array of problems in life science domains. Each monthly seminar basically includes two talks by a young researcher (30 min) and an invited speaker (1 hour) talk. This course will be conducted completely in English. This course meeting is co-organized by Research Center for Dynamic Living Systems (RCDLS), graduate school of biostudies, and Advanced Study of Human Biology (ASHBi).

 

 

Schedule (https://www.kudlc.com/)
Organizer Young Researcher Invited Speaker
No. 1 April 30 Fri Michiyuki Matsuda Toru Hiratsuka Kazuhiro Aoki

NIBB
No. 2 May 28 Fri Ken-ichi Amemori Fumitaka Osakada

Nagoya Univ
No. 3 June xx Fri Naoki Watanabe
No. 4 July 30 Fri Taiji Adachi Taeyoon Kim

Purdue Univ
No. 5 September xx Fri Yasuhiro Murakawa
No. 6 October xx Fri So Iwata
No. 7 November xx Fri Yuichi Taniguchi
No. 8 December xx Fri TBA (ASHBi)
No. 9 January x Fri Kazuhiro Iwai
Retreat January 22, 23
Course assistant (AC)

Pathology and Biology of Diseases Shuhao Lin

Anatomy and Cell Biology    Hanbo Wang

 
Laboratory Professor Associate Professor Assistant Professor
Anatomy and Developmental Biology Masatoshi Hagiwara Akiko Kobayashi

Ryo Kimura

MasayasuToyomoto
Anatomy and Cell Biology Mitinori Saitou Hiroshi Ota Tomonori Nakamura

Yasuhiro Fuseya
Molecular and Cellular Physiology Kazuhiro Iwai Hiroaki Fujita

Yasuhiro Fuseya
Pathology and Biology of Diseases Michiyuki Matsuda Kenta Terai Keisho Hirota
Cell Biology So Iwata Norimichi Nomura
Cell Pharmacology Naoki Watanabe
Molecular Genetics Takashi Shinohara Mito Shinohara

Takehiro Miyazaki

Yusuke Shiromoto
Molecular Oncology Yasuyuki Hujita
Clinical Oncology Osamu Kikuchi
(ICR) Chemical Biology Motonari Uesugi Shinichi Sato

Amelie Perron
Yasushi Takemoto
(INFRONT) Stem Cell Genetics Kosuke Yusa
(INFRONT) Biomechanics Taiji Adachi
(GSB) Biological function manipulating Itaru Imayoshi
(GSB) Functional Biology Hiromi Imamura
(GSB) Physiological Network Tadashi Uemura Takefumi Kondo
(GSB) Single-Molecule Cell Biology Naoki Watanabe
(GSB) Cutting-edge Bioimaging Michiyuki Matsuda Hiroko Yukinaga

Toru Hiratsuka

Tetsuya Watabe
(GSB) Multidisciplinary Biology Yuichi Taniguchi
(GSB) Hakubi Project Tsuyoshi Hirashima
(ASHBi) Cell Biology/Developmental Biology Mitinori Saitou  
(ASHBi)Applied Mathematics Yasuaki Hiraoka
(ASHBi)Developmental Biology Cantas ALEV
(ASHBi) Stem Cell Biology Rei Yamamoto
(ASHBi) Systems Biology Yasuhiro Murakawa
(CiRA) Life Science Frontiers Hirohide Saito