教育プロジェクト

 

MD研究者育成プログラム MD-Ph.Dコース
マイコースプログラム 博士課程教育リーディングプログラム
「充実した健康長寿社会を築く総合医療開発リーダー育成プログラム」
大学院教育コース 多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン
臨床研究者養成コース(MCRコース) 臨床統計家育成コース
国際化拠点整備事業(グローバル30) 京都大学における履修証明プログラム

博士課程教育リーディングプログラム
「充実した健康長寿社会を築く総合医療開発リーダー育成プログラム」

ホームページへ

大学院教育コース

医学研究科(4年一貫制-博士課程)は、従来、生理系、病理系、内科系、外科系、分子医学系、脳統御医科学系の6専攻に分類された研究分野の研究室に学生を配属させ、そこで指導教員によるマンツーマンの個人指導により教育を行ってきましたが、平成17年度からは、従来の研究分野における教育に加えて、医学・生命科学分野における科学技術の顕著な進展に伴う医学研究の個別専門領域の境界を越えた集学的研究の拡大に対応するために設定した12の大学院教育コースにおいて、最新の医学に関する幅広い知識を体系的に、集中的に教育する「大学院教育コース」による教育を開始しました。
平成17・18年度は、文部科学省「魅力ある大学院教育」イニシアティブ経費の支援を受け実施しました。
また、平成19年度からは、これまでの「大学院教育コース」の実施過程で必要性が明らかになった共通教育プログラム(共通導入コース、共通発展コース)を新たに加え、12の大学院教育コースと統合することにより、包括的総合的医学研究知識と技術を習得し、自主性と独自性を備えた医学研究者の育成を目指します。なお、平成21年度より11の大学院教育コースで運営しています。

採択課題名: 共通・分野別教育統合による医学研究者養成
総括コーディネーター: 医学研究科教授 岩井 一宏、 陣上 久人

多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン

わが国は世界に類を見ない超高齢化社会を迎えるとともに生産人口の減少、少子化と社会構造が大きく変わりつつある。一方、科学技術の進歩もめざましく、医療の分野でも新技術が次々生み出されている。わが国が今後も健全な社会を維持するためにも国民の健康長寿は必須であり、中でもわが国の死因の第一位であるがん医療に関して、平成29年度より、文部科学省「多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン」が設けられました。

京都大学、三重大学、滋賀医科大学、大阪医科大学、京都薬科大学の5大学では、連携事業として、「高度ながん医療を先導するがん医療人養成」を立ち上げ、プレシジョンメディシンを実現する「ゲノム医療」、これまで対策が不十分であった「希少がんや小児がん」、そして「様々なライフステージとニーズに合わせたがん医療」に対応できる医療人の育成をすることを目的とし、「がん医療の一層の推進」に貢献したいと考えています。

採択課題名: 「高度ながん医療を先導するがん医療人養成」
事業推進責任者: 医学研究科教授・武藤 学
連携機関: 三重大学、滋賀医科大学、大阪医科大学、京都薬科大学
プロジェクトの実施期間: 平成29年度~平成33年度

プロジェクトのホームページへ(http://ganpro.med.kyoto-u.ac.jp/


臨床研究者養成コース(MCRコース)


臨床統計家育成コース


国際化拠点整備事業(グローバル30)


京都大学における履修証明プログラム

○「医師のための臨床研究遠隔学習プログラム―MCR コース extension」
MCRコースのホームページへ
履修証明プログラムに関する公表事項

○「現場で働く指導医のための医学教育学プログラム─基礎編─」
医学教育推進センターのホームページへ
履修証明プログラムに関する公表事項