第8回 京都大学-UCSD/CNTセミナーのご案内 (KU-UCSD/CNT Seminar #8)

京都大学大学院医学研究科では、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)、UCSD内の施設であるMoores Cancer Center、Center for Novel Therapeuticsとの共催で、『京都大学-UCSD/CNTセミナーシリーズ』を開催しております。On-site Laboratoryである京都大学サンディエゴ研究施設(KURC-SD)の取組の一環として、京都大学・UCSD側より交互にセミナー毎に1名ゲストスピーカーを招き、オンラインセミナーを定期的に開催します。
第8回目は、Dr. Christopher Glassをゲストスピーカーに迎え、以下の日程にて開催いたします。多数のご参加をお待ちしております。

第8回 京都大学-UCSD/CNTセミナー

【日程及びプログラム(日本時間)】
2021年5月28日(金)
9:00~9:45   講演 “Decoding macrophage and microglia phenotypes in health and disease”
9:45~10:00 Q&A

【ゲストスピーカー】
Christopher Glass, M.D., Ph.D.,
Distinguished Professor, Department of Cellular and Molecular Medicine
Distinguished Professor, Department of Medicine
School of Medicine, University of California, San Diego

Christopher Glass氏は、生物物理学者であり、カリフォルニア大学サンディエゴ校の細胞分子医学特別教授および医学特別教授を務めている。Glass氏は、健康と疾患におけるマクロファージの機能を制御する分子メカニズムの研究を行っている。特に、動脈硬化、糖尿病、神経変性疾患などの原因となるマクロファージの遺伝子発現プログラムを制御する核ホルモン受容体や、その他のシグナル依存性転写因子の役割を解明したことで知られている。Glass氏は、米国芸術科学アカデミー、米国医学アカデミー、米国科学アカデミーの会員である。

【司会】
萩原 正敏 教授/京都大学サンディエゴ研究施設 施設長
J. Silvio Gutkind UCSD薬理学教授/Moores Cancer Center 副所長

【オンラインURL(Zoom Webinar)】
https://uchealth.zoom.us/webinar/register/WN_8MqdN0jGThCV30OrRO9HJA
※視聴するには、事前登録が必要です。申込者が定員(500名)を超えると、登録が締め切られます。

【参考リンク】
京都大学サンディエゴ研究施設HP:https://www.kurcsd.com/

【お問合せ先】
京都大学医学研究科総務企画課研究推進掛(担当:村田)
E-mail: 060kensui@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

【共催】
京都大学大学院医学研究科
京都大学サンディエゴ研究施設
京都大学メディカルイノベーション大学院プログラム
University California San Diego Moores Cancer Center
Center for Novel Therapeutics