第6回 京都大学-UCSD/CNTセミナーのご案内(KU-UCSD/CNT Seminar #6)

京都大学大学院医学研究科では、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)、UCSD内の施設であるMoores Cancer Center、Center for Novel Therapeuticsとの共催で、『京都大学-UCSD/CNTセミナーシリーズ』を開催しております。On-site Laboratoryである京都大学サンディエゴ研究施設(KURC-SD)の取組の一環として、京都大学・UCSD側より交互にセミナー毎に1名ゲストスピーカーを招き、オンラインセミナーを定期的に開催します。
第6回目は、Dr. Ananda W. Goldrathをゲストスピーカーに迎え、以下の日程にて開催いたします。多数のご参加をお待ちしております。

第6回 京都大学-UCSD/CNTセミナー

【日程及びプログラム(日本時間)】
2021年3月19日(金)
9:00~9:45   講演 “Transcriptional programming of T Cell immunity to infections and tumors”
9:45~10:00 Q&A

【ゲストスピーカー】
Ananda W. Goldrath, Ph.D., Professor, Molecular Biology, Division of Biological Sciences, University of California, San Diego

Ananda W. Goldrath, Ph.D. は、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の生物科学部門、分子生物学の教授を務める。Goldrath氏は2011年にはLeukemia and Lymphoma Society Scholar、2007年にはPew Scholarとして選出された。また、Cancer Research Institute New Investigator Award、V Scholar Award、Julia Brown Faculty Fellowshipを受賞している。 彼女の研究目標は、CD8+ T細胞の免疫学的記憶がどのようにして生成され、維持されるのかを理解することである。T細胞が免疫応答を誘導し、長寿命の記憶T細胞となる際の、T細胞の生存と分化を調節する転写およびシグナル伝達イベントの特定を行うことである。

【司会】
萩原 正敏 教授/京都大学サンディエゴ研究施設 施設長
J. Silvio Gutkind UCSD薬理学教授/Moores Cancer Center 副所長

【オンラインURL(Zoom Webinar)】
https://uchealth.zoom.us/webinar/register/WN_8_51wE3SQKixOFadUKKd7w
※視聴するには、事前登録が必要です。申込者が定員(500名)を超えると、登録が締め切られます。

【参考リンク】
京都大学サンディエゴ研究施設HP:https://www.kurcsd.com/

【お問合せ先】
京都大学医学研究科総務企画課研究推進掛(担当:村田)
E-mail: 060kensui@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

【共催】
京都大学大学院医学研究科
京都大学サンディエゴ研究施設
京都大学メディカルイノベーション大学院プログラム
University California San Diego Moores Cancer Center
Center for Novel Therapeutics