講義室等利用・案内図

施設名


芝蘭会館研修室の使用について

1. 医学研究科・医学部学生及び教職員による、芝蘭会館研修室の講義時間以外の使用については、事前に医学研究科教務掛に願い出るものとする。
2. 願い出は、使用予定日の30日前以降使用責任者が別紙様式による「芝蘭会館研修室使用願」を医学研究科教務掛へ提出するものとする。
3. 使用時間は、月曜日から金曜日の午前9時から午後7時までとする。
ただし、特別な事情がある場合に限り、時間の延長を許可することがある。
また、土曜日、日曜日、国民の祝日・休日、年末年始(12月29日~1月3日)、本学の創立記念日、遺骨返還式及び解剖体祭日等における使用は原則として認めない。
4. 使用にあたっては、使用者が責任を持って行うものとし、次の事項を遵守すること。
(1)使用目的は、研修会、ゼミ、会議等に限定し、楽器演奏、合唱や演劇練習は、講義や研究活動及び執務の迷惑になるので禁止する。
(2)館内の設備、器具等を無断で使用し、また移動させないこと。
(3)使用終了後は、持ち込んだ物品等は全て撤去し、室内の後片付け、清掃等を行い使用前の状態に復すること。
(4)使用責任者は、研修室の戸締り・消灯・電源等の後始末を、責任を持って行うこと。
(5)研修室内での火気類の使用及び飲食・喫煙並びに壁面への貼紙等は禁止する。
以上の心得を違反した場合は以後の使用は一切認めない。
5. 使用者の不注意が原因で研修室若しくは設備(鍵等含む)をき損し、または滅失した場合は、使用責任者が原状回復の責任を負う。

医学研究科総務掛


医学部サテライト演習室の利用について

1. 【利用時間】
8:30~17:00
ただし、土曜日、日曜日、国民の祝日・休日、年末年始(12月29日~1月3日)、本学の創立記念日、解剖体祭日 及び遺骨返還式等を除く
2. 【利用者心得】
1.入室及び退室時に備付けの利用記録簿に記帳してください。
2.演習室内においては、飲食及び喫煙は禁止します。
3.出力した用紙類は、全て持ち帰ってください。
4.退室時には、利用した端末機の電源を必ず切ってください。
3. 【CD-ROMチェンジャーについて】
ネットワークコンピュータを開き、CD-ROMチェンジャーをクリックすることにより参照できます。

事務棟2F・会議室の利用について

予約の際には、事務部の方・・・ノーツグループウェアの「施設予約」からご予約ください。
事務部向けマニュアル
・予約方法 (PDFファイル
・予約確認方法 (PDFファイル研究室の方・・・まずは総務担当までご相談ください。予約時間になれば、総務担当まで鍵を受け取りに来てください。学内で利用できる全学施設については、以下のページをご覧下さい。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/profile/intro/facilities/kyoshokuin/labo_meet.htm

基礎構内の研究室内ネットワーク・メールアカウント取得について

ネットワーク設営について

京都大学内では、KUINSというネットワークを利用して、インターネット・Eメールを利用できます。
KUINSネットワークを初めて利用される際、こちらのマニュアル(PDFファイル)をまずご一読ください。
ネットワークを研究室で新しく設営する場合・・・
ネットワークがどうなっているか、既存の研究者にお尋ねください。
ラボ内の全員の研究者が、新しく引っ越して来られた場合・・・
その部屋で以前ネットワークを使われていた場合、前の住人のネットワーク設定が残っている可能性があります。管理者の変更が必要な場合もあります。
まずは事務部・施設担当(内線4312)まで、工事がどのようになっているかお尋ねください。
新しく、ラボのネットワークを新設する必要がある場合、研究者のKUINSアカウントで申請した後、利用可能まで一週間程度かかります。申請に関する詳細は、こちらをお読みください。

無線LAN機器の設置について

医学研究科内では、無線LANアクセスポイント設置について手続きが必要です。こちらのページをご覧ください。

メールアカウント取得について

京都大学の職員用メールアドレスとして、全員にKUMailというアカウントを発行しています。KUMailアカウント詳細については、こちらをご覧ください。
■ KUMailアカウントを発行したい
KUMailアカウントは、Notes アカウント(グループウェア)に付随するものです。Notes アカウント発行につきましては事務部人事担当(内線84310)までお問い合わせください。
■ 医学部基礎構内に存在するラボ内で、個人のメールアドレスを自由に作成したい場合
ラボでサーバーを立ち上げる必要があります。高次脳形態学の金子教授が方法をこちらに記載されています。参考にしてください。
■ 附属病院構内に教室があり、個人のメールアドレスを自由に作成したい場合
サーバーを立ち上げる必要があります。附属病院・医療情報部にご連絡ください。

サーバー設置について

サーバーを新しく購入すると、お金も管理の手間もかかります。手軽にラボのホームページ・メールを運用したい場合、京大のホームページサービス等を利用することをおすすめします。

学外と通信する機器について

基礎構内にてテレビ会議用の機器(polycom等)、学外と学内を通信するサーバーを設置する場合、KUINS-Ⅱネットワークを開設してグローバルIPアドレスを取得する必要があります。これについては、事務部中西(内線4682)までご相談ください。病院構内他の場所で設置する場合も、事務部中西(内線4682)まで問い合わせてください。
KUINS-Ⅱネットワーク開設に必要なもの
・SPS-ID(KUINS-Ⅱ新規ホスト申請に必要)
・接続する機器のMACアドレス(KUINS-Ⅱ新規ホスト申請に必要)
・IPアドレス(KUINS-Ⅱ申請時に必要:事務部で空いている番号を割り当てます)
・月額1500円(KUINS-Ⅱ利用負担金:年に一度、本部より請求あり)