健康増進・行動学(専門職学位課程/博士後期 課程)

kao
教授 古川 壽亮
Toshiaki A. Furukawa, MD, PhD Professor  btn

臨床疫学、メタ疫学、認知行動科学を自分の医療実践に応用したい人を待っています。一緒に、世界の臨床を変える研究をしませんか?

医学専攻4年制博士課程(PhD取得)、社会健康医学系専攻3年制博士課程(DrPH取得)、社会健康医学系専攻専門職学位課程2年制または1年制修士課程(MPH取得)、臨床研究者養成コース1年制修士課程(MCR取得)を担当しています。皆様のバックグラウンド、ご希望に合わせてご相談に乗ります。原則、下記のような研究室のon-goingな研究に参加し、臨床を変えるポテンシャルのある研究を行っていただきたいと思います。

研究・教育について

本分野は臨床疫学(EBM) と認知行動療法(CBT)を車の両輪とし、疾病および健康に関連する行動と認知を変容する実践的かつ実証的な研究を行います。

具体的には現在は臨床疫学、メタ疫学の分野では、
1)無作為割り付け比較試験
2)通常のメタアナリシス
3)ネットワークメタアナリシス、個人データメタアナリシス、要素メタアナリシス
4)メタ疫学研究
・出版バイアス、報告バイアスのメタ疫学的研究
・アブストラクトスピンが臨床家の論文理解に与える影響のRCT
5)エビデンスを臨床に直結させるための臨床疫学研究
6)診断研究
・急性冠症候群に対する高感度トロポニンの診断性能研究

認知行動療法については、
1)スマートフォンを利用した認知行動療法
・うつ病に対するスマートフォンを用いた普及型CBTのRCT
・ウェアラブルデバイスを用いたうつ病の再発再燃予測研究
・大学生におけるレジリエンス増強のためのスマートフォン認知行動療法のfully factorial trial
2)身体疾患を持つ患者への認知行動療法の開発応用
・乳がんサバイバーに対する構造化問題解決技法のRCT
・アトピー性皮膚炎に対するマインドフルネス精神療法のRCT
・過敏性腸症候群に対するCBTのRCT
などについて研究を行っています。

研究業績

1.Furukawa TA, Watanabe N, Omori IM, et al (2007) Association between unreported outcomes and effect size estimates in Cochrane meta-analyses. JAMA, 297, 468-470.
2.Cipriani A, Furukawa TA, Salanti G, et al (2009) Comparative efficacy and acceptability of 12 new-generation antidepressants: a multiple-treatments meta-analysis. Lancet, 373, 746-758.
3.Furukawa TA, Levine SZ, Tanaka S, et al (2015) Initial severity of schizophrenia and efficacy of antipsychotics: Participant-level meta-analysis of six placebo-controlled studies. JAMA Psychiatry, 72, 14-21.
4.Nikolakopoulou A, Mavridis D, Furukawa TA, et al (2018) Living network meta-analysis compared with pairwise meta-analysis in comparative effectiveness research: empirical study. BMJ.
5.Cipriani A, Furukawa TA, Salanti G, Chaimani A, Atkinson LZ, Ogawa Y, Leucht S, Ruhe HG, Turner EH, Higgins JP, Egger M, Takeshima N, Hayasaka Y, Imai H, Shinohara K, Tajika A, Ioannidis JP & Geddes JR (2018) Comparative efficacy and acceptability of first- and second-generation antidepressants in the acute treatment of major depressive disorder: A network meta-analysis. Lancet.

研究室

健康要因学講座 健康増進・行動学分野
教授:古川壽亮
准教授:渡辺範雄
TEL: 075-753-9491
FAX: 075-753-4641
Email: cbm.kusph@gmail.com
研究室ホームページ:http://ebmh.med.kyoto-u.ac.jp