知的財産経営学(専門職学位課程)

特定教授 早乙女 周子
Chikako Saotome, Ph.D.Professor btn

我が国の経済競争力強化と人類の健康向上のため、日本発の革新的な医薬品・医療機器等の創出が望まれています。このようなライフイノベーションの実現には、大学等の基礎研究から生まれる研究成果を産業化に繋げて行くことが重要です。そのために、大学の研究成果を知的財産として権利化し、産業界で成果を最大限活用することができる知的財産マネージャーが必要となります。我々は、ライフサイエンス分野の技術経営学教育のパイオニアとして、知的財産の「発掘」、「管理」、「活用」を担える人材の養成に貢献します。

研究・教育について

知的財産の「発掘」、「管理」、「活用」には、①科学、②法律、③ビジネスの3つの分野の知識が必要です。科学(医学知識)については、京都大学医学研究科等の講義を受講していただきます。法律に関しては、特許法を中心とした知的財産法の基礎と実務に関する講義を提供しています。ビジネスに関しては、技術経営、アントレプレナーシップ、契約、創薬ビジネス等の講義を提供しています。
二年時には、適宜インターンシップを取り入れて課題研究を行います。研究テーマは、バイオ・創薬・医療分野における、技術経営、知的財産マネジメントです。具合的には、共同研究や特許出願戦略などの産官学連携活動、医薬品、医療機器、再生医療などのバイオ知財、医薬品ライフサイクルマネジメント、バイオベンチャーなどのバイオビジネスに関する内容となっています。

スライド1

知的創造サイクルの活性化と課題

アントレプレナーシップ特論(ビジネスゲーム)講義風景


研究業績

  1. 田中美希、阿部誠二、早乙女周子、「橋渡し研究(トランスレーショナル・リサーチ:TR)における特許出願マネジメントに関する調査研究」日本知財学会第12回年次学術研究発表会、2014
  2. 井上隆、早乙女周子「米国バイオベンチャーの製品パイプラインと特許出願に関する調査研究」日本知財学会第13回年次学術研究発表会、2015
  3. Chikako Saotome, Yurie Nakaya, Seiji Abe,“Patent production is a prerequisite for successful exit of a biopharmaceutical company” Drug Discovery Today, Vol. 21, 406-409 (2016)
  4. 鍾亦琳、早乙女周子「バイオシミラーの特許出願に関する調査研究」日本知財学会第14回年次学術研究発表会、2016
  5. 早乙女周子「米国バイオベンチャーの特許出願の調査研究」日本知財学会第14回年次学術研究発表会、2016

研究室

寺西 豊(特任教授)
早乙女 周子(特定教授)
阿部 誠二(特任教授)
小栁 智義(特定准教授)
山口 太郎(特定助教)
TEL:075-366-7427
FAX:075-751-0950
e-mail:contact@mot.med.kyoto-u.ac.jp
研究室ホームページ:http://mot.med.kyoto-u.ac.jp/