医療経済学(専門職学位課程/博士後期 課程)

face

教授 今中 雄一
Yuichi Imanaka, M.D., M.P.H., Dr.Med.Sci., Ph.D. Professor btn

研究・教育について

当研究室は「医療の質と経済性」に関して、政策や臨床・経営の実際に役立つ研究開発を行う。また、医療介護保健の大規模データベースの構築・活用、診断群分類等ケースミックス分類による診療報酬などの新制度に関する評価・開発、OECD、WHO、WICなどの国際的なプロジェクトやネットワークへコミットし、病院評価・支援や全国多施設ベンチマーキング研究事業も行っている。

ミッション
医療の質、効率、公正性の変化・向上に
研究、開発、専門活動をもって、貢献する

基本方針
現実の制度政策(医療介護保健)とマネジメントに真に役立つ。
システム・アプローチ/ソフト・テクノロジーと国際ネットワークを活用する。

テーマ:  超高齢社会における医療・介護・保健の質、効率、公正性
1.    測定、評価、向上
2.    制度・政策の分析・再設計
3.    組織の経営・運営
4.    変革のメカニズムと可視化、共有、ネットワーク
5.    データベース”Big Data”の構築・活用

* 内容は心・脳血管疾患、がん、認知症、介護など機能・疾患特異領域から地域・資源配分、保険・償還・財政等多岐にわたる。

熱意のある者、来たれ
上記に強い興味のある人。医師ほか、あらゆるバックグラウンド歓迎。

zu

研究業績

  1. Lin H, Otsubo T, Imanaka Y. The effects of dementia and long-term care services on the deterioration of care-needs levels of the elderly in Japan. Medicine 2015;94(7):e525.
  2. Kobayashi D, Otsubo T, Imanaka Y. The effect of centralization of health care services on travel time and its equality. Health Policy 2015;119(3):298-306.
  3. Ukawa N, Tanaka M, Morishima T, Imanaka Y. Organizational culture affecting quality of care: guideline adherence in perioperative antibiotic use. International Journal for Quality in Health Care 2015 Feb;27(1):37-45.
  4. Sasaki N, Kunisawa S, Otsubo T, Ikai H, Fushimi K, Yasumura Y, Kimura T, Imanaka Y. The relationship between the number of cardiologists and clinical practice patterns in acute heart failure ― A cross-sectional observational study. BMJ Open 2014;4(12):e005988.
  5. Goto E, Lee J, Sasaki N, Imanaka Y. Factors affecting regional variations in hospitalization expenditures of elderly residents in Japan. Journal of Public Health 2014;22(4):361-370.
 

研究室

教 授:今中 雄一
講 師:佐々木 典子
講 師:國澤 進
助 教:大坪 徹也
TEL:075-753-4454
FAX:075-753-4455
e-mail:heqm-office@umin.ac.jp
URL:http://med-econ.umin.ac.jp/