臨床運動器科学研究室


青山朋樹
(AOYAMA TOMOKI)
PhD MD

運動は、食事、睡眠、こころ、生活リズムなどと共に、健康を司る重要な因子です。それらの因子同士も密接に関係しており、ひとつの因子の悪化に伴い、他に対しても悪い影響をもたらします。このことは運動器の障害に対するアプローチが、ダイレクトなアプローチだけでなく、様々な方向からのアプローチが有効であることを示しております。逆に運動はその他の因子の改善に用いられるという双方向性の関係にあります。このような視点に立ち、健康におけるさまざまな問題を、最適な手段を用いて解決することを目標にしております。

研究・教育について

運動を用いた健康におけるアプローチを巨視的に、ときには微視的にみるトレーニングをしております。また、その際に必要な健常と病的な運動状態の可視化を行っております。このようなアプローチから研究テーマは様々な領域に発展してまいりました。
・再生リハビリテーション
・がんのリハビリテーション
・スポーツ障害への対応と傷害予防
・Women’s health
・産業リハビリテーション
・運動評価機器、介入機器の開発
・中高年の健康増進

問題解決型思考のもとに、問題点の整理と抽出、分析手法あるいは介入手法の検討、測定と分析、結果の検証の一連の工程を学士課程、修士課程、博士課程において段階的に実施することで、企画力、行動力、洞察力、そして臨床力、総合力を持つ学生を教育しております。

 
病院、行政、企業、さまざまな機関と共に共同研究しております。本研究は呼吸器内科との共同研究で行いました。 可視化技術の開発も行っております。この研究では荷重下の足部の横アーチを超音波測定装置で測定するデバイスを開発しました。
 

研究業績

1. Iijima H, Isho T, Kuroki H, Takahashi M, Aoyama T. Effectiveness of mesenchymal stem cells for treating patients with knee osteoarthritis: a meta-analysis toward the establishment of effective regenerative rehabilitation. NPJ Regen Med. 2018 Sep 17; 3:15. doi: 10.1038/s41536-018-0041-8. eCollection 2018. Review.
2. Suzuki Y, Iijima H, Tashiro Y, Kajiwara Y, Zeidan H, Shimoura K, Nishida Y, Bito T, Nakai K, Tatsumi M, Yoshimi S, Tsuboyama T, Aoyama T. Home exercise therapy to improve muscle strength and joint flexibility effectively treats pre-radiographic knee OA in community-dwelling elderly: a randomized controlled trial. Clin Rheumatol. 2018 Aug 30. doi: 10.1007/s10067-018-4263-3.
3. Ji X, Morino S, Iijima H, Ishihara M, Kawagoe M, Umezaki F, Hatanaka Y, Yamashita M, Tsuboyama T, Aoyama T. The association of variations in hip and pelvic geometry with pregnancy-related sacroiliac joint pain based on a longitudinal analysis. Spine (Phila Pa 1976). 2018 Jul 3. doi:10.1097/BRS.0000000000002774.
4. Adachi D, Nishiguchi S, Fukutani N, Hotta T, Tashiro Y, Morino S, Shirooka H, Nozaki Y, Hirata H, Yamaguchi M, Yorozu A, Takahashi M, Aoyama T. Generating linear regression model to predict motor functions by use of laser range finder during TUG. J Orthop Sci. 2017 May;22(3):549-553. doi: 10.1016/j.jos.2017.01.020.
5. Tashiro Y, Hasegawa S, Yokota Y, Nishiguchi S, Fukutani N, Shirooka H, Tasaka S, Matsushita T, Matsubara K, Nakayama Y, Sonoda T, Tsuboyama T, Aoyama T. Effect of capacitive and resistive electric transfer on haemoglobin saturation and tissue temperature. Int J Hyperthermia. 2017 Sep;33(6):696-702.

研究室

教授;青山朋樹
Email; blue@hs.med.kyoto-u.ac.jp
Phone; 075-751-3952

【研究室ホームページへのURL】
http://www.humanalysis-square.com/
http://regenerative-rehabilitation.com/jp/
http://sacon-station.com/
http://humanalysis-square.com/hitotasu/