臨床運動器科学研究室

顔写真
坪山 直生       ,
Tadao TSUBOYAMA
M.D., Ph.D.

健康寿命を延伸させ活力ある社会を形成するためには、運動器の健康の維持・増進が重要な課題である。当研究室では運動障害発生機序の解析と解決法の検証に関して、細胞、臓器、個人、社会などの多様な観点から研究を行っている。当研究室の目標は、あらゆる世代の構成員がそれぞれの能力と責任において活き活きと活動し、澱みのない情報交換と健全な議論のもとに次代への夢が紡ぎ出されていく社会の実現であり、そのために運動器科学の立場から貢献することである。

研究・教育について

上記の目標に向かって、当研究室では自治体や地域団体との連携のもとに研究フィールドを設定し、また京都大学医学部附属病院で実践されている最先端の医療活動とも連携し、以下のような研究活動を行っている。

●加齢や運動器疾患に伴う機能障害の解析と、より良い運動機能の開発

● 高齢者の転倒予防

●学童期・思春期のスポーツ傷害予防

●脆弱性骨折の予防

●急性期がん医療におけるリハビリテーション方法論の開発

●地域在住高齢者の要介護状態予防

当研究室は医学部人間健康科学科における理学療法士育成の一翼を担うとともに、広く院生を募集して研究指導を行い、臨床運動器科学領域でのエビデンス蓄積に貢献できる人材、さらに制度・心理・環境等への広い視点を持つ人材の養成を目指している。

腫瘍用人工膝関節置換術後の歩行解析       集合写真

画像①画像② (1280x851)

研究業績

1. Nagai K, Yamada M, Tanaka B, Uemura K, Mori S, Aoyama T, Ichihashi N, Tsuboyama T. Effects of balance training on muscle coactivation during postural control in older adults: a randomized controlled trial. J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2012;67: 882-9.
2. Tatematsu N, Ezoe Y, Tanaka E, Muto M, Sakai Y, Tsuboyama T.  Impact of neoadjuvant chemotherapy on physical fitness, physical activity and health-related quality of life of patients with resectable esophageal cancer.  Am J Clin Oncol. 2013;36(1):53-6.
3. Yamada M, Arai H, Sonoda T, Aoyama T. Community-based exercise program is cost-effective by preventing care and disability in Japanese frail older adults. J Am Med Dir Assoc. 2012;13(6):507-11.
4. Aoyama T, Toguchida J. Isolation of bone marrow stromal cells from bone marrow by using a filtering device (Method). Stem Cells and Cancer Stem Cells. Springer.Vol2, Chapter1,pp3-12, 2012.
5. Kayama H, Okamoto K, Nishiguchi S, Nagai K, Yamada M, Aoyama T. Concept software on Kinect for assessing dual-task ability of elderly people. Gamed for Health J. 2012; 1(5): 348-52.

研究室

教授:坪山 直生  Tadao TSUBOYAMA, M.D., Ph.D.    tsuboyama.tadao.4n@kyoto-u.ac.jp
准教授:青山 朋樹  Tomoki AOYAMA, M.D., Ph.D.      aoyama.tomoki.4e@kyoto-u.ac.jp

連絡先:
TEL      075-751-3948(坪山) 3952(青山)
FAX      075-751-3948
青山 研究室HP http://www.humanalysis-square.com/