運動器系リハビリテーション科学研究室

顔写真
黒木 裕士
Hiroshi Kuroki
PT,Ph.D.

変形性関節症などの運動器系(骨関節系)疾患のリハビリテーションでは運動療法や物理療法などが幅広く行われますが、その効果については未解明な点が多く残されています。そこで当研究室では運動器系の障害動物モデルを作成して運動機能障害が発生するメカニズム、および動物モデルに運動療法や物理療法を実施してその効果が波及するメカニズムを多面的に解析しています。解析によって得られた知見をもとに新たなリハビリテーションを提案できる、また疾病予防や障害予防の実践に結びけることができる人材の育成を目指しています。さらに、発展途上にある移植再生医療リハビリテーション分野を進展させるため、医学部附属病院ならびに京都大学iPS細胞研究所(CiRA)等と協働し、iPS細胞および成体幹細胞移植再生医療リハビリテーションの推進に取り組んでいます。

研究・教育について

当研究室では3つの研究プロジェクトに取り組んでいます。
1)関節軟骨には自己修復機能がないため、変形性膝関節症などの関節軟骨疾患が問題となっています。そこで膝関節障害動物モデルを作り、関節軟骨を形態学的、免疫組織化学的および運動学的に解析し(図1)、関節軟骨の変化とその再建にかかわる研究に取り組んでいます。とくに運動療法と物理療法に注目しています。
2)再生医療の発展に伴い、関連する理学療法の構築とその発展が急務となっています。私たちは、国際再生リハビリテーションコンソーシアム(図2A)の一員として活動し、特に、関節軟骨、末梢神経、骨格筋の再生にかかわる基礎研究に取り組んでいます(図2B)。
3)高齢者医療等における心理・行動変容の研究を行っています

figure-kuroki

研究業績

1. Yamaguchi S, Aoyama T, Ito A, Nagai M, Iijima H, Tajino J, Zhang X, Wataru K, Kuroki H. Effect of Low-Intensity Pulsed Ultrasound after Mesenchymal Stromal Cell Injection to Treat Osteochondral Defects: An In Vivo Study. Ultrasound Med Biol. 2016;pii:S0301-5629(16)30206-X. doi: 10.1016/j.ultrasmedbio.2016.07.021. [Epub ahead of print]
2. Yamaguchi S, Aoyama T, Ito A, Nagai M, Iijima H, Tajino J, Zhang X, Kiyan W, Kuroki H. The Effect of Exercise on the Early Stages of Mesenchymal Stromal Cell-Induced Cartilage Repair in a Rat Osteochondral Defect Model. PLoS One. 2016;11(3):e0151580.
3. Iijima H, Aoyama T, Ito A, Tajino J, Yamaguchi S, Nagai M, Kiyan W, Zhang X, Kuroki H. Exercise intervention increases expression of bone morphogenetic proteins and prevents the progression of cartilage-subchondral bone lesions in a post-traumatic rat knee model. Osteoarthritis Cartilage. 2016; 24(6):1092-102.
4. Nagai M, Ito A, Tajino J, Iijima H, Yamaguchi S, Zhang X, Aoyama T, Kuroki H. Re-mobilization cause the cyst formation in immobilization-induced knee cartilage degeneration with site specificity in an immobilized rat model. J Anat, 2016;228(6):929-39.
5. Iijima H, Aoyama T, Tajino J, Ito A, Nagai M, Yamaguchi S, Zhang X, Kiyan W, Kuroki H. Subchondral plate porosity colocalizes with the point of mechanical load during ambulation in a rat knee model of post-traumatic osteoarthritis. Osteoarthritis Cartilage. 2016 Feb;24(2):354-63.

研究室

教授:黒木 裕士   kuroki.hiroshi.6s@kyoto-u.ac.jp
講師:前田 祐子   maeda@hs.med.kyoto-u.ac.jp
助教:伊藤 明良   ito.akira.4m@kyoto-u.ac.jp

連絡先: TEL 075 – 751 – 3963(黒木) 3917(前田) 3964(伊藤)
               FAX  075 – 751 – 3963(黒木) 3917(前田) 3964(伊藤)

研究室HP
http://kuroki-lab.hs.med.kyoto-u.ac.jp/
http://regenerative-rehabilitation.com/jp/