認知運動機能制御科学研究室

身体機能障害の患者に対するリハビリテーション・作業療法では,脳や脊髄を含む中枢神経系に焦点を当てることが重要です。当研究室では,神経生理・神経心理学的手法,脳機能イメージング法,三次元動作解析法など様々な実験手法を駆使し,ヒトの運動時あるいは作業活動時の中枢神経系の興奮性を非侵襲的に評価することで,科学的根拠に基づく効果的な治療プログラムを開発することを図っています。基礎研究で得られた成果を臨床治療で効果的かつ効率的に実用化させる,いわゆるトランスレーショナルリサーチを積極的に展開しています。

研究・教育について

当研究室では,学問としてのリハビリテーションを確立することを目的として教育,研究,臨床を行っています。学部教育では,主に身体障害領域の作業療法学を中心とした講義,演習,実習を担当しています。大学院教育では,各教員の専門分野をいかした研究活動を行っています。確かな臨床力と研究力を備え,世界トップレベルの医療者・研究者,そして医療・リハビリテーション業界のリーダーの育成を目指しています。職種や医療専門職免許の有無を問わず,リハビリテーション科学や神経科学に興味を持つ人は全て大歓迎です。具体的には下記の研究テーマについて取り組んでいます。
  • 随意運動の中枢制御機構に関する研究
  • 大脳左右半球の異同と相互作用に関する研究
  • 運動イメージ,運動観察,運動錯覚の中枢メカニズム及びトレーニング効果に関する研究
  • バーチャルリアリティ・情報通信技術を用いたリハビリテーションシステム開発と臨床評価
  • 記憶・注意・遂行機能等の認知課題施行中の脳活動に関する研究
  • 身体疾患に伴う認知機能障害の評価及び作業療法アプローチの開発
  • 身体障害を持つ人への外出支援に関する研究
  • 作業療法領域における職場内教育に関する研究
経頭蓋磁気刺激法(Transcranial Magnetic Stimulation; TMS)を用いて非侵襲的に皮質脊髄路の興奮性を調べる(Principles of Neural Scienceより一部変更). Virtual Shopping Test遂行中の脳血流を計測する.
 

研究業績

  1. Ogawa M, Nishida S, Shirai H. A qualitative study to explore ways to observe results of engaging activities in clients with dementia. Occupational Therapy International 2017, Article ID 7513875, 2017.
  2. Okahashi S, Mizumoto H, Komae A, Ueno K, Yokoyama M, Nagano A, Seki K, Futaki T, Luo Z. Assessment of Convalescent brain-damaged patients using a virtual shopping test with different task difficulties. Journal of Pain Management 9, 301-310, 2016.
  3. Liang N, Mitchell JH, Smith SA, Mizuno M. Exaggerated sympathetic and cardiovascular responses to stimulation of the mesencephalic locomotor region in spontaneously hypertensive rats. American Journal of Physiology Heart and Circulatory Physiology 310,H123-H131, 2016.
  4. Liang N, Funase K, Takahashi M, Matsukawa K, Kasai T. Unilateral imagined movement increases interhemispheric inhibition from the contralateral to ipsilateral motor cortex. Experimental Brain Research 232, 1823-1832, 2014.
  5. Liang N, Nakamoto T, Mochizuki S, Matsukawa K. Differential contribution of central command to the cardiovascular responses during static exercise of ankle dorsal and plantar flexion in humans. Journal of Applied Physiology 110, 670-680, 2011.

研究室

准教授:梁 楠 Nan Liang Ph.D., OTR
e-mail:liang.nan.3z atmark kyoto-u.ac.jp (メール送信時はatmarkを@に変えて下さい)
助教:岡橋 さやか Sayaka Okahashi Ph.D., OTR
e-mail:okahashi.sayaka.7c atmark kyoto-u.ac.jp (メール送信時はatmarkを@に変えて下さい)
助教:小川 真寛 Masahiro Ogawa Ph.D., OTR
e-mail:ogawa.masahiro.4w atmark kyoto-u.ac.jp (メール送信時はatmarkを@に変えて下さい)

TEL & FAX:075-751-3973 (梁) 3965 (岡橋,小川)