生理学研究室

photo_mitani1
教授 三谷 章
Akira Mitani, Ph.D.

生理学 (リハビリテーション・神経科学)
Physiology (Rehabilitation and Neuroscience)
リハビリテーション訓練が運動・感覚機能や言語などの高次機能の障害をもつ患者さんの脳機能の回復を促進することは知られていますが、この脳機能の回復の基盤となっている神経機構は未だ明確にされていません。私達の研究室では、神経科学的手法を用いてこの機能回復の神経機構の仕組みを理解しようとしています。そして、このことがより効果的なリハビリテーション療法の開発につながると考えています。このためにヒトの脳ばかりでなく動物の脳を用いて研究を推進しています。リハビリテーション科学に興味を持ち、私達とともに研究を推進する若い力を広く歓迎しています。

研究・教育について

ヒトを用いた研究
MEGやfMRIなどの非侵襲的脳機能イメージングを利用して、臨床で実施されているリハビリテーション療法の脳機能に対する作用を研究しています。たとえば、健常側の上肢を鏡に映して障害側の上肢に重ねて見ることで障害側上肢の疼痛や運動機能障害を改善させる手法である鏡治療の錯覚的な視覚入力が脳内にどのような影響を与えているのか、あるいは実際に運動を発現させないで運動をイメージするだけの運動イメージ療法のイメージ形成が脳内にどのような変化を生じさせるか、などを解析しています。
動物を用いた研究
運動障害などの身体障害や不安障害などの精神障害の発生時の神経機構の機能変化とその機能回復の仕組みについて電気生理学的手法などを用いて研究しています。たとえば、一次運動野前肢領域破壊後に発生する運動麻痺が訓練によって改善するに伴って、周囲の脳領域においてどのような神経機構の再構築が生じるかについて脳内微小電気刺激法を用いて、あるいは社会的隔離飼育によって恐怖反応やその消去学習に障害を起こさせた動物の辺縁皮質の神経機構がどのように変化しているのかについて無線ニューロン活動記録法を用いて、解析しています。
研究者の育成・教育
リハビリテーション科学の視野と神経科学の洞察力を合わせ持つ研究者の育成を目指しています。個々が臨床や実習を通して興味を持った研究テーマを選択し、研究を推進することを推奨します。若い力でリハビリテーション科学分野を研究開拓してもらいたいと思います。
photo_mitani2
photo_mitani3a:MEGを用いた鏡治療に関する実験:鉛筆を持った右手が鏡によって自身の左手のように見えている。
b:fMRIを用いた身体図式に関する実験:ラバーハンドイルージョン発生時の脳活動を計測している。
c:リーチ動作訓練:ラットは前肢でボックス上の餌を取っている。
d:無線ニューロン活動記録:ラットは高架式十字迷路のオープン路上で立ち竦んでいる。挿入図は記録されたマルチユニット活動。
e:研究室同窓会。

研究業績

1. Tominaga, W., Matsubayashi, J., Furuya, M., Matsuhashi, M., Mima, T., Fukuyama, H., Mitani, A. (2011) Asymmetric activation of the primary motor cortex during observation of a mirror reflection of a hand. PLoS ONE. 6: e28226.
2. Tominaga, W., Matsubayashi, J., Deguchi, Y., Minami, C., Kinai, T., Nakamura, M., Nagamine, T., Matsuhashi, M., Mima, T., Fukuyama, H., Mitani, A. (2009) A mirror reflection of a hand modulates stimulus-induced 20-Hz activity. Neuroimage. 46: 500-504.
3. Kinai, T., Matsubayashi, J., Minami, C., Tominaga, W., Nakamura, M., Nagamine, T., Matsuhashi, M., Mima, T., Fukuyama, H., Mitani, A. (2009) Modulation of stimulus-induced 20-Hz activity during lower extremity motor image. Neurosci Res. 64: 335-337.
4. Takasaki, C., Okada, R., Mitani, A., Fukaya, M., Yamasaki, M., Fujihara, Y., Shirakawa, T., Tanaka, K., Watanabe, M. (2008) Glutamate transporters regulate lesion-induced plasticity in the developing somatosensory cortex. J Neurosci. 28: 4995-5006.
5. Harada, T., Harada, C., Nakamura, K., Quah, H-M A., Okumura, A., Namekata, K., Saeki, T., Aihara, M., Yoshida, H., Mitani, A., Tanaka, K. (2007) The potential role of glutamate transporters in the pathogenesis of normal tension glaucoma. J Clin Invest. 117: 1763-1770.

研究室

教授:三谷 章
助教:松林 潤
TEL:075-751-3913
FAX:075-751-3965
e-mail:mitani.akira.6z atmark kyoto-u.ac.jp(メール送信時はatmarkを@に変えて下さい)