母性看護・助産学

古田 真里枝
Marie Furuta, PhD,RN, RM, MN, Professor
近年、少子化の進行、不妊治療や児童虐待の増加など、女性を取り巻く環境は大きく変遷しています。国策として子どもを生み、育てることに喜びを感じる社会を目指して子育て支援対策が強化されていますが、助産師の使命は大変大きいものがあります。本分野では周産期の親子や女性の生涯にわたる心身の健康問題への原因解明と支援方法の開発に関する研究課題を中心に据えて、母子保健のスペシャリストとしての教育と研究を行います。助産師としてより高い知識と技術を修得すべく努力研鑽し、高い理想をもって職責を果たせる人材を求めます。

研究・教育について

助産学領域では、独立して正常な妊娠・分娩・産褥・新生児・乳幼児に関連した健康現象を診断・支援するために必要な高次の理論と技術を学びます。また、緊急時や正常からの逸脱を判断し、ハイリスク妊産褥婦・乳幼児の健康現象を診断・支援するために超音波診断技術や自律神経機能測定などEBMに基づいた高次の理論と技術、および助産所や病産院の経営理論と技術を学び、高度医療専門職として助産学の深化・拡大・開発に関する研究や新しい周産期システムの構築に関する研究など幅広く研究を進めています。
ウィメンズヘルス領域では、女性の生涯に渡るリプロダクティブヘルス全般にかかわる諸問題、先端生殖医療を受ける女性とその家族に対する高次診断・支援法を深く探求し、臨床現場のケアの実証研究、それに基づく開発研究などに力を入れています。また、女性をとりまく健康問題に対応するために、京大病院の「女性のこころと身体の相談室」の相談事業を行うなど、臨床現場との連携を行い、臨床能力の向上に努めています。
さらに、国際的視野に立ち、国内外の助産師活動や教育システムの比較研究や近未来型の教育方法の開発研究などに積極的に取り組んでいます。
midwifery2
助産師による超音波診断法

研究業績

1.我部山キヨ子,江川晴人他共同開発:胎児超音波診断ファントムSPACEFAN-ST,2012
2.Furukawa, R. & Driessnack, M. Video-Mediated Communication to Support Distant Family Connectedness. Clinical Nursing Research, 22(1), 82-94, 2013
3.Chiba Y., Oguttu M. A., Nakayama T. Quantitative and qualitative verification of data quality in the childbirth registers of two rural district hospitals in Western Kenya. Midwifery 28, 329-339, 2012
4.Driessnack, M. & Furukawa, R. Arts-based data collection technique used in child research. Journal for Specialists in Pediatric Nursing, 17, 3–9, 2012
5.Watanabe H. Kabeyama K. et al. A Review of Inadequate and Excessive Weight Gain in Pregnancy, Bentham Science, 5(4), 186-192, 2009

研究室

教授:古田 真里枝
准教授:柳吉 桂子