精神看護学

教 授  天谷真奈美
Manami Amagai, RN, RPHN, PhD, Professor

精神看護学とは人間の精神や行動に焦点をあてて、心の問題と健康に関するケアを考える看護学の分野です。人間の行動を高次脳機能だけで解き明かすことは今はまだできません。人間の行動や心は、これまで育んできた文化や歴史、個々の生育史や社会環境の影響を大きく受けています。精神看護学はこうした背景を踏まえ、周囲との人間関係や発達課題、さらに自己実現に至る中で生活のしづらさなど支障が生じた心のメカニズムを明らかにしていきます。そこでのケアを共に試行し、よりよい精神活動と共生社会の実現をめざして援助していくことを大きな研究テーマとして取り組んでいます。精神疾患を有する方々だけではなく、幅広い年代のすべての人を対象に、精神的によりよく生きるためにどのようなことができるかについて探求していきます。

研究・教育について

学部教育では、人間の生から死に至るまでの心の問題を様々な視点から捉え、あらゆる社会の場における心の課題と看護に関する知識と技術、ならびに支援者のありようについて学び、人の心の一助になれる医療人の育成を目指しています。
大学院では専門性を深め、対人的相互作用を通じて精神障がい者や家族のもつ体験の本質や現象を明らかにする研究、生きづらさを抱える対象者がその人らしく生活できるよう援助プログラムやシステムの開発、被災者や地域住民を対象に精神保健・自殺予防の教育プログラム開発、精神科看護教育教材開発を行っています。また、看護の効果を人間の情動的変化としてとらえ、脳波やNIRS(near-infrared spectroscopy)、心電図をもちいた脳活動や心拍変動などの生体情報からその効果を検討する試みを行い、脳機能・脳科学と融合して、心身相関、全人的医療・看護の観点から精神看護の可能性を創造する研究を進めています。


1.研究風景 2.学内カンファレンス 3.精神看護学実習

研究業績

1. Amagai M, Li C, Kobayashi N, & Hiroshima M (2016). A comparative study of self-efficacy for social participation of people with mental illness in Japan and China. Archives of psychiatric nursing 30(3), 406-411.
2. Amagai M, Takahashi M & Amagai F (2016). Qualitative Study of Resilience of Family Caregivers for Patients with Schizophrenia in Japan. Mental Health in Family Medicine. 12(4), 307-312.
3. 村井俊哉、天谷真奈美、小西奈美、阿部由香、小林悟子、林稚佳子、新田真由美監修(2016). DVDを用いた精神科シミュレーション学習看護学生や対人援助職のためのメンタルアセスメントとかかわり方 全7巻学習テキスト.新宿スタジオ.
4. Amagai M, Kobayashi N, Nitta M, Takahashi M, Takada I, Takeuch Y, Sawada Y, Hiroshima M (2014). Factors Related to the Mental Health and Suicidal thoughts of Adults Living in Shelters for a Protracted Period Following a Large-Scale Disaster. Academic Journal of Interdisciplinary Studies 3(3), 11-16.
5. Amagai M, Suzuki M, Shibata F, & Tsai J (2012). Development of an Instrument to Measure Self-efficacy for Social Participation of People with Mental Illness. Archives of Psychiatric Nursing. 26(3), 240-248

研究室

教授:天谷 真奈美
連絡先:amagai.manami.2m at mark kyoto-u.ac.jp
(メール送信時はat markを@に変えて下さい)
研究室ホームページ:作成中