クリティカルケア看護学

クリティカルケア看護とは、ER、ICU、外科系病棟など場所を問わず生命の危機的状態(クリティカル期)にある重症患者に対してケアを行うことを指します。しかし、生命の危機的な状態は病院の中だけで起こるわけではなく、例えば交通事故や突然の心停止のように、私たちの生活の場でいつでも、どこでも、誰にでも起こる可能性があります。そのため、病院前救護、すなわちプレホスピタルケアを含めた概念もクリティカルケア看護には重要です。当分野はプレホスピタルケアをはじめ、一人でも多くの命を救うために救急の現場に還元できる研究に取り組んでいます。

研究・教育について

1)概要
疫学研究の手法を用いて、救急医療・蘇生科学の発展に貢献することを目標に研究を行っています。主な研究テーマは、「心肺蘇生教育」、「心臓突然死の予防」などです。疫学研究で証明されたエビデンスを現場に還元し、その効果を実社会の中で検証し、さらにエビデンスを高めることを意識して研究しています。また、得られた研究成果をもとに、医療従事者や救急隊員へ講義や研修を行ったり、京都大学の新入生オリエンテーションにて全新入生を対象に、また一般市民や医療従事者に対しても心肺蘇生講習会を積極的に行っています。また国際蘇生連絡委員会(International Liaison Committee On Resuscitation)のメンバーとして、心肺蘇生ガイドラインの作成にも取り組んでいます。
2)研究を行う上で大事にしていること
1.現場(臨床)に即したresearch questionをたてそれを解決すること
2.現場(臨床)と密に連携をとること
3.政策やガイドラインに反映できるエビデンスをうみだすこと
4.研究成果を一般市民に還元すること

研究業績

1. Olasveengen TM, de Caen AR, Mancini ME, Maconochie IK, Aickin R, Atkins DL, Berg RA, Bingham RM, Brooks SC, Castrén M, Chung SP, Considine J, Couto TB, Escalante R, Gazmuri RJ, Guerguerian AM, Hatanaka T, Koster RW, Kudenchuk PJ, Lang E, Lim SH, Løfgren B, Meaney PA, Montgomery WH, Morley PT, Morrison LJ, Nation KJ, Ng KC, Nadkarni VM, Nishiyama C, Nuthall G, Ong GY, Perkins GD, Reis AG, Ristagno G, Sakamoto T, Sayre MR, Schexnayder SM, Sierra AF, Singletary EM, Shimizu N, Smyth MA, Stanton D, Tijssen JA, Travers A, Vaillancourt C, Van de Voorde P, Hazinski MF, Nolan JP. 2017 International Consensus on Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care Science With Treatment Recommendations Summary. Circulation. 136:e424-e440. 2017 .
2. Nishiyama C, Shimamoto T, Kiyohara K, Kawamura T, Kitamura T, Sakamoto T, Iwami T. Effectiveness of a One-minute Self-retraining for Chest Compression-only Cardiopulmonary Resuscitation: Randomized Controlled Trial. AEM Education & Training. 2017;1:200–207.
3. Kiyohara K, Nishiyama C, Kiguchi T, Nishiuchi T, Hayashi Y, Iwami T, Kitamura T. Exercise-Related Out-of-Hospital Cardiac Arrest Among the General Population in the Era of Public-Access Defibrillation: A Population-Based Observation in Japan. J Am Heart Assoc. 2017 Jun 13;6.
4. Sato R, Ebihara S, Kohzuki M. Recent advances in pulmonary rehabilitation for patients in the intensive care unit (ICU). Pulm Res Respir Med Open J. 2017; SE(2): S51-S54.
5. Kitamura T, Kiyohara K, Sakai T, Matsuyama T, Hatakeyama T, Shimamoto T, Izawa J, Fujii T, Nishiyama C, Kawamura T, Iwami T. Public-Access Defibrillation and Out-of-Hospital Cardiac Arrest in Japan. N Engl J Med 2016;375:1649-1659.

研究室

講師:西山知佳
助教:佐藤隆平
連絡先:cnishi at mark kuhp.kyoto-u.ac.jp(西山知佳)
(メール送信時はat markを@に変えて下さい)

研究室ホームページ
研究室:http://criticalcare.link/