生活習慣病看護学

任HP用写真
教授 任 和子
Kazuko Nin, RN., Ph.D. Professor

 

 

生活習慣や社会構造の変化、高齢化に伴い、非感染性疾患:NCD(Non Communicable Disease)である糖尿病・がん・循環器疾患・COPDなどの慢性疾患は,ますますその予防と対策が重要な課題となる.この分野では、NCDsの予防ならびに合併症を予防するための看護について教授する。すなわち、患者が病いとともに生きるためのセルフマネジメント支援などの看護に関する知識と看護理論について教授し、実践能力を育成する。さらには、臨床や看護教育を改革する能力やそれらを科学的根拠に基づいて検証する研究能力を育成する。

研究・教育について

細田は内分泌代謝内科肥満症糖尿病G1)、Medial Innovation Center抗肥満創薬、EBM研究センターと連携、探索医療センターレプチン脂肪細胞projectリーダー、文科省新学術「摂食調節脂肪蓄積」2)、肥満症を中心に生活習慣病のiPSや遺伝子から創薬や内臓脂肪測定装置(DUAL SCAN)開発、肥満学会肥満症診断基準・治療指針作成などの広い基盤の上に生活習慣病看護の教育研究を展開している。
任は生涯にわたり病いとともに生きる人のセルフマネジメント支援と疾病管理及び心理社会的適応を促進する看護ケア開発、並びにそれらを実践するためのシステム構築や質の高い看護を提供するための看護管理上の課題に関する教育研究を行っている。
竹之内は慢性疾患をかかえる全てのひとに質の高いエンド・オブ・ライフ・ケアを届けるために、卒前・卒後看護教育における、効果的な教育方法を研究している。そのことによって、最期まで患者の自律を尊重し、尊厳を守ることのできる看護ケアの実践者の育成を目指している。

6_large  dualscan

 

研究業績

1.Ida, et. al. Clinical utility of dual bioelectrical impedance analysis instrument in evaluation of abdominal adiposity. Obesity, in press, 2013.
2.Aotani, et al. Functional magnetic resonance imaging analysis of food-related brain activity in patients with lipodystrophy undergoing leptin-replacement therapy. J Clin Endocrinol Metab. 97:3663-71, 2012
3.任 和子 : 看護師による糖尿病足病変の重症化予防のためのフットケアに関する今後の課題. Diabetes Frontier. 22(3) : 263-268, 2011
4.Kamiya, et al. Cues for Nursing Diagnosis of Ineffective Self-management of Fluid and Dietary Restrictions in Dialysis Therapy in Japan. Int J Nurs Knowl. 23:45-59, 2012.
5.Takenouchi, et al. Evaluation of the end-of-life nursing education Consortium?Japan faculty development program: Validity and reliability of the “end-of-life nursing education questionnaire”. Journal of Hospice e and Palliative Nursing. 13(6): 368-375, 2011.

研究室

教授:任 和子
連絡先:任 和子  nin atmark kuhp.kyoto-u.ac.jp (メール送信時はatmarkを@に変えて下さい)

研究室ホームページ

任研究室:http://lifestyle-related.hs.med.kyoto-u.ac.jp/index.html