医学物理学

医学物理学とは,物理工学の知識・成果を医学に利活用し,人間の健康に寄与する学術分野である.当分野では主に放射線治療における医学物理学に関連した研究と教育を進めている.研究面では,臨床導入を強く意識した次世代型放射線治療の研究開発(四次元放射線治療,適応放射線治療,予後予測など)を手掛けている.一方,教育面においては,臨床現場における職務を全うするために必要な物理工学及び放射線医学の知識を習得し,かつ,課題に対して自ら問題解決を行える遂行能力を備えた医学物理士を養成している.

研究・教育について

放射線治療装置導入から放射線治療計画,品質管理までを含めた一連の業務を独立して遂行する臨床能力,次世代の医学物理士を養成するための教育能力,放射線治療分野におけるイノベーションを見据えた研究開発を行う能力を兼ね備えた医学物理士の養成を目的とする.臨床面においては,一人の医学物理士として自覚を持ち,放射線治療装置導入,治療計画,精度管理に当たる.さらに,他職種との臨床カンファレンス等において医学物理学的な知見より議論し,チーム医療の一翼を担うための能力を養成する.研究面では放射線治療の発展に必要な新技術の発案,開発までを行い,得られた成果を学会活動や論文執筆を通して世界に向けて発信する.これらの活動を通し,臨床現場では指導的な役割を担い,また,医学物理学研究者として高度な見識を有した国際的に活躍できる人材の育成を目指す.

研究業績

・ Accumulation of the delivered treatment dose in VMAT with breath-hold for pancreatic cancer patients based on daily CBCT images with limited field-of-view. Ziegler M, Nakamura M, Hirashima H, Ashida R, Yoshimura M, Bert C, Mizowaki T. Med. Phys., in press, 2019
・ Performance evaluation of a newly developed three-dimensional model-based global-to-local registration in prostate cancer. Nakamura M, Nakao M, Hirashima H, Iramina H, Mizowaki T. J. Radiat. Res., in press, 2019
・ Quality assurance of non-coplanar, volumetric-modulated arc therapy employing a C-arm linear accelerator, featuring continuous patient couch rotation. Hirashima H, Nakamura M, Miyabe Y, Mukumoto N, Ono T, Iramina H, Mizowaki T. Radiat. Oncol., 14:62, 1~10, 2019
・ A scoring system predicting acute radiation dermatitis in patients with head and neck cancer treated with intensity-modulated radiotherapy. Kawamura M, Yoshimura M, Asada H, Nakamura M, Matsuo Y, Mizowaki T. Radiat. Oncol., 14:14, 1~9, 2019
・ Evaluation of dynamic tumor-tracking intensity-modulated radiotherapy for locally advanced pancreatic cancer. Nakamura A, Hiraoka M, Itasaka S, Nakamura M, Akimoto M, Ishihara Y, Mukumoto N, Goto Y, Kishi T, Yoshimura M, Matsuo Y, Yano S, Mizowaki T. Sci. Rep., 8, 17096;1~10, 2018

研究室

准教授:中村 光宏

研究室HP:http://medicalphysics.hs.med.kyoto-u.ac.jp/