先進医療機器開発学

MT_SensinKiki_1 教授 杉本 直三
Naozo Sugimoto,Ph.D.(in Eng.) Professor

先進医療機器のなかでも当分野では特に画像診断機器に関連した研究とそれを通した教育を進めている.CTやMRIなどの先進画像診断機器から得られる大量の高精細画像を有効に利用するための多次元画像情報処理技術とそれらを利用した診断支援システムの開発,MRI顕微鏡(ハードウェアおよび制御ソフトウェア)の開発とそのための画像情報処理技術の開発や基礎生物学への応用を研究課題とする.ハードウェア開発から撮像技術・画像情報処理技術の開発,その応用までを連携させながら研究を進めている.

研究・教育について

現在は大きく分けて二つの研究テーマに主として取り組んでいる.一方は臨床応用を念頭にした,多次元画像の撮像法・後処理技術・診断支援システムの開発であり,もう一方はMR顕微鏡の開発とその基礎生物学研究への応用である.
一つめのテーマとしては,たとえば,4次元心臓MRIの撮像・再構成・多次元画像計測とMR DWIによる温度計測があげられる.前者においては,高い時空間解像度での4次元心筋MRIタギング画像の撮像とその特性を生かした自動処理による心筋収縮率表示を達成している.後者においては,生きた人間の脳内温度計測の可能性を示し,病変による脳内温度の違いの計測を行っている.
二つめのテーマでは,MR顕微鏡の基本ハードウェア(RFコイル,グラディエントコイル)とソフトウェア(シーケンスを含む制御システム,再構成システム)及び画像利用のための画像処理技術の開発を行ってきた.がん抑制遺伝子をノックアウトしたメダカの撮像への応用研究やこの機器に合わせたQSMなどの新しい撮像法への挑戦を開始している.
本学科学生の医学・医療の知識を武器にして,医用画像処理の分野で工学系に負けない学生を育ててゆきたい.

多次元画像処理・解析

多次元画像処理・解析


MR顕微鏡とその撮影像(メダカ)

MR顕微鏡とその撮影像(メダカ)

 

研究業績

1. K. Yamada, K. Sakai, K. Akazawa, N.Sugimoto, et. al, Detection of early neuronal damage in CADASIL patients by q-space MR imaging, Neuroradiology, Vol.55, No.3, pp.283-290(2013)
2. M. Murashima, T. Ueno, K. Sakai, Y. Taniguchi, and N. Sugimoto, Postmortem 3D image comparison of wild type and p53 knockout medaka by MR microscope, Molecular Imaging and Biology, Vol.14, suppl.1, p.s378(2012)
3. K. Sakai, K. Yamada, and N. Sugimoto: Calculation methods for ventricular diffusion-weighted imaging thermometry: phantom and volunteer studies, NMR in Biomedicine, Vol.25, No.2, p.340-346(2011)
4. T. Ueno, S. Kanayama, N. Sugimoto, et al.,Development of 14.1 T MR Microscope. Molecular Imaging and Biology, 12 suppl.1, pp.S255-S256(2010)
5. S. Urayama, N. Sugimoto, et al., Four-dimensional MR tagged imaging and image processing. International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, Vol. 1-Suppl., pp.107-109(2006)

研究室

教授:杉本 直三
助教:上野 智弘

FAX 075-751-3909
e-mail sugimoto.naozo.8x@kyoto-u.ac.jp
研究室HP http://sugimoto-lab.hs.med.kyoto-u.ac.jp/