生体物理学研究室

MT_Biophysics_1 教授 精山明敏
Akitoshi Seiyama, Ph.D. Professor

生体機能の可視化と定量化を主テーマに,光計測技術・磁気共鳴技術を発展させ,その医学・生命科学的応用を目指している。研究では,主にヒトの脳機能の可視化と,ヒト脳機能計測で見出した結果のメカニズムの解明を,小動物(ラット・マウス)を用いたモデル実験で行っている。

研究・教育について

生体が営む複雑な生命現象を磁気共鳴法,光学計測法および電気生理学手法などの物理学的手法を用いて可視化し,その機能発現を解明することを目指しています。具体的には,in vivo分子イメージングをポストゲノムの重要戦略として,ゲノムによって規定される機能発現のプロファイリングを生きた個体で網羅的・時系列的に行い,細胞・臓器・個体レベルで機能分子発現のダイナミクスのイメージングを行い,生体の機能がシステムとしていかに成り立っているか理解することを目的としている。

ニューロイメージングの技術と生理学的背景

ニューロイメージングの技術と生理学的背景


光学技術を用いたニューロイメージング

光学技術を用いたニューロイメージング

 

研究業績

  1. Hori S, Mori K, Mashimo T, Seiyama A. Effects of Light and Sound on the Prefrontal Cortex Activation and Emotional Function: A Functional Near-Infrared Spectroscopy Study. Front Neurosci. 11: 321, 2017.
  2. Ooi Y, Inui-Yamamoto C, Yoshioka Y, Seiyama A, Seki J. 11.7 T MR Imaging Revealed Dilatation of Virchow-Robin Spaces within Hippocampus in Maternally Lipopolysaccharide-exposed Rats. Magn Reson Med Sci. 16(1): 54-60, 2017.
  3. Sato K, Yamashita K, Goshima M, Kuroda T, Kinosada Y, Seiyama A. An Analysis of the Factor Model on the Workload of Nursing Staff Using a Hospital Management Tool. Stud Health Technol Inform. 225: 58-62, 2016.
  4. Seiyama A, Higaki K, Takeuchi N, Uehara M, Takayama N. Estimation of Skin Blood Flow Artefacts in NIRS Signals During a Verbal Fluency Task. Adv Exp Med Biol. 876: 327-334, 2016.
  5. Ueshima C, Kataoka TR, Hirata M, Koyanagi I, Honda T, Tsuruyama T, Okayama Y, Seiyama A, Haga H. NKp46 regulates the production of serine proteases and IL-22 in human mast cells in urticaria pigmentosa. Exp Dermatol. 24(9): 675-9, 2015.

研究室

教授:精山明敏

606-8507
京都市左京区聖護院川原町 53
京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻
医療診断機器学分野 生体物理研究室

精山明敏 E-mail: aseiyama@hs.med.kyoto-u.ac.jp