癌創薬イノベーション研究室

癌創薬イノベーション研究室は、腫瘍の発症分子機構から創薬治療戦略の開発まで臨床応用を目指した幅広い腫瘍学研究を行っている。我々の目指す腫瘍学とは、白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などの造血器悪性腫瘍や、肺癌・脳腫瘍・前立腺癌・乳癌・大腸癌・骨肉腫などの固形腫瘍の根幹にある普遍的腫瘍発症メカニズム・腫瘍増殖分子機構の解明を基礎とし、確かな基礎力に基づいた創薬研究、新規バイオマーカー開発、国際的な臨床家・研究者・教育者育成まで至る深く幅広い学問である。理想の腫瘍学をグローバルに発信し展開する。

研究・教育について

当研究室が提唱する『新規白血病発症機構:RUNX1 Dominant Inhibition Independent Theory』を発展し、三つの領域につき研究・教育を展開している。

①  造血器悪性腫瘍・固形腫瘍の発症機構・腫瘍増殖機構の解明

疾患特異的エピジェネティクスプロファイリング・Ras Gene Module(RGM)プロファイリング、独自の遺伝子改変動物や腫瘍移植マウスモデルの解析

A:造血器悪性腫瘍・固形腫瘍共通の腫瘍幹細胞機構の解明
B:プロテオミクスアプローチを用いた新規白血病関連遺伝子、治療ターゲット分子の同定
C:新規ノックアウトマウスモデルの樹立
D:新規白血病クライテリアの提唱
E:CBF白血病に対する新規抗体療法の確立

②  造血器悪性腫瘍・固形腫瘍に高発現するRGMを包括的に副作用なく抑制する薬剤開発

A:NIH MLP/HTSをもちいた新規抗癌剤開発(腫瘍性疾患・HIV 感染症・膠原病・アレルギー疾患、慢性炎症、代謝内分泌疾患、心不全に奏功する夢のマルチスペクトル治療薬開発)
B:日米創薬イノベーション基盤開発

③  国内外施設間連携によるグローバル医療・医学・教育人材育成

A:モンゴル小児がん治療センター支援プロジェクト
B:スリランカ医療教育支援プロジェクト

 
当研究室の白血病マウスモデル、白血病ゼブラフィッシュモデル当研究室の白血病マウスモデル、白血病ゼブラフィッシュモデル NIH/NHGRI 上久保靖彦准教授 Francis Collins博士 Paul Liu博士

NIH/NHGRI
上久保靖彦准教授 Francis Collins博士 Paul Liu博士

研究業績

1.Ken Morita, Kensho Suzuki, Shintaro Maeda, Akihiko Matsuo, Yoshihide Mitsuda,   Chieko Tokushige,・・・ Souichi Adachi, Hiroshi Sugiyama, and Yasuhiko Kamikubo: Genetic regulation of the RUNX transcription factor family has antitumor effects. J Clin Invest. 2017 May 22.
2.Kamikubo Y, Sood R, Liu PP: Role of RUNX1 in hematological malignancies. Blood. 2017 Apr 13;129(15):2070-2082.
3.Kamikubo Y, Hyde RK, Zhao L, Alemu L, Rivas C, Garret L, Liu PP: The C-terminus of CBFβ-SMMHC is required to induce embryonic hematopoietic defects and leukemogenesis. Blood 2013 121(4): 638-42.
4.Kamikubo Y, Zhao L, Wunderlich M, Corpora T, Hyde RK, Paul TA, Kundu M, Garrett L, Compton S, Huang G, Wolff L, Ito Y, Bushweller J, Mulloy JC, Liu PP: Accelerated leukemogenesis by truncated CBF beta-SMMHC defective in high-affinity binding with RUNX1. Cancer Cell. 2010 17(5): 455-68.
5.Hyde RK, Kamikubo Y, Anderson S, Kirby M, Alemu L, Zhao L, Liu PP: Cbfb/RUNX1 repression-independent blockage of differentiation and accumulation of Csf2rb-expressing cells by Cbfb-MYH11. Blood 2010 115(7): 1433-43.

研究室

准教授:上久保 靖彦

TEL;075-751-3928
FAX;075-751-3928
E-mail:kamikubo.yasuhiko.7u@kyoto-u.ac.jp