血液・生体防御学研究室

MT_Ketsueki_1 教授 足立壮一
Souichi Adachi  M.D., Ph.D. Professor

血液生体防御研究室は難治性血液疾患と闘病を続ける患者さんたちの治療に結びつく新しい治療法の開発を目指す研究を行っている。難治性血液疾患は造血細胞移植や新規治療法の開発によって,治癒率の向上が見られているが,未だに治癒できない疾患も多く,病気が治癒していても後遺症や合併症に苦しみ,健康な毎日を送れない患者さんが数多くおられる。このような患者さんの治癒率の向上や合併症,後遺症の軽減に役立つ地道な研究こそが最も重要である。当研究室のすべてのプロジェクトは患者さんの臨床につながる大事な研究である。

研究・教育について

現在の研究室の研究テーマは
  1. 抗癌剤や分子標的療法薬による新規細胞死誘導機序の解析
  2. 難治性白血病の新規予後因子の解析と新規治療法の開発
  3. 多剤耐性菌に対する免疫グロブリン併用による新規治療法の開発
  4. 白血病微小残存病変の解析と白血病幹細胞の機能解析
  5. 造血幹細胞移植後や抗癌剤治療後の患者の晩期合併症の解析と治療法の開発 である。
1. 抗癌剤等による細胞死に関して,in vitroレベルでは研究が進んでいるが,in vivoレベルにおいては不明な点が多い。近年,アポトーシスやネクローシスと並ぶ新たな細胞死の1形態としてオートファジーが特にin vivoレベルで注目されており,白血病においては,オートファジーを抑制すると細胞死が増強することが分かっている。オートファジーなどの非アポトーシス細胞死機序の解明は,アポトーシス耐性化した白血病細胞の根絶に重要であり,難治性白血病の治療成績向上に直結すると考えている。そこで我々は,抗癌剤や分子標的療法薬による白血病細胞の細胞死誘導機序をNOGマウスにてin vivoレベルで解析している。(2以下のプロジェクトは足立研HP参照)

Dasatinib投与マウスにおけるオートファゴソーム形成

Dasatinib投与マウスにおける
オートファゴソーム形成


研究室旅行風景

研究室旅行風景

研究業績

1. Shinzato A, Tabuchi K, Atsuta Y, Inoue M, Inagaki J, Yabe H, Koh K, Kato K, Ohta H, Kigasawa H, Kitoh T, Ogawa A, Takahashi Y, Sasahara Y, Kato S, Adachi S. PBSCT is associated with poorer survival and increased chronic GvHD than BMT in Japanese paediatric patients with acute leukaemia and an HLA-matched sibling donor. Pediatr Blood Cancer in press
2. Creutzig U, van den Heuvel-Eibrink MM, Gibson B, Dworzak MN, Adachi S, de Bont E, Harbott J, Hasle H, Johnston D, Kinoshita A, Lehrnbecher T, Leverger G, Mejstrikova E, Meshinchi S, Pession A, Raimondi SC, Sung L, Stary J, Zwaan CM, Kaspers GJ, Reinhardt D. Diagnosis and management of acute myeloid leukemia in children and adolescents: Recommendations from an international expert panel on behalf of the AML-committee of the international BFM study group. Blood 2012 120(16): 3187-205.
3. Taga T, Moriya-Saito A, Kudo K, Tomizawa D, Terui K, Moritake H, Kinoshita A, Iwamoto S, Nakayama H, Takahashi H, Tawa A, Shimada A, Taki T, Kigasawa H, Koh K, Adachi S. Clinical characteristics and outcome of refractory/relapsed myeloid leukemia in children with Down syndrome. Blood 2012 120(9): 1810-5.
4. Bando M, Iwakura H, Ariyasu H, Hosoda H, Yamada G, Hosoda K, Adachi S, Nakao K, Kangawa K, Akamizu T. Transgenic overexpression of intra-islet ghrelin does not affect insulin secretion or glucose metabolism in vivo. AJP – Endocrinology and Metabolism 2012 302(4): E403-8.
5. Nishinaka Y, Arai T, Adachi S, Takaori-Kondo A, Yamashita K: Singlet oxygen is essential for neutrophil extracellular trap formation. Biochem Biophys Res Commun 2011 413(1): 75-9.

研究室

教授:足立 壮一

TEL;075-751-3949
FAX;075-751-3949
E-mail:adachiso@kuhp.kyoto-u.ac.jp
URL:http://adachilab.web.fc2.com/index.html