臨床超音波研究室

教授 藤井康友
Yasutomo Fujii, MD, PhD Professor

検査技術科学は,生体の構造や機能の解析,また疾患の病因や病態の解明,さらに疾患の診断や治療法の確立を目的として,分子及び細胞レベルから臓器レベルまでの情報を抽出し,これを解析するための理論と方法の確立し実践へと発展させることが目標です。特に疾患の診断や治療に不可欠の構造解析,機能解析を中心に展開することが本分野の中心テーマです。従って,医学,生物学,情報学等を基盤として,新理論や技術の研究を推進するとともに,教育,研究,並びに臨床における本領域の将来の指導者として活躍する人材の育成を目指します。

研究・教育について

現在の研究テーマは以下の通りで、いずれも臨床現場と密接に関連するテーマです。
  1. 超音波を用いた関節リウマチ(RA)のより深い寛解評価法の探索(京都大学医学部附属病院リウマチセンター、免疫・膠原病内科)
  2. 超音波を用いたRAの病態解明:動脈硬化や肥満との関連(京都大学医学部附属病院リウマチセンター、免疫・膠原病内科)
  3. 肺超音波検査の臨床応用(京都大学医学部附属病院 呼吸器内科、リウマチセンター、免疫・膠原病内科)
  4. 超音波パワードプラC-mode像作成システムの開発およびRAへの臨床応用(東京都立大学システムデザイン学部、京都大学医学部附属病院リウマチセンター、免疫・膠原病内科)
  5. 超音波を用いた難治感染症に対する新しい治療法の開発(自治医科大学 臨床検査医学)
本研究室に所属する大学院生は上記の研究に携わりながら、希望に応じて京都大学医学部附属病院検査部において超音波検査(消化器、心臓など)のトレーニングを受けることが可能です。これにより、日本超音波医学会認定の超音波検査士取得に向けた臨床経験を積むことができます。
図1:RA患者の関節超音波像:肥厚した滑膜と豊富な血流が認められる 図2:関節超音波検査の様子
 


研究業績

  1. Nakabo S, Tsuji Y, Inagaki M, Tsuji H, Nakajima T, Murakami K, Terao C, Hashimoto M, Furu M, Tanaka M, Ito H, Fujii T, Mimori T, Fujii Y. Severe joint deformity and Patient Global Assessment of Disease are associated with discrepancies between sonographic and clinical remission: A cross-sectional study of rheumatoid arthritis patients. Mod Rheumatol. : DOI: 10.1080/14397595.2020.1751922
  2. Kawahara R, Nakabo S, Shimizu M, Yamamoto H, Sasai T, Nakamura Y, Funakoshi S, Gon Y, Taniguchi M, Nakajiama T, Hiwa R, Hashimoto M, Tomizawa T, Azukizawa M, Nishitani K, Murata K, Tanaka M, Ito H, Mimori T, Fujii Y. Feasibility to reduce the number of the joints tested by musculoskeletal ultrasonography, by focusing on the joints with patients’ complaint: cross-sectional observational study of rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. : 1-7, 2019.DOI: 10.1080/14397595.2019.1680095
  3. Matsuo H. Imamura A., Shimizu M., Inagaki M. Tsuji Y., Nakabo S., Hashimoto M., Ito H., Tanaka S., Mimori T., Fujii Y. Prediction of recurrence and remission by superb microvascular imaging method in rheumatoid arthritis J Med Ultrasonics 47; 2019. DOI:1007/s10396-019-00978-8
  4. Yamamoto, H., Nakajima, T., Kawara, R., Nakabo, S., Hashimoto, M., Yamamoto, W., Masuda, I., Ito, H., Mimori, T., Fujii, Y. Evaluation of Risk Factors for Atherosclerosis using Carotid Ultrasonography in Japanese Patients with Rheumatoid Arthritis. IntJRheum 22: 1312–18, 2019.DOI:10.1111/1756-185X.13591
  5. Koibuchi, H., Fujii, Y., Hirai, Y., Mochizuki, T., Masuda, K., Kodani, K., Yamada, T., Taniguchi, N. Effect of ultrasonic irradiation on bacterial biofilms. J Med Ultrasonics 45; 25-29, 2018

研究室

教授:藤井康友
助教:松尾英将

連絡先:京都大学 教育研究活動データベース