微生物感染症学研究室

本研究分野ではヒトに病気を起こす微生物のうち,ウイルスが原因となる感染症について研究を行っています。
ウイルスは細菌や真菌など他の微生物と異なり,宿主細胞の機能の一部を利用しなければ自らを増やすことはできません。したがって、宿主細胞との共存が必須です。
私たちは後天性免疫不全症候群(AIDS)の原因であるヒト免疫不全ウイルス1型(HIV-1)を含むレトロウイルスがどのようにして宿主細胞に侵入し,宿主免疫機構の監視をかいくぐり複製・増殖を繰りかえすことができるのか,また,どのようにして宿主に病気を起こすのかに興味を持って研究を進めています。

研究・教育について

本研究分野ではウイルスと宿主(宿主細胞)との相互作用について解析し,ウイルスの病原性発現機構と宿主の防御免疫機構の両面を明らかにする事を目標としています。
現在は主として次の2つのテーマを柱として研究を行っています。
1) ヒト免疫不全ウイルス(HIV-1)の細胞侵入機序の解明

樹状細胞や一部のマクロファージ様細胞はCD4分子よりも強い結合力でHIV-1に結合できるC型レクチン受容体の一つであるDC-SIGN分子を発現しています。このレセプターとウイルス粒子の結合後の細胞内でのイベントをエンドソーム経路に注目して解析しています。

2) HIV-1に対する感染防御あるいは発症予防に関わる宿主免疫の解析

骨髄幹細胞を移植した免疫不全マウスでの病原性・非病原性ウイルス感染によるウイルスと宿主免疫のせめぎ合いを詳細に観察し,病気の起こる仕組みや感染や発症を防ぐ方法について検討しています。

上記の研究への積極的な参加とジャーナルクラブや抄読会を通した研究論文の多読・精読により,実験手技や研究に必要な知識の習得を行い,より能動的に研究を展開できるよう指導しています。

Pathway of endocytosis.

Pathway of endocytosis.


Purification of CD3-CD34+CD38- cells by magnetic beads from rhesus bone marrow.

Purification of CD3-CD34+CD38- cells by magnetic beads from rhesus bone marrow.

研究業績

1. Himeno A, Akagi T, Uto T, Wang X, Baba M, Ibuki K et al. (2010) Evaluation of the immune response and protective effects of rhesus macaques vaccinated with biodegradable nanoparticles carrying gp120 of human immunodeficiency virus. Vaccine 28(32) 5377-5385.
2. Matsuda K, Inaba K, Fukazawa Y, Matsuyama M, Ibuki K et al. (2010) In vivo analysis of a new R5 tropic SHIV generated from the highly pathogenic SHIV-KS661, a derivative of SHIV-89.6. Virology 399(1) 134-143.
3. Inaba K, Fukazawa Y, Matsuda K, Himeno A, Matsuyama M, Ibuki K et al. (2010) Small intestine CD4+ cell reduction and enteropathy in simian/human immunodeficiency virus KS661-infected rhesus macaques in the presence of low viral load. J.Gen.Virol. 91(Pt3) 773-781.
4. Yamamoto H, Li TC, Koshimoto C, Ito K, Kita M, Miyashita N, Arikawa J, Yagami K, Asano M, Tezuka H, Suzuki N, Kurosawa T, Shibahara T, Furuya M, Mohri S, Sato H, Ohsawa K, Ibuki K, Takeda N. (2008) Serological evidence for hepatitis E virus infection in laboratory monkeys and pigs in animal facilities in Japan. Exp. Anim. 57(4) 367-376.
5. Fukazawa Y, Miyake A, Ibuki K et al. (2008) Small intestine CD4+ T cells are profoundly depleted during acute simian-human immunodeficiency virus infection, regardless of viral pathogenicity. J.Virol. 82(12) 6039-6044.

研究室

准教授:伊吹謙太郎

Tel : +81-75-751-4178
FAX : +81-75-751-3909
e-mail : ibuki.kentaro.7s@kyoto-u.ac.jp